投資契約の株式買取条項(株式買取請求権)の対応の8ポイント

株式買取請求権株式買取条項投資契約書ベンチャー起業企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

ベンチャー企業が、VC(ベンチャーキャピタル)やエンジェル投資家などから投資を受ける際、 投資契約書 の最後の方に株式買取条項株式買取請求権)」について記載がなされていることが多くあります。

具体的には、投資家側の請求によって、会社や起業家個人に対して、自分の株式を買い取るよう請求することができる、という内容の条項です。

起業や投資がはじめての投資家の場合には、会社だけでなく起業家の個人責任を追及できるような 「株式買取条項(株式買取請求権)」 の記載された投資契約書に驚き、あわてて弁護士に相談にくるケースも少なくありません。

個人責任を回避するための会社設立であるのに、経営に必要な投資を受けるためには、個人責任を追及される投資契約書を結ばざるを得ないのでしょうか。

今回は、投資契約書の株式買取条項(株式買取請求権)について、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

アフィリエイターの法的責任!違法・詐欺アフィリエイトの損害賠償

アフィリエイターアフィリエイト情報商材法的責任損害賠償企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

ネットビジネスで稼ぐネット起業が流行し、特に情報商材などについて、アフィリエイトを利用して一気に拡散するマーケティング手法が一般的となりました。

このIT起業、情報起業ブームに乗って、 アフィリエイター として多くの収入を得た起業家も多いのではないでしょうか。

しかし、軽い気持ちでアフィリエイトに参加することには、リスクも少なからずあります。というのも、アフィリエイトで商材を紹介した場合、コンテンツホルダーだけでなくアフィリエイターも紹介者としての責任を追及されるおそれが少なくないからです。

今回は、アフィリエイターの法的責任、違法・詐欺アフィリエイトの損害賠償について、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

2017年に施行予定の労働法へ、企業の3つの実務的な対応

労働法改正企業実務的対応2017年法改正企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

2017年平成29年には、 労働法 の分野に関する、多くの重要な法改正が施行される予定があります。

特に、厚生労働省では、安倍政権が進める 「働き方改革」 の名のもとに、2016年(平成28年)9月以来、非正社員の待遇格差の問題、長時間労働問題など、人事労務分野に関する社会的な問題を取り扱ってきました。

2016年(平成28年)、既に改正法が成立し、2017年に施行される予定の労働法が多くあり、実際の運用はガイドラインなどを待つべき問題も多いものの、事前に顧問弁護士などと相談して対応しておかなければならない人事労務管理についての重要な問題が多くあります。

今回は、労働法分野のうち、2017年以降に施行されることが予定されている法律への、企業の実務的な対応を、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

消費者契約法改正(2017年6月施行)、BtoC企業が注意すべき対応

改正消費者契約法2017年施行法改正対応企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

平成29年2017年6月3日に、 改正消費者契約法 が施行されます。

消費者向け(BtoC)のサービスを展開する企業にとって、消費者を保護する法律には、最も慎重な検討が必要となります。

消費者契約法をはじめとする消費者を保護する法律に違反したことによって、契約が無効となり、せっかく営業にかけた手間が台無しになってしまうおそれもあるからです。そして、このことは、消費者向け(BtoC)サービスを提供するすべての企業にあてはまります。

なお、今後予定される 民法改正 も、契約法に関する非常に重要な改正となりますので、今後の動きに注視してください。

今回は、2017年(平成29年)に施行予定の、改正消費者契約法の概要と、企業の対応を、企業法務に精通する弁護士が解説します。

続きを読む

団体交渉の参加者は?出席者を選ぶ際、会社が注意すべき5ポイント

団体交渉出席者参加者社長代表者弁護士企業法務顧問弁護士法律相談無料人事労務東京

団体交渉参加者(出席者)は、法律上、会社・労働組合という、各当事者が 自由に選択することができる とされています。

しかし、これはあくまで法律上はルールが記載されていない、というだけです。戦略的には、団体交渉の参加者(出席者)を選択する際に、注意しなければならない事実上のポイントが多くあります。

労働組合対応、団体交渉をうまく進めるためには、労働組合法などの労働法に記載されていない 戦略的なポイント を押さえなければなりません。

また、行き過ぎた不適切な行為は、不当労働行為として違法となります。

今回は、団体交渉の参加者(出席者)を選ぶ際、会社が注意すべきポイントを、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

