執行文

債権回収

2017/5/26

「動産執行」で債権回収を図れるの?素朴な疑問点を弁護士が解説!

債権回収で、どんなに催促をしても、売掛金や貸付金等の未払債務を一向に支払おうとしない取引先も少なくないことでしょう。 未払の続く債務者に対して、動産執行によって債権回収をしようか、とお考えになったことが一度はある、という経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 債務者が企業や法人の場合、事務所やオフィス、倉庫などに、在庫商品や道具、什器や備品など差押えができそうな動産が思い浮かぶときは、「動産執行」を検討してください。 ところで、テレビや映画などで、差押え財産に赤紙が次々と貼られるシーンを見かけたこ ...

債権回収

2017/5/26

弁護士が5分で解説する強制執行による債権回収の概要

取引先に対する未回収の売掛債権について、「有利な内容で和解調書を作成できた。」、あるいは、「民事調停が成立して、調停調書を得た。」、「裁判で勝訴判決を獲得した。」という企業経営者のみなさん、あとは裁判所に任せておけば、債権が回収できる、と安心してはいませんか? いかに有利な判決を得たとしても、まだ喜ぶのは早いでしょう。 なぜなら、判決など、権利義務の内容を確定する公的な書類を「債務名義」といいますが、この債務名義だけで、国が取引先に対して強制執行をかけ債権回収を行ってくれるわけではないからです。 一定の例 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】