本採用拒否

人事労務

2020/4/10

試用期間で解雇・本採用拒否する時の会社側の注意点【弁護士解説】

多くの会社では、入社後3か月~6か月程度の試用期間をもうけています。 試用期間中もしくは試用期間終了時に、正社員にせずに会社を退職させることを「本採用拒否」といいます。本採用拒否は、「会社の都合で、一方的に会社をやめてもらう」という意味で「解雇」と同じ性質をもつため、会社側には厳しい制約がかされています。 本採用拒否の法的制約を理解せず、安易に「解雇」してしまうと、労働者側から「不当解雇」と争われたときには、多額のお金を支払わなければならないリスクがあります。 そこで今回は、試用期間満了時(もしくは期間中 ...

人事労務

2020/4/10

有期の契約社員にも「試用期間」をつけることができますか?

「試用期間」とは、一定の期間のうちに能力・適性を判断して、社員にふさわしい場合には雇用し、ふさわしくない場合には本採用拒否するという制度です。 「試用期間」は、原則として、正社員を前提としています。というのも、正社員として長年雇用するからこそ「試用期間」で慎重に判断する必要があるからです。 これに対して「有期契約」の場合、例えば短期間の契約社員であれば、「試用期間」を設定しない会社もあります。 しかし、有期契約社員といえども「雇止め法理」によって更新拒絶が制限されるケースもあるため、社員としての適性を慎重 ...

人事労務

2020/4/10

「試用期間」と「有期契約」の違いは?どちらが会社側に有利ですか?

一定の期間だけ限定的に社員を雇うための方法として、「試用期間」「有期契約」の2種類があります。 いずれも、言葉自体は聞いたことがある方がほとんどかと思いますが、しかし、その2つの違いや、どちらが会社側(企業側)にとってメリットがあるのかについて、正しく理解することが必要です。 「有期契約(有期雇用)」と「試用期間」は、それぞれ意味がことなるため、会社側(企業側)としてはその意味の違いを理解して使い分けなければ、思わぬデメリットを受けるおそれもあります。 今回は、「試用期間」と「有期契約」の基本的な知識を、 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】