住宅資金特別条項

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が、個人再生する方法・手続き【弁護士解説】

会社の経営が破綻し、「会社破産(法人破産)」に至ると、会社経営者(代表者)も「連帯保証人」「担保提供者」などとして重い債務を負うことがあります。その債務を弁済できないときは、経営者自身も何らかの債務整理の手続きが必要です。 よく活用される債務整理の方法には、「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つがあります。 会社破産(法人破産)をきっかけに債務整理するとき、もっともよく利用されるのが「会社と同時に自己破産する」という方法です。しかし、「自己破産」をすれば、会社経営者が個人的に所有していた価値ある財産を ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】