弁護士による企業法務の情報メディア

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

企業法務の法律コラム

「Bizuben!」では、会社経営者に向けて、企業法務を徹底サポートするための、法律、裁判例などの基礎知識を、弁護士がわかりやすく解説しています。

企業法務、会社経営にお悩みの会社の方、経営者の方は、以下の解説を、ぜひご参考にしてくださいませ。

企業法務

会社を経営するためには、企業法務の知識は必須です。というのも、事前に「予防法務」を徹底しておかなければ、トラブルとなったとき、より多くのコストがかかることとなるからです。

まずは、会社法などの、企業法務に必須となる基本的な知識について解説しました。

企業法務

2017/5/23

誤嚥による介護事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

介護施設を利用する高齢者の場合、飲み込む喉の力が、加齢によって衰えています。そのため、食べ物をのどに詰まらせる事故が、よく発生します。 「誤嚥」とは、誤って飲み込んでしまったり、気管に入れてしまったりすることにより、ものを喉に詰まらせてしまう「介護事故」をいいます。 介護サービス中に発生しやすい誤嚥事故の特徴は、死亡事故のおそれが比較的高いことです。特に、気管にものを入れてしまう誤嚥事故の場合には、窒息によって死亡事故となるケースが少なくありません。 また、誤嚥は、「誤嚥性肺炎」という肺炎の原因ともなりま ...

もっと読む

企業法務

2017/5/23

求人票の労働条件トラブルを避けるため、企業が注意すべきポイント

最近、「求人票」をめぐるトラブルが増えています。 特に、「求人票に記載してあった労働条件と、実際の労働条件とが異なる。」という労働者側からの不満が訴訟に発展するケースです。 平成27年度、ハローワークにおける求人票に対する労働者からクレームは、合計1万937件もあり、その中で「求人票の内容が実際と異なる。」という申出は、3926件(36%)を占めています。 実際、民間の職業紹介事業者へのクレームなども含めれば、これは氷山の一角でしょう。労働者からの不満は、次の通り、多岐にわたります。  例  「正社員だと ...

もっと読む

企業法務

2017/5/19

譲渡制限株式を譲渡する手続と、株式譲渡のスケジュール

「株式譲渡」とは、株式会社の株式を、契約によって譲渡することをいいます。 「株式譲渡」は、会社経営を行う上で、次のようなさまざまなタイミングで行われます。 取締役を兼ねていた創業時株主が取締役を退任するとき 創業者が会社を離れるとき 全株式を譲渡してM&Aを行うとき 原則として、会社法では「株式譲渡」が自由とされていますが、不適切な第三者への売買を避けるため、一部または全部の株式に「譲渡制限」を付ける会社が多いです。 「譲渡制限株式」を譲渡するためには、譲渡当事者間の「株式譲渡契約」だけでなく、株式会社に ...

もっと読む

企業法務

2017/5/18

民事訴訟で控訴して戦うための弁護士の選び方

日本の裁判制度では、「三審制」という制度がとられていることは非常に有名であり、皆様ご存じなのではないでしょうか。 これは、1つの紛争について、「3回まで」裁判所に判断をしてもらう機会がもらえる制度です。 典型的には、第一審を地方裁判所、控訴審を高等裁判所、上告審を最高裁判所で、それぞれ審理判断して戦うケースです。日本では、民事訴訟でも刑事訴訟でも、「三審制」が採用されています。 会社が民事訴訟を争う場合、民事訴訟の控訴審を戦うための弁護士の選び方をどのようにしたらよいか、そして、控訴審をどのように戦えばよ ...

もっと読む

企業法務

2017/5/25

相続された株式の権利行使への対応と、売渡請求権の活用法

株式もまた財産であり、相続の対象となります。 自社の大株主が死亡した場合には、会社の大半の株式が相続によって、会社の思いもよらない株主の手に渡ることがあり得ます。 「非公開会社」とは、すべての株式に譲渡制限が付されている会社をいいます。 通常、「非公開会社」では、株式に譲渡制限が付されていることから、株主となる者を会社側が選択していますが、相続が絡む場合には例外的に、「非公開会社」であっても、会社が株主を選択することが困難となるケースがあります。 そこで、相続が起こる可能性がある場合に、「非公開会社」が株 ...

もっと読む

詳しくはコチラ

契約書

会社を経営していくと、「契約書」が必要な機会に多く出くわします。自社で契約書を作成しなければならない場合だけでなく、他社から提示された契約書のリーガルチェックを要請されるケースもあります。

契約書は、後日トラブルとなったとき「証拠」となる、重要な書類であるため、自社にとって不利のない内容としておかなければなりません。

契約書

2017/5/15

コンサルティングの業務委託契約書を作成する際の落とし穴?弁護士が解説。

「コンサルティング契約」とは、受託者である「コンサルタント」が、委託者である「クライアント(顧客)」に対して、専門的知識やノウハウなど一定の情報提供や指導助言をする契約です。 専門的知識やノウハウには、次のように様々なものが含まれるため、コンサルティング契約は、多種多様です。  例  税務(税金) 法務(法律) 資金調達(ファイナンス) デザイン 経営方針 特定の案件に関するスポットの契約のみでなく、継続的に企業に対しアドバイスを提供するコンサルタントもいます。 しかし、「コンサルティング契約」は、「売買 ...