退職勧奨に弁護士の立ち合い(同席)が必要な13の理由

退職勧奨退職強要問題社員従業員解雇人事労務企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

退職勧奨とは、会社が不適切であると考える従業員に対して、 自発的に辞職することをお勧めする働きかけ のことをいいます。

退職勧奨の理由は、合理的な理由が存在しない場合には違法となる場合がありますが、それ以外であれば、能力不足、勤務態度の不適切さ、勤怠不良、心身の故障、懲戒事由に該当する行為など、どのような理由であっても可能です。

ただし、あくまで従業員の自由な意思を尊重する必要があり、退職を強要してはなりません。適切な退職勧奨を行い、労働訴訟のトラブルを回避するため、弁護士立ち合いが必要です。

今回は、退職勧奨に弁護士の立ち合いが必要となる理由を、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

労働組合との団体交渉を、弁護士に依頼すべき17の理由

労働組合合同労組ユニオン団体交渉弁護士依頼理由人事労務企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

会社の経営者が、なんの準備も、労働法の知識もないまま、労働組合との団体交渉に臨むのは、あまりに危険で、リスクの高い行為と言わざるを得ません。

しかし、逆に 労働組合との団体交渉 を避け、団体交渉の要求を放置し続ければ、不誠実団交(団交拒否)という不当労働行為として損害賠償などの責任追及を受けることとなります。

特に最近では、労働者1人からでも加入が可能な 「合同労組」「ユニオン」 があることによって、社内に労働組合の存在しない会社であっても団体交渉を行わなければならないおそれが発生します。

今回は、労働組合との団体交渉を、弁護士に依頼すべき理由を、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

投資家から取締役の派遣を求められたベンチャーがどう対応すべきか

投資家取締役役員派遣要望ベンチャー受入企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

投資家から投資を受ける場合に、会社に 取締役を派遣する権利 を求められる場合があります。

というのも、投資をして株式を保有し、会社の経営に大きな影響力を持つことができたとしても、投資家自身が経営を行うことができるわけではありません。株式会社の場合 「所有と経営の分離」 といって、株式を持つ株主と、経営を行う取締役は明確に区別されているからです。

そこで、取締役会における意思決定に影響を与え、他の取締役を監督し、会社の経営状態をチェックするため、投資家は、自分の息のかかった取締役を派遣することを求めるわけです。

今回は、投資家から取締役の派遣を求められたベンチャーがどう対応すべきかを、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

資金調達方法の種類「デット」と「エクイティ」の違い

デットエクイティ資金調達ベンチャー企業法務顧問弁護士法律相談無料東京

会社が資金を調達する方法は、細分すると多くの方法がありますが、大きく分類すると、 デット・ファイナンス と、 エクイティ・ファイナンス の2種類に分類することができます。

簡単に言うと、デット・ファイナンスとは、会社が、借入や社債の発行など、負債(デット)の方法で資金調達をする方法、エクイティファイナンスとは、株式発行など、資本(エクイティ)の形で資金調達をする方法のことをいいます。

デット、エクイティそれぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、自社の資金調達需要に合わせた方法で資金調達を行うことが必要となります。また、中間的な方法として、 新株予約権付社債の発行 という方法もあります。

今回は、資金調達方法の、デット、エクイティの違いを、企業法務に精通した弁護士が解説します。

続きを読む

移動販売の開業が成功するノウハウを、起業コンサルタントに聞く

移動販売開業企業支援コンサルタント企業法務ベンチャー顧問弁護士法律相談無料東京

移動販売は、開業資金が少なくて済む一方で、自分の好きな場所に出店できるため、手軽に始められ、現在ブームとなっています。

しかし、「低コストで簡単に開業できる。」、「独立店舗を出店するのは面倒くさい。」、という甘い考えで、下調べや準備もなく開業に踏み切ってしまったという失敗ケースも少なくありません。

移動販売で起業を成功させるためには、入念な情報収集が必須となります。特に、移動販売は、店舗開業とは似て非なるものですから、飲食店経営に精通していたとしても、片手間の意識ではうまくいきません。

今回は、移動販売を実際に起業・経営し、開業コンサルも行う湯舟達也さんに、成功のノウハウを取材しました。

続きを読む