経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

企業法務

誤嚥による介護事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

更新日:

介護施設を利用する高齢者の場合、飲み込む喉の力が、加齢によって衰えています。そのため、食べ物をのどに詰まらせる事故が、よく発生します。

「誤嚥」とは、誤って飲み込んでしまったり、気管に入れてしまったりすることにより、ものを喉に詰まらせてしまう「介護事故」をいいます。

介護サービス中に発生しやすい誤嚥事故の特徴は、死亡事故のおそれが比較的高いことです。特に、気管にものを入れてしまう誤嚥事故の場合には、窒息によって死亡事故となるケースが少なくありません。

また、誤嚥は、「誤嚥性肺炎」という肺炎の原因ともなります。

介護施設の死因の中でも「肺炎」による死亡は非常に多いといわれていますが、この中のどれほど多くの割合が、誤嚥による肺炎であるかは、明らかにはなりません。

今回は、誤嚥による介護事故が起こった場合の、介護事業者の法的責任と、誤嚥に関する裁判例のポイントを、企業法務に精通した弁護士が解説します。

1. 誤嚥事故の法的責任を負わないために

誤嚥事故の多くは、利用者の身体的要因(飲み込む力が弱っている、飲み込み反射に障害がある)に起因するケースも多くあります。

そのため、誤嚥事故を日常的に予防することは、介護施設を運営する事業者としてあたりまえのことですが、これに加えて、万が一誤嚥事故が生じたとしても、介護事業者としてやるべき義務をきちんと果たしておかなければなりません。

特に、誤嚥事故の場合、利用者が死亡するおそれが高いことから、損害額が高額になりがちです。

誤嚥事故で、介護事業者の法的責任が否定された裁判例の多くは、平時の介護施設における誤嚥事故に対する予防策が徹底されていた場合です。

2. 不法行為となるか?

不幸にして誤嚥事故が起こった場合に、利用者やその家族が、介護施設を運営する事業者に対して法的責任を追及する方法は、「不法行為責任」の追及です。

この不法行為に基づく「損害賠償請求」は、利用者やその家族が負った損害を、金銭的に評価して賠償するよう請求するわけです。

したがって、利用者が死亡してしまった介護事故のケースでは、損害賠償額は非常に高額となります。

利用者が、加齢によって誤嚥をしやすい身体的要因を備えている状態であることが一般的ですから、不法行為に必要とされる「過失」も、認められやすい状態といえます。

したがって、誤嚥に対する法的責任を認めた裁判例で、どのような部分が介護事業者の「過失」にあたると判断されているかを理解し、予防しましょう。

3. 【裁判例】から見る介護事業者の責任

既に解説したとおり、誤嚥による介護事故の場合、よく起こりがちな介護事故であることから、介護事業者の過失も認められやすくなっています。

そして、不法行為が成立した場合の損害額は、特に死亡事故のケースでは非常に高額となります。

では、どのようなケースで、介護事業者の法的責任が認められているのか、裁判例をもとにまとめてみました。

3.1. 引継ぎに違反した誤嚥事故のケース

病院にてポリープ除去手術を受け、退院まですべての食事をお粥としていた利用者について、退院後に介護施設に入所し、嘔吐や誤嚥の可能性があるとの引継ぎを受けました。

しかし、その後、4回の食事で誤嚥をうかがわせるような症状がなかったことから、ロールパンを含む朝食を配膳したところ、誤嚥により昏睡状態となり、死亡事故となりました。

第一審では、誤嚥の予測可能性がないとして介護施設の過失が否定されましたが、控訴審では一転し、介護事業者に対して、310万円の損害賠償の支払を命じました(大阪高裁平成25年5月22日判決)。

病院から引継ぎがある場合には、その内容に十分注意し、介護事故の可能性がある場合には、病院の指示に従う必要があります。

また、ロールパンは、水分が少なくパサついていることから、誤嚥が起こりやすい食材であるとされています。

4度の食事で誤嚥をうかがわせるような症状がなかったとしても、いきなり誤嚥が起こりやすいロールパンを一人で食べさせることは、避けるべきであったといえます。

3.2. 咀嚼しにくい食事内容による誤嚥事故のケース

パーキンソン症候群の症状の進行によって通常食がとれない状態であった利用者に対して、家族に相談することなく、摂取状態が良好であったことや本人の希望によって、刺身を常食で提供しました。

その結果、刺身を食べさせたことによりこれを喉に詰まらせ、意識が回復しないまま死亡した誤嚥事故について、介護事業者に対して、2204万円の損害賠償の支払を命じました(水戸地裁平成23年6月16日判決)。

「刺身」が、誤嚥しやすい食材に該当するかどうかは、判断のわかれるところでしょうが、パーキンソン症候群が進行して通常食がとれない状態であった利用者にとっては、非常に咀嚼しにくい食事<といえるでしょう。 また、利用者本人の意向は、希望、期待が含まれていることも多いことから、これを全て鵜呑みにするわけにはいかないケースも少なくありません。 食事の方針を変更する場合には、家族への相談も必ず行うべきであったといえます。

