期日

人事労務

2020/3/27

労働審判の第1回期日の重要性(事前準備・出頭・期日決定の方法)

労働審判を労働者から申し立てられてしまった場合には、裁判所から突然「呼出状」とともに労働審判申立書の写しが届きます。 労働審判や裁判を経験したことのない会社経営者はもちろん、経験したことがあっても、突然裁判所から呼出状が届くと、驚いて対応に苦慮することが通常でしょう。 労働審判の期日には、社長(代表者)が出頭することが原則ですが、弁護士を代理人として依頼し、代わりに出頭してもらうことも可能です。 今回は、労働審判の期日の決まり方と、いつ、誰が出頭すればよいのかについて、企業の労働問題を得意とする弁護士が解 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】