もっと読む

契約書

2017/5/25

債権譲渡契約書の作成時に注意すべきポイント【改正民法対応】

「債権譲渡契約」は、企業経営において少なからず遭遇します。企業の取引は、債権・債務の関係で成り立っているためです。 「債権譲渡契約」は、債務の弁済に代えて債権を譲渡する「代物弁済」のケースや、債権を担保とする「債権譲渡担保」のケース、第三者に取立てをさせるケースなど、様々なケースで利用されます。  例  例えば、A社に対して売掛金1千万円の債権を有していたところ、A社から、「弁済に代えて、A社のB社に対する売掛金債権を御社に譲渡する。」と言われた場合、企業としてどのような対応をするべきでしょうか。 A社の ...

もっと読む

契約書

2017/5/25

業務委託契約書の作成と、簡単にできる契約書チェックのポイント

「業務委託契約書」は、企業として最も目にする契約書の一つです。 「業務委託契約」は企業活動において実に様々な分野で用いられています。 「業務委託契約」の相手方が作成してきた「業務委託契約書」について、適切な法律知識に基づいて、時間をかけて契約書チェックを行っている会社はどれだけあるのでしょうか。 企業を経営している経営者の中でも、顧問弁護士がついている会社はまだまだ少ないのが実情です。 「業務委託契約書」の書式・雛形に頼った契約のドラフト作成しかしていない会社、契約の相手方から出された「業務委託契約書」の ...

もっと読む

IT法務 契約書

2017/5/22

ホームページ保守契約で、IT企業が注意すべき業務委託契約書のポイント

ホームページの保守契約の、発注者・保守業者のそれぞれの立場から、保守契約を作成するときのポイントを、弁護士が解説します。 保守契約とは、IT企業が提供したホームページやソフトウェアなどを、期間を定めた保守契約を締結することによって、修理したり、修正、アップデートしたりする契約をいいます。 保守契約は、制作契約と異なり、長期的な取引関係となりますから、信頼関係を築くことが重要となります。 とはいえ、信頼していれば契約書はいらないかというと、そうではありません。信頼関係を築かなければならないからこそ無用なトラ ...

もっと読む

契約書

2017/5/25

弁護士が教える、金銭消費貸借契約書の作成とチェックの基本ポイント

会社を経営するとき、いろいろな場面で、「金銭消費貸借契約」に出くわします。  例  取引先と売掛取引をするケース 関係する会社にお金を貸すこととなったケース 「金銭消費貸借」を行うとき、「貸主」と「借主」との間で金銭の貸し借りについて相談・交渉を行い、交渉過程で貸付金額や返済期間、担保などの条件を合意したら、「金銭消費貸借契約書」を作成します。 金銭の貸し借りは口約束でもできますが、「金銭消費貸借契約書」などの書類を作成せずに口頭の合意ですませたり、不十分な内容の書類を作成したりすると、事後的にトラブルの ...

もっと読む

詳しくはコチラ

人事労務

企業でおこる法律トラブルは、会社の外、対外的な取引関係のトラブルだけではなく、社内のトラブルも深刻です。

企業内の労働問題は、「人事労務」について、事前に「予防法務」を徹底しておくことで、回避することが可能です。

人事労務

2017/6/29

採用面接で聞いてはいけない不適切、違法な質問まとめ

会社が採用面接をするときには、「採用の自由」というものがあり、原則として、どの求職者を採用するかは会社側(使用者側)が自由に決めることができます。 そして、「採用の自由」の前提として、会社が採否の判断をするにあたって重要な事項は、すべて聞くことができるのが原則です(調査の自由)。 しかし、採用面接で会社側(使用者側)の面接官が、「ぜひ聞きたい!」「気になる!」と思う事項の中には、聞くとまずい質問もあります。労働者から争われ、トラブルとなる前に理解しましょう。 今回は、採用面接で聞いてはいけない、不適切、違 ...

もっと読む

人事労務

2017/6/20

経歴詐称を見抜くため、採用段階、面接で会社が注意すべきポイント

「経歴詐称」とは、労働者が、実際とは異なる経歴を会社に対して伝え、偽って採用面接を受けたり、入社をしたりすることをいいます。 「経歴詐称」があると、会社としては、希望どおりの人材を採用することができなくなるため、遅くとも「採用面接」の段階では「経歴詐称」を見抜き、入社を防ぐ必要があります。 とはいえ、「経歴詐称」をする労働者の側にも悪意がある場合、経歴詐称を見破ることは容易ではありません。できれば、「履歴書」、「職務経歴書」などの書類審査の段階で見抜きたいものです。 今回は、採用面接の段階で、経歴詐称を見 ...