4. 介護事業者の過失を判断するポイント

では、以上の裁判例をもとに、どのような場合に介護事業者に「過失アリ」と判断され、法的責任を認められやすいのか、その防止ポイントについて解説します。

誤嚥事故の発生を防止するため、きちんと理解しておきましょう。

4.1. 誤嚥しにくい食材を提供する

誤嚥しにくい食材を提供することを心がけるようにしましょう。

ただ、どのような食材が誤嚥しにくいかは、利用者の状態、症状などによっても変わります。

病院からの引継ぎがある場合には、これを重視して決めるのがよいでしょう。

一般的に、高齢者にとって誤嚥しやすい食材とは、次のようなものであるといわれています。

  • へばりつきやすい(海苔など)
  • 粘り気が強い(餅など)
  • 噛み切りにくい(タコなど)
  • 水分がなくパサつきやすい(パンなど)

調理方法にも配慮をし、のどに詰まりやすい大きさの状態で提供しないようにしましょう。

固形物であっても、ペースト状にするなどの対策が可能です。

食材や調理方法について全く配慮をせず、その結果誤嚥事故が発生した場合には、介護施設の法的責任が認められ、損害賠償請求を受けることとなります。

4.2. 食事の状況をよく観察する

食事のときには頻繁に見回るなどの方法により、食事の状況をよく観察しましょう。既に誤嚥をしたことがある場合には、特に要注意です。

そして、次のような症状がある場合には、誤嚥の前兆といえますから、決して一人で食事をさせ、放置するようなことがあってはなりません。

  • 食事の際にむせる。
  • よく咳をする。
  • 食事を飲み込めずに嘔吐する。
  • 痰がからむことが多い。

前兆があったにもかかわらず繰り返し誤嚥事故が起これば、その分、介護施設を運営する事業者の法的責任は認められやすくなり、かつ、重いものと判断されるおそれが高まります。

4.3. 家族や病院と連携する

病院から、誤嚥を起こしやすいとの引継ぎがあったにもかかわらず、誤嚥による死亡事故を起こしてしまったようなケースで、介護事業者の責任が重く評価されています。

このことからもわかるとおり、病院からの引継ぎがあれば、誤嚥事故が起こるという予測が可能であったと判断される可能性が高いといえます。

施設に初めて入所する利用者に対しては、家族や病院に対してよく連携をとり、特に誤嚥については、次のことを入念に確認しておきましょう。

  • 過去に誤嚥を起こしたことがあるかどうか。
  • 誤嚥を起こしやすい病気にかかっているかどうか。
  • 誤嚥がなくても、痰やむせるなどの症状があったかどうか。

4.4. 情報を記録化しておく

一度でも誤嚥の前兆となる症状が出た場合には、他の介護職員にも共有できるように、きちんと記録化しておくことも重要です。

特に、介護サービス事業の場合、通所サービスと訪問サービスなど、複数のサービスが利用者に対して提供されたり、複数の事業者がサービスを提供したりすることにより、実際に介護を担当する職員が複数となる場合があります。

このような場合に、吐血、痰、咳など、誤嚥の前兆を見かけた場合には、大きな事故にならないよう、他の担当職員に対しても、情報共有を積極的に行わなければなりません。

合わせて、家族への報告も、必ず行っておくようにしてください。

5. 介護施設での「誤嚥事故」防止のポイント

誤嚥事故は、介護現場で起こる事故としても非常に多く、身近な介護事故といえます。

そして、なんといっても誤嚥事故の最大の危険性は、「死亡事故につながりやすい。」ことです。

したがって、日常的に起こりがちな「介護事故」の1つではありますが、万が一誤嚥事故が起こったときに死亡事故にならないようスピーディに応急措置をするためにも、裁判例を参考に、防止策を検討しておく必要があります。

5.1. 誤嚥事故が起こる理由と危険性

介護施設の経営者が、誤嚥事故の法的責任を回避するためにも、誤嚥事故が起こる理由を理解しておく必要があります。

介護施設で誤嚥事故が起こりやすい理由は、主に次の2つです。

  • 高齢者は加齢により飲み込む力が弱くなっている。
  • 喉の飲み込み反射に障害され、気道に入りやすくなっている。

誤嚥事故は、次のような重大な2つの事故を引き起こす点で、危険度の非常に高い介護事故です。

  • 気道にものを詰まらせることによる窒息
  • 誤嚥性肺炎

窒息、肺炎のいずれも、介護施設を利用するような高齢者の場合には、生命の危険につながりかねない重大な症状です。

5.2. 誤嚥事故の予防策

以上の説明から、誤嚥事故が非常に危険な介護事故であることは、十分ご理解いただけたのではないでしょうか。

ただ、誤嚥事故は、利用者の身体的要因から発生することが多いため、全くのゼロにすることは困難です。

そこで、介護施設を運営する事業者は、誤嚥による死亡事故を防止するために、次の予防策を、平時から講じておくよう注意しましょう。

  • 誤嚥の救急救命措置について、介護職員に講習を受けてもらう。
  • 誤嚥の際の応急措置について、介護職員を教育する。
  • AEDを設置しておく。
  • 食べやすい食材を提供する。
  • 誤って飲み込みやすい細かい物を周囲に置かない。

6. まとめ

今回は、誤嚥による介護事故が起こった場合の、「介護事業者の法的責任」について解説しました。

誤嚥は、高齢となった利用者の身体的要因から、介護施設内において非常に起こりやすい介護事故であるといえます。

発生頻度の多さから、つい甘くみがちですが、窒息によって死亡につながるおそれの高い、危険な事故です。

誤嚥事故が起こった場合に、介護事業者の法的責任を判断した裁判例を参考に、万が一の誤嚥事故に備えた万全の準備をしておきましょう。

また、介護事業者の立場では、実際に介護を行う介護職員に対する教育、指導も重要となります。

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

-企業法務
-, , , ,

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2018 AllRights Reserved.