否認権

会社破産

2020/5/14

会社が破産したときの経営者の個人責任【弁護士解説】

経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させて立て直す手段として「会社破産(法人破産)」の方法があります。 会社の代表者(社長など)にとって、一生懸命経営してきた会社(法人)を破産させてしまうのは、まさに「断腸の思い」ですし、従業員に対して責任を感じる方も少なくありません。 一方で、会社破産(法人破産)の決断をしたとしても、「会社が払えなかったお金を自分が支払わなければいけないのではないか」「自分も一緒に破産したほうがよいのか」「今後の生活をどうしたらよいのか」と不安を覚える方も多いかと思 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】