もっと読む

人事労務

2017/6/1

退職する社員に取引先の名刺を返却させられる?勝手に使われたら?

会社を退職する社員がいる場合、健康保険証、離職票など、社員との間でやりとりすべき重要書類は多くありますが、返却物に漏れがあってはいけません。 中でも、「名刺」は、つい適当に扱ってしまいがちですが、会社にとって、経営者にとっては、顧客管理、営業に役立つ、非常に重要なものです。 退職する社員が、取引先の名刺を保管しているとき、会社は、返却を求めることができるのでしょうか。できる場合、どのような方法で、いつ取引先の名刺を返却させればよいのでしょう。 円満退職であればまだしも、問題社員の解雇など、退職トラブルとな ...

もっと読む

人事労務

2017/7/18

協会けんぽが、マイナンバー制度と情報連携を開始しました【平成29年7月18日】

全国健康保険協会(協会けんぽ)は、平成29年7月18日より、非課税証明書などの添付書類が必要となる一部の申請について、マイナンバー制度との情報連携を開始することを発表しました。 この情報連携によって、マイナンバーを申請書に記載した場合には、情報連携によって、一定の書類の提出を省略することができます。 どのような場合に書類を省略することができるかを理解した上で、マイナンバーを活用できるよう、社内体制を整備していってください。 (参照:協会けんぽホームページ) 目次1 1. マイナンバーとの連携が開始される申 ...

もっと読む

人事労務

2019/6/5

ユニオン・ショップとは?労働組合への加入・脱退は自由?

合同労組・ユニオンなどの労働組合から、団体交渉の申入れが届いた会社にとって、「労働者が、労働組合に加入・脱退を自由にできるのか。」という疑問が沸くのではないでしょうか。 見ず知らずの団体からの交渉申入れに、「その団体に加入することが、そもそも可能なのか。」という不安と同時に、「できることなら早く脱退させたい。」と思うことでしょう。 しかし、労働組合への加入、脱退は労働者の自由に行うことができる反面、会社側(使用者側)がこれを強制したり指示したりすることは、違法な「不当労働行為」となるおそれがあります。 そ ...

もっと読む

詳しくはコチラ

債権回収

取引先が、御社に対してきちんと支払を行ってくれないようなケースでは、「債権回収」をしなければ、見込んでいた売上が回収できなくなります。

「債権回収」は、危機的な段階に至る前の、平常時からの準備が、いざというときに回収できるかの勝負を分けます。

債権回収

2017/5/26

債権回収を民事調停で行うための、調停の有効な利用方法

法的手段により債権回収をしたいけれども、費用はそこまでかけたくないといったケースがあります。 債権額が小さい場合には、自社での債権回収を行うこととし、複雑な手続きを避けたいというケースもあるのではないでしょうか。 悩む企業経営者にオススメなのが「民事調停」による債権回収です。 調停による債権回収の一番のメリットは、なんといってもコストが低額で、手続きが比較的簡易であることです。 しかしメリットがある反面、債権者と債務者双方が、お互いに全く譲歩しない場合や、そもそも相手方が話合いに応じない場合には利用するこ ...

もっと読む

債権回収

2017/5/26

債権回収で、社長・役員の経営責任を追及される?

債務者である取引先が債権を全く支払ってくれないとき、「社長はお金があるのに・・・。」「役員は豪華な生活をしているのを知っている。」というケースがあります。 債権が未払となるような状況にまで経営悪化させたことについて、役員や社長の責任を追及したいというケースです。 しかし、たとえオーナー社長といえども、法的には、会社それ自体とは法人格が別であり、会社の債権回収を、社長、役員に対して責任追及はできないのが原則です。 もちろん、社長が連帯保証をしていれば、社長から債権回収できますが、そのようなケースばかりではあ ...

もっと読む

債権回収

2017/5/26

強制的に債権回収する4つの裁判手続の特色を、弁護士が解説。

取引先に対して売掛金を支払うように散々催促しても「聞く耳をもたない。」という場合、任意での債権回収の手段を尽くしても、これ以上は効果がないおそれがあります。 ズルズルと放置しておくのはお勧めできず、もはや裁判をするしかない段階であるといえるでしょう。 任意の交渉がうまくいかず、にっちもさっちもいかなくなった企業が考えるいわば最後の手段、それが裁判所を介しての債権回収です。 確かに、裁判手続きには時間と手間、そして費用がかかります。 もっとも、裁判手続きの結果、勝訴あるいは自社にとって有利な和解をすることが ...

