証拠説明書

人事労務

2020/3/27

労働審判で必要な証拠をそろえ、会社側を有利にするための証拠収集

労働者から労働審判を申し立てられてしまった会社が、労働審判を少しでも会社側(使用者側)に有利な展開にするためには、「証拠」を適切に収集し、提出することが重要です。 労働審判手続の流れについてのコチラの解説でも説明したとおり、労働審判では「第1回期日」が重要なため、第1回期日およびそれ以前の答弁書の段階で、必要な証拠はすべて集めておかなければなりません。 証拠が不十分であると、裁判所の判断では証拠が重要視されることから、事実自体がなかったこととして判断されかねません。 今回は、労働審判で必要な証拠をそろえ、 ...

人事労務

2020/3/30

労働審判の答弁書に、会社側が書くべき反論とポイント【弁護士解説】

労働審判を、退職した労働者などから申し立てられてしまった会社としては、労働審判に誠実に対応する必要があります。 「労働審判を申し立てられた!」とわかるのは、裁判所から会社に対して、呼出状が送られてきたときに初めて、というケースが少なくありません。 そして、呼出状と共に労働審判申立書の写しが送付され、これに対する反論を「答弁書」という書類で、直近の提出期限までに裁判所へ提出することを求められます。 今回は、会社側に有利な解決を導くために、労働審判の答弁書に、会社側(企業側)が書くべき反論のポイントを、企業の ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】