障害者差別

人事労務

2017/8/21

障害者差別を予防する5つの方法と、障碍者雇用促進法の改正

近年、バリアフリーへの意識から、障害者雇用に対する社会の関心が高まっています。 障害者雇用促進法は会社(使用者)に対して、障害者の雇用を促し、従業員全体に占める障害者の雇用率を一定水準以上に保つように義務付けています。 これまで、障害者雇用率を達成していれば良く、障害を持った従業員の待遇について厳しくは決められていませんでしたが、平成28年4月1日に、改正障害者雇用促進法が施行され、会社(使用者)が障害者雇用について守るべき法的な義務が大幅に増えました。 今回は、障害者雇用促進法の改正によって会社が守るべ ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】