もっと読む

債権回収

2017/5/26

取引先の信用不安!債権回収の4つの初動対応と、破産前の準備

債権回収を考える際、取引先が信用不安に陥り、時々刻々と経営状況が悪化し、最終的に破産に至るまでには、各段階に応じた適切な対応を行わなければなりません。 というのも、破産する会社は、ある日突然破産するように見えますが、実際に注意してチェックし、適時に対応していれば、その兆候は明らかにわかります。 債権回収は、次のような段階で進みますが、できる限り早い段階で着手しましょう。 信用不安の顕在化 支払猶予の依頼 分割払いの依頼 破産等の通知 早期に債権回収のための手立てを打つことによって回収可能性は格段に高まりま ...

もっと読む

債権回収

2017/5/26

「動産執行」で債権回収を図れるの?素朴な疑問点を弁護士が解説!

債権回収で、どんなに催促をしても、売掛金や貸付金等の未払債務を一向に支払おうとしない取引先も少なくないことでしょう。 未払の続く債務者に対して、動産執行によって債権回収をしようか、とお考えになったことが一度はある、という経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 債務者が企業や法人の場合、事務所やオフィス、倉庫などに、在庫商品や道具、什器や備品など差押えができそうな動産が思い浮かぶときは、「動産執行」を検討してください。 ところで、テレビや映画などで、差押え財産に赤紙が次々と貼られるシーンを見かけたこ ...

もっと読む

詳しくはコチラ

M&A、事業承継

企業を売ったり買ったりすることを、「M&A」といいます。企業の売買のときには、非常に大きな金額が動くため、リーガルチェックが必須となります。

M&Aには、弁護士だけでなく、会計士、税理士、など、多くの専門家が関わりますが、重要なリーガルリスクを事前察知しましょう。

IT法務 M&A 契約書

2017/5/19

ウェブサイトの売買会社が、譲渡契約書でチェックすべきポイント

インターネットが一般に普及し、ビジネスにも活用されてから、相当な期間が経ちます。 1つの事業を経営していくときに、「ウェブサイト(ホームページ)」を所有することは、「顧客獲得」の点から必須¥といってもよいでしょう。 顧客をつかんだ「ウェブサイト(ホームページ)」は、金銭的価値の高い、いわば、不動産や預貯金と同様の「財産」「資産ということができます。 そのため、価値の高い「ウェブサイト(ホームページ)」は、所有する会社(法人)とは切り離して、売買、譲渡の対象となります。 インターネットが普及する以前、「M& ...

もっと読む

M&A

2017/5/25

M&A契約書の表明保証条項と、保証違反への損害賠償のポイント

M&A(企業買収)における「表明保証」とは、売主候補が買主候補に対して、ある一定の時期において、一定の事項が真実かつ正確であることを表明し、その表明事項を保証することをいいます。 M&Aの契約書において、「表明保証条項」という形で記載がなされるのが一般的で、その表明保証の内容は、買収対象となる企業の法務、税務、財務などに関する重要な事項です。 一般的なM&A(企業買収)の流れは、デューデリジェンスを行って対象企業の法務、税務、財務などあらゆる面に関する問題点を洗い出した上で、これを買収価格に反映するために ...

もっと読む

M&A

2017/5/25

M&A弁護士が解説する、仲介会社の選び方と、業務委託契約の注意点

強引なM&Aを進める悪質な仲介会社もありますので、注意が必要です。 M&A(企業買収)を検討している会社は、一般的に、買主候補と売主候補とを仲介するM&A仲介会社へ、報酬を支払ってM&A業務を依頼することが一般的です。 M&A仲介会社の形態、種類は多く存在し、あなたの会社に最適なM&Aの依頼先をきちんと選択 することが、M&A成功の近道です。 中には、仲介会社の利益を優先して強引なM&Aを進める悪質な仲介会社もありますので、注意が必要です。 M&A仲介会社への依頼は、業務委託契約(アドバイザリー契約、FA ...

もっと読む

M&A

2017/5/25

M&Aにおける弁護士の役割と、デューデリジェンスの進め方

M&A(企業買収)においては、デューデリジェンス(DD)を行うことが必要となります。 デューデリジェンス(DD)とは、M&Aにおいて商品となる対象会社について、法務の他、財務、ビジネス、人事といった観点から、予期しない問題が生じないかを、M&Aを実行する前にチェックする調査のことをいいます。 デューデリジェンス(DD)をすることによって、事前に今後対処していかなければならない問題点を明らかにすることができると共に、発見した問題点をM&Aの買収価格に反映(減額)する交渉を行うこととなります。 今回は、M&A ...

もっと読む

M&A

2017/5/25

M&A(企業買収)に強い弁護士の選び方と依頼方法は?

ont color="red"> M&Aが最近増加しているのは、日本の経営者層の年齢は、年々高齢化しているためです。 うまく後継者を見つけ、事業承継が円滑に進めばよいですが、経営者層の高齢化のために後継者が見つからず、事業が好調にもかかわらず廃業せざるを得ない中小企業も多くあります。 既に日本では、経済が成熟していることから、市場規模の急速な拡大は望めず、中小企業が売上を増加させるためにはシェア拡大を狙うしかありません。 そこで経営戦略としてM&A(企業買収)が繰り返されるケースも少なくありません。 「M ...

