リフォーム業者

不動産

2017/5/22

建設業許可がない業者との違法取引を行わないための2つの注意

建設会社として、「建設業法」に定められた「建設業許可」を得ることは当然です。 一定規模以上の工事を行う建設会社であれば、通常、「建設業の許可」を得ているのは当たり前なのではないでしょうか。 「建設業許可」の目的は、顧客の保護にあります。というのも、建設会社の仕事は専門的な知識・経験がなければ、その質が良いかどうかが理解できないため「建設業許可」を得ることで、きちんとした仕事のできる会社であることを公的に保証しているということなのです。 したがって、自社が「建設業許可」を取得するだけでなく、元請・下請などの ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】