管財人

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が自己破産しても、手元に残る「自由財産」とは?

会社の経営が行き詰まり、会社の資金繰りが出来なくなったとき、会社を倒産させるという選択肢をとらざるを得なくなることがあります。 更には、会社経営者(代表者)が会社の「連帯保証人」になっていた場合、会社破産(法人破産)してしまうと連帯保証をしていた債務について自ら支払う義務を負います。 自身の支払い能力を超える多額の債務を負った会社経営者(代表者)の中には、「会社破産(法人破産)後、自分はどうやって生活をしたらよいのか」「少しでも個人資産を残したい」という不安にかられるのではないでしょうか。 しかし、会社( ...

会社破産

2020/5/14

会社破産(法人破産)の手続きの流れ【弁護士解説】

経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなったとき、借金を免れるための手段として、「会社を破産させる」という手段があります。「会社破産」または「法人破産」といいます。 会社を経営してきた社長にとって、会社(法人)を破産させてしまうことは「我が子を手放す」に等しく「断腸の思い」でしょう。従業員(社員)に対する責任を感じる方も少なくないでしょう。しかし、会社破産(法人破産)は「悪いこと」ではなく「再出発」です。 いざ会社を破産しようとしたとき、「どういった手続きをとる必要があるのか」「破産手続きの流れに不安がある」 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】