もっと読む

詳しくはコチラ

ベンチャー法務

ベンチャー企業の場合、「攻め」のための営業、資金調達にばかり目がいき、「守り」の法務がおろそかになっていることがあります。

しかし、ベンチャー企業・スタートアップ企業こそ、最低限の法務すらままならない状態ですと、事業がうまく進まないリスクが大きいといえます。ベンチャー法務についての基礎知識を理解してください。

ベンチャー法務

2017/5/22

ベンチャーが起業直後に行ってはいけない資本政策の失敗とは?

ベンチャー企業が、起業直後に行ってしまいがちな失敗例は数多いですが、特に「資本政策」は、原則としてやり直しがきかないため、特に失敗してはいけないポイントです。 「資本政策」とは、簡単にいうと「誰に、どの程度の割合の株式を与えるか。」ということです。 スタートアップ時から使えるお金がたくさんあることは、余裕があって良いことですが、無計画に株式を発行している資金調達を繰り返していると、思わぬリスクがあります。 「資本政策」は、「法律上、絶対にこうしなければならない。」というルールがあるわけではなく、ベンチャー ...

もっと読む

ベンチャー法務

2017/5/20

起業直後に事務所を借りるとき、最低限注意すべき3つのポイント

起業直後に事務所を借りるというとき、「賃貸借契約」を締結するわけですが、この際、注意すべきポイントについて解説します。 というのも、これまで住居としてマンションを借りたことはあっても、事務所を借りるとなると、オフィス賃貸に特有のルールがあるからです。 オフィス賃貸のルールをきちんと理解しておかなければ、思わぬコストがかかってしまうおそれもあり、注意が必要です。 起業し、オフィスを借り、新しいビジネスを考える、一番楽しい時間です。しかし、楽しさにかまけて、「賃貸借契約書」を読まなかったり、将来の出費を考えな ...

もっと読む

ベンチャー法務

2017/5/18

投資家から取締役の派遣を求められたベンチャーがどう対応すべきか

投資家から投資を受ける場合に、会社に対して、取締役を派遣する権利を求められるケースがあります。 投資をして株式を保有し、会社の経営に大きな影響力を持つことができたとしても、投資家自身が経営を行うことができるわけではありません。 株式会社の場合「所有と経営の分離」といって、株式を持つ株主と、経営を行う取締役は明確に区別されているからです。 そこで、取締役会における意思決定に影響を与え、他の取締役を監督し、会社の経営状態をチェックするため、投資家は、自分の息のかかった取締役を派遣することを求めるわけです。 今 ...

もっと読む

ベンチャー法務

2019/5/27

ベンチャー企業法務・顧問弁護士サービスとは?

ベンチャーで起業するとき、「顧問弁護士」を依頼すべきか、それとも、利用規約、プライバシーポリシーの作成や、疑問・悩みのあるときだけスポットで弁護士に依頼すべきか、お悩みになることがあるでしょう。 「ベンチャー企業専門」、「IT企業専門」などを標榜する弁護士、法律事務所は数多くありますが、いずれも弁護士目線での考え方であり、顧客目線ではない可能性もあります。 しかし、立上げ当初のベンチャー企業こそ、法律遵守を意識しなければならず、「顧問弁護士」の必要性は非常に高いです。 当事務所では、顧客となるベンチャー企 ...

もっと読む

ベンチャー法務

2019/5/24

ベンチャーキャピタル(VC)向け、法務・顧問弁護士サービスとは?

当事務所の弁護士は、多くのベンチャー投資案件、ベンチャー企業の法律問題について、ベンチャーキャピタル(VC)およびベンチャー企業の双方の立場から、法的アドバイスを行ってまいりました。 これまでの経験に基づいて、ベンチャーキャピタルの顧問弁護士がご提供するサービスの内容と、そのようなサービスを提供する弁護士に求められる能力・素養について、まとめました。 「ベンチャー法務」の関連記事 創業株主間契約を締結すべき理由と、資本政策のポイント 退職前の起業準備は違法?「副業から始める起業準備」とは。 株式投資型クラ ...

もっと読む

詳しくはコチラ

IT法務

情報通信技術やテクノロジーの進歩によって、「IT法務」という新しい法分野が注目されています。

IT企業だけでなく、すべての企業にとって、IT技術、インターネットなどのIT分野は、無視できなくなりました。リーガルリスクの存在に注意しながら進める必要があります。

IT法務 契約書

2017/5/22

【書式】LINEスタンプ制作業務委託契約書のポイントを弁護士が解説!

「LINE」というスマートフォンアプリを知らない人はもはやいないでしょう。 個人間でのコミュニケーションの中心は、電話からメール、メールからチャットへと移行しており、現在コミュニケーションの大半を占めるのが、LINEによる連絡です。 LINEでのコミュニケーションが優れている点として、スタンプによって、自分の感情を、相手に簡単に伝えることができるというメリットがあります。 LINEスタンプは、既製品でもたくさん売っていますが、自分のお気に入りのスタンプを制作しようと思えば、スタンプ制作を事業としている会社 ...

