設立

ベンチャー法務

2017/5/22

ベンチャー企業が「株式会社」を設立すべき理由と、会社設立の基本

ベンチャー企業としてビジネスを始める際、「法人格」には様々な選択肢があります。 ベンチャー企業・スタートアップの初期に、よく選択されるのは、大きく分けて次の3つの方法です。 株式会社を設立する。 合同会社を設立する。 個人事業主として開業する。 中でも、株式会社を設立することが、ベンチャー企業にとって最もメリットの多い選択肢であるといえます。 経営者の責任負担の回避、権利義務関係の簡便化、対外的な信用など、多くの点から見て、株式会社を設立することが有利であると考えられます。 今回は、ベンチャー企業・スター ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】