経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

人事労務

協会けんぽが、マイナンバー制度と情報連携を開始しました【平成29年7月18日】

投稿日:

全国健康保険協会(協会けんぽ)は、平成29年7月18日より、非課税証明書などの添付書類が必要となる一部の申請について、マイナンバー制度との情報連携を開始することを発表しました。

この情報連携によって、マイナンバーを申請書に記載した場合には、情報連携によって、一定の書類の提出を省略することができます。

どのような場合に書類を省略することができるかを理解した上で、マイナンバーを活用できるよう、社内体制を整備していってください。

(参照:協会けんぽホームページ

1. マイナンバーとの連携が開始される申請

マイナンバーを記載することで、非課税証明書などの提出書類を省略することができるのは、次の申請の場合です(ただし、情報連携が利用できるのは、該当する一部の方に限られています。)。

  • 高額療養費の申請(低所得者のみ)
  • 高額介護合算療養費の申請(低所得者のみ)
  • 基準収入額適用申請
  • 食事及び生活療養標準負担額の減額申請(低所得者のみ)

ただし、情報連携のためにマイナンバーの記載が必要となるのは、非課税証明書などの添付書類が必要となる方の場合です。

2. 本格運用の開始は平成29年秋を予定

今回発表されたマイナンバー制度との情報連携ですが、7月から3か月間の間は、「試行運用期間」とされています。

「試行運用期間」では、マイナンバー制度との情報連携による結果と、添付書類の内容との違いがないかを確認するため、上記の申請であっても、添付書類の提出が、従来通り必要とされています。

3か月程度の「試行運用期間」が終了した後、平成29年秋頃には、本格運用が開始され、非課税証明書などの添付書類が完全に省略される予定です。

3. マイナンバーの管理に注意

今回は、平成29年7月18日より開始される、「協会けんぽ」の一部の申請における、マイナンバー制度との情報連携による書類の省略について、解説しました。

今後も、ますますマイナンバーの利用は拡大する流れにありますので、会社内のマイナンバーの管理、取扱いを徹底しましょう。

念のため、マイナンバー管理について、会社が注意しておくべきポイントをまとめておきましたので、チェックしてみてください。

  • 行政の発表しているガイドラインを理解していますか?
  • 会社内のマイナンバー取扱いについての基本方針ができていますか?
  • マイナンバー取扱規程を作成しましたか?
  • 組織的安全管理措置(管理体制)が整備されていますか?
  • 人的安全管理措置を整備し、人的ミスによる情報漏えいを防ぐ対策をしていますか?
  • 物理的安全管理措置について、設備上の工夫をしていますか?
  • 技術的安全管理措置について、セキュリティの強化をしましたか?

マイナンバー制度への対応に不安のある会社経営者の方は、企業法務を得意とする弁護士に、お早目にご相談ください。

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

-人事労務
-,

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2018 AllRights Reserved.