もっと読む

IT法務

2019/7/2

仮想通貨(暗号資産)の金融庁ガイドラインが改訂【2019年6月】

2019年5月31日に成立した、仮想通貨(暗号資産)に関する重要な法改正に連動して、2019年6月、仮想通貨(暗号資産)に関する金融庁のガイドラインが改訂されました。 仮想通貨(暗号資産)に関する重要な法改正は、資金決済法、金融商品取引法(金商法)等の複数の法律にまたがる改正ですが、この金融庁のガイドラインは、それらの重要な法律についての行政の解釈基準を示すものです。 法律に記載されていない詳しい解釈基準はガイドラインを考慮要素として判断されます。 特に、法改正によって仮想通貨(暗号資産)関連のビジネスに ...

もっと読む

IT法務

2017/6/13

Google(検索サイト)の検索結果を削除する方法とポイント

インターネットを便利に利用するためには、検索サイト、特にGoogleは欠かせない存在です。 その裏返しとして、企業が誹謗中傷、風評、名誉棄損などのトラブルの対策をするときもまた、Google(検索サイト)に掲載されないよう対策をすれば、多くの人の目に触れないことを意味しています。 そのため、こちらで解説した「削除請求」だけでなく、「検索結果からの削除」、「Googleインデックスからの削除」という法律相談が多くあります。 今回は、検索サイト(Google)の検索結果から、違法性のある情報発信を削除するため ...

もっと読む

IT法務

2017/7/27

やらせ口コミは違法?3つの危険性と、景表法違反のリスク

ネットで何でも検索できる現代、多くの消費者が、より良い店舗や製品を求めて「口コミサイト」を利用します。 実際に商品やサービスを利用したことがない消費者にとって、「口コミ」こそが、いちばんの頼りです。 ところが、「口コミ」を利用して集客を図るため、会社自身が利用者を装って嘘の「口コミ」を書き込む、専門業者に依頼して口コミを操作するなど、不当な「やらせ口コミ」が横行しています。 「口コミ」の消費者に対する影響を考えると、「やらせ口コミ」をする会社経営者の気持ちも分からないではありませんが、逆にとんでもない会社 ...

もっと読む

IT法務 M&A

2019/7/2

仮想通貨ビジネスのM&A(事業買収)の注意点4つ【弁護士解説】

仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーンに関連するビジネスを営む会社が増加する一方で、仮想通貨関連企業のM&A(事業買収、事業譲渡など)も増加しています。 仮想通貨関連企業のM&Aであっても、通常の株式会社同士のM&Aと同様に、デューデリジェンス(DD)によって適法性、適正性を確認し、事業買収に至りますが、仮想通貨関連事業に特有の注意点が存在します。 仮想通貨・ブロックチェーンに関するビジネスは、新しい領域であるからこそ、事業買収に伴うリスクの評価、低減と、これに合わせた適正価格の評価が重要となります。 そ ...

もっと読む

詳しくはコチラ

不動産

不動産に関する事業を営む会社、例えば、不動産売買、仲介、賃貸、管理などを事業とする会社はもちろんのこと、そうでなくても、会社経営において、不動産が関係することが多くあります。

最も身近なところでは、会社のオフィスを賃貸する際の、オーナーとの間の契約書締結やトラブルなどがあります。

不動産

2017/5/23

建設会社が独禁法違反にならない、受注と下請のポイント

建設会社の「談合」が、よくニュースで話題となります。 「談合」という単語の意味だけを見ると、「話し合い」のことであり、話し合いを重視する日本では、むしろ話合いで物事を決めたほうがスムーズに進んでよいことのようにも思えます。 実際には違法であっても、当事者はそう考えずに知らず知らずのうちに「談合」を行ってしまっている場合があるかと思います。 しかし、談合などの不正な取引を防止することを目的とした「独占禁止法」が制定されており、公正取引委員会には、不正を捜査するための強力な権限が与えられています。 公正な競争 ...

もっと読む

不動産

2017/5/22

施主トラブルを避けるため、建設会社が請負契約で注意すべきポイント

建設会社を経営する社長であれば、「施主からのクレーム」に嫌な思いをしたことは少なくないのではないでしょうか。 クレーム程度で済めばよいですが、トラブルとなると、「代金を支払ってもらえない。」などの理由で、裁判になるおそれもあります。 クレームを完全にゼロにすることは難しいですが、請負契約を締結する時点から、きちんと準備をしておくことによって、施主(発注者)とのトラブルを、できる限り少なくすることは可能です。 契約書を結んでいなかったり、建設会社が説明すべきことを説明せずに施主を放置したりすれば、紛争となる ...

もっと読む

不動産

2017/5/23

建設業法ガイドラインの、建設会社が守るべき請負契約11ルール

「建設業」を営む建設会社において、最も重要な法律が、「建設業法」です。 「建設業法」では、建設工事を行うにあたって大前提となる「建設業許可」について定めると共に、施工品質の向上のため、下請を使う場合のルールを定めています。 しかし、建設業法を読むだけでは、「どのような下請け、請負が許されているのか。」「違法な下請けとはどのような取引なのか。」といった問題点は、法律の専門家でもなければただちに理解することは難しいのではないでしょうか。 そこで、「建設業法令遵守ガイドライン」では、建設会社が守っておくべき建設 ...

もっと読む

不動産

2017/5/19

不動産業者が賃料請求・明渡・立退で弁護士法違反とならない法律知識

不動産業者、特に不動産管理業者の方は、弁護士法違反に注意しなければなりません。 平成22年最高裁決定で、非弁行為により違法と判断された、「スルガコーポレーション」という会社に関連する判例があります。 賃料請求、明渡し請求、立退き請求などを、法的なトラブルとなっているのにすべて自社で交渉を行った場合、弁護士法違反となるおそれが非常に強いといえます。 弁護士法違反となる場合、弁護士でない者が法律事務を取り扱った場合にあたり、「2年以下の懲役または300万円以下の罰金」という刑事罰が科されるほか、「反社会的勢力 ...

もっと読む

不動産 契約書

2017/5/15

事業用の建物賃貸借契約書を作成する際注意すべき7つのポイント

建物賃貸借契約は、会社を経営するために必須の契約です。建物賃貸借契約は、例えば次のようなときに登場します。 オフィス(事務所)を借りる(借主側) 販売店舗を借りる(借主側) 自社物件を貸す(貸主側) 不動産賃貸業を営む(貸主側) 建物賃貸借契約の締結時には、「借地借家法」、「宅地建物取引業法」などといった法令に配慮しなければなりません。 「登記簿謄本」や「登記事項証明書」などの物件に関する書類や、「重要事項説明書」など、必要書類の種類が多いことに加え、建物(事業用)賃貸借契約書自体の枚数も多くなることが一 ...

もっと読む

詳しくはコチラ

会社破産

残念ながら会社経営がうまくいかず、業績が悪化してしまった場合であっても、少しでも早期の再出発(リスタート)のために、会社破産をうまく進めていく必要があります。

会社破産に関する正しい知識を理解することで、万が一の場合にも、傷口を広げすぎることなく、損失を最小限に抑えることができます。

会社破産

2017/7/25

経営者の個人破産の方法と、会社破産との関係を、弁護士が解説!

会社の経営が立ちいかなくなり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させるために、「会社を破産させる」という手段を選ばざるをえないことがあります。 会社とは、「法人」といって、法律によって経営者個人とは別の人格を与えられた存在です。そのため、経営者が会社の負っていた債務の責任を直接負うわけではありません。 しかし、会社が銀行など金融機関からお金を借りるとき、経営者が「連帯保証人」となっている場合、経営者も支払い責任を負います。そのため、経営者自身も破産を余儀なくされることがあります。 今回は、会社経営者が ...

もっと読む

会社破産

2017/8/7

会社経営者が破産したら何が残る?破産しても手元に残る財産

会社の経営が行き詰まり、会社の資金繰りが出来なくなったとき、会社を「破産」という手段を取らざる負えなくなる場合があります。 それと同時に、経営者が会社の「連帯保証人」になっていた場合、経営者は連帯保証契約を結んだ債務について自ら支払う義務を負います。 自らの支払い能力を超えた債務を負った経営者は、「明日から、自分はどんな生活を強いられるのか?」という不安に苛まれると思います。会社が破産してしまったら、経営者の手元には何も残らないのでしょうか。 今回は、そんな経営者の不安を解消すべく、「経営者が破産したとき ...

もっと読む

人事労務 会社破産

2019/5/15

「人手不足倒産」は本当?原因と対策を、弁護士が解説!

深刻な人手不足が続いており、大企業はもちろん、中小企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業でも、「優秀な人材がほしい」というご相談をよくお聞きします。 人手不足は、更に「採用難」や「売上減少」につながり、更なる人手不足を生む「負のスパイラル」に繋がります。 東京商工リサーチの調査結果によれば、2018年度(2018年4月~2019年3月)の人手不足倒産の件数は400件と過去最多件数を更新しています(前年度比28.6%増)。 営業先、取引先もあり、十分な顧客と仕事があるにもかかわらず、「人手が足りない」「労 ...

もっと読む

会社破産

2017/7/24

会社(法人)の破産手続の流れの基本を、弁護士が解説!

経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなったとき、借金を免れるための手段として、「会社を破産させる。」という手段があります。 会社を経営してきた社長にとっては、会社(法人)を破産させてしまうことは我が子を手放す「断腸の思い」でしょうし、従業員(社員)に対する責任を感じる方も少なくないでしょう。しかし、会社破産は、「悪いこと」ではなく「再出発」です。 いざ会社を破産しようとしたとき、「どういった手続きをとる必要があるのか。」、「代表者(社長)は責任を取らなくていいのか。」と、疑問に思う方もいらっしゃると思います ...

もっと読む

会社破産

2017/7/28

経営者の任意整理手続きの流れと、会社破産を弁護士が解説!

会社の経営状況が悪化し、経営が破綻して、会社が「破産」した時、経営者が会社の「連帯保証人」である場合、高額な負担を負う恐れがあります。 債務を弁済することが出来ない場合、経営者自身も何かしらの債務整理手続きを余儀なくされます。会社の破産で債務整理をする場合、会社と同時に「破産」するのが通常ですが破産してしまうと経営者は所持している財産をすべて失うこととなります。 しかし、経営者の中には、「もう少し期限を延ばすことが出来たら弁済できる」「利率を下げれば弁済できる」という方や、失いたくない財産を抱えている方も ...

もっと読む

詳しくはコチラ

知的財産

企業にとって重要な「ヒト・モノ・カネ」のうち、「知的財産」が重要な資産となっていることを忘れてはなりません。知的財産には、具体的には、特許権、商標権、著作権など様々な権利があります。

今や、「知的財産」は大企業だけのものではなく、中小企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業であっても、知的財産に関する正しい知識を得ておかなければなりません。

IT法務 知的財産

2017/5/24

開発したゲームアプリの著作権を、侵害されないための4つの方法

開発したアプリには著作権が発生するのは当然です。 特に、ゲームアプリの場合、その構成要素は、動画、画像、音楽、プログラムなど、著作権で保護されることから、創作性がある限り、当然に著作権が認められるケースがほとんどであるす。 ゲームアプリを構成するこれらの著作物は、それぞれが独立に著作権法による保護を受けることができます。 そのため、著作物に認められた著作権を、そのゲームアプリを開発した会社が保有することができるかどうかが、アプリ制作会社にとって非常に重要な問題です。 アプリ制作会社の著作権を守るためには、 ...

もっと読む

知的財産

2017/5/24

ホームページで、第三者の物が写り込んだ画像を利用する際、著作権で注意するポイント

ブログやホームページを作成するとき、写真や画像を使用した方が、人目を引きやすいことから、ブログやホームページに写真や画像、場合によっては動画を掲載したいと考えます。 しかし、ホームページ上で利用される素材には、それぞれ権利があります。特に、「著作権」には、慎重な注意が必要となります。 利用するコンテンツによって、また、その利用の態様によって、注意しておかなければならない「著作権」のポイントは異なることもあり、ケースバイケースで侵害する権利が異なることがあります。 ホームページなどで写真や画像を利用する場合 ...

もっと読む

IT法務 知的財産

2017/5/23

アプリ制作会社が著作権侵害にならないための権利処理

知的財産権の中でも、特に「著作権」は、すべてのアプリサービスで漏れなく問題となる権利です。 アプリサービスを開発、企画する段階で、他の同種サービスを参考にすることはよくありますが、他社アプリのコピーは許されず、著作権その他の知的財産権を侵害すると、その権利者からアプリサービスの「差止め」や、「損害賠償請求」を受ける可能性があります。 著作権について、アプリサービスを製作するとき最も重要な権利とお考えください。というのも、多くのアプリは、画像、音楽、動画やプログラムなど、著作権で保護されたコンテンツで構成さ ...

もっと読む

知的財産

2017/5/24

IT企業が特許権を取得し、侵害されないための全方法

IT企業では、日々の業務で特許権を取得すべき発明をすることも少なくありません。 自社で研究、開発を行った場合には、投下資本を効率よく回収するためにも、「発明」を独占的に利用したいという場合、特許権の登録をすることを検討すべきです。 また、独占的に利用する場合以外にも、他社にライセンスして利益を上げたいという目的のケースもあり得ます。 その発明が御社の中で占める重要性と投下資本、特許権を登録する手間とコストを比較し、特許権を取得するかどうか検討しましょう。 特許を取得する場合、開発した従業員との間で「職務発 ...

もっと読む

IT法務 知的財産

2017/5/24

自社サービスの商標権を取得するかの判断基準と、侵害対応

自社で開発したアプリやサービスに名称を付けるとき、その名称について、「商標権」を取得した方がよいケースがあります。 商標権を取得すべきであるかは、商標権の効果をよく理解した上で、御社の状況、アプリやサービスの種類などを考慮してケースバイケースで決定する必要があります。 商標権を取得すべきであるかについて正しく判断しなければ、類似商標や、いわゆる「パクリ」の横行によって自社の利益が損なわれたり、商標権が認められる可能性の薄いものに対して専門家費用を支出してしまったりとうおそれがあります。 自社の名付けたアプ ...

もっと読む

詳しくはコチラ

更新日:

執筆者: 弁護士法人浅野総合法律事務所

お問い合わせ

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2020 All Rights Reserved.