経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「企業法務」 一覧

企業法務

「下請けいじめ」で指導、勧告を受けないための下請法の7ポイント

2017年7月18日に、シートベルトやエアバックなどの自動車安全システムの大手メーカー「タカタ」が、「下請けいじめ」で公正取引委員会(公取委)に勧告を受けたと発表したことが話題になっています。 「下請 ...

企業法務

社長が死んだら会社、家族はどうなる?社長の相続対策

オーナー社長として会社を経営されている方にとって、自分自身が重い病気になってしまったり、死んでしまったりしたとき、会社や家族がどうなってしまうかが不安の種となっていることでしょう。 社長であり、100 ...

企業法務

サービス、新規事業の適法性について「顧問弁護士」に相談する方法

会社で新しい事業・サービスを考えたとき、「果たして、このサービスは適法なのだろうか?」、「新規事業は違法ではないか?」と疑問、不安に思う会社経営者の方も少なくないことでしょう。 新規事業、新しいサービ ...

企業法務

外為法の改正法が成立(2017年5月17日)

2017/06/16   -企業法務
 ,

2017年5月17日、「外為法」が、参議院本会議を賛成多数で可決され、成立しました。 そこで、今回は、「外為法」の改正法について、企業法務を得意とする弁護士が解説します。 1. 外為法とは? 「外為法 ...

企業法務

改正個人情報保護法への対応のポイント【平成29年5月30日全面施行】

平成29年5月30日から全面的に施行される、改正個人情報保護法によって、すべての会社(事業者)が個人情報保護法の対象となります。 これまで、個人情報保護法は、適用対象をある程度以上の規模の会社に限定し ...

企業法務

高齢者ドライバーがいる運送会社は注意!「道路交通法」改正(平成29年3月施行)

平成29年3月、改正道路交通法(道交法)が施行されました。改正道交法によって、高齢運転者の交通安全対策が強化されました。 改正道交法による高齢運転者への安全対策の強化は、なにもプライベートで自動車を運 ...

企業法務

法人と代表個人は別?会社の経営者(社長)が個人責任を負うケース

会社を経営していて、経営がうまくいかないと、「社長のせいだ!」といってくる取引先、債権者も多くいるのではないでしょうか。 また、「経営がうまくいかない。」というだけでなく、違法行為になってしまうような ...

企業法務

株主総会を簡略化するために、省略できる手続とは?

株主総会の集中日が近づいています。株主総会の準備に追い立てられている担当者の方も多いのではないでしょうか。 株主総会を、法律を守ってきちんと開催しようとすると、日程調整から会場手配、招集手続まで、多く ...

企業法務

勤務間インターバル導入で、最大50万円の助成金!

平成29年2月15日より、中小企業事業主を対象とした、「職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」の申請受付がスタートしました。 「勤務間インターバル」を導入することによって、その実施に要し ...

企業法務

消費者契約法改正(2017年6月施行)、BtoC企業が注意すべき対応

平成29年(2017年)6月3日に、改正消費者契約法が施行されます。 消費者向け(BtoC)のサービスを展開する企業にとって、消費者を保護する法律には、最も慎重な検討が必要となります。 消費者契約法を ...

企業法務

資金調達方法の種類「デット」と「エクイティ」の違い

会社が資金を調達する方法は多くありますが、大きく分類すると、次の2種類に分類することができます。 「デット」、「エクイティ」それぞれのファイナンスには、メリットとデメリットがあり、自社の資金調達需要に ...

企業法務

入浴中の介護事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

医療・介護の現場で、特に事故が起こりやすい場所として、浴場(風呂)があります。 水場は滑りやすく、転倒事故が起こりやすいため、「入浴介護」のときには特に慎重さが必要となります。 要介護状態まではいかな ...

企業法務

自己株式取得のルールと、財源規制・売主追加請求の手続

「自己株式の取得」とは、会社が、発行済の「自社株」を買い取ることをいいます。 かつては、自社株を買うことは禁止されていましたが、会社法の改正によって、一定の条件の下に、自己株式を取得することが可能とな ...

企業法務

取締役の解任と、損害賠償が必要な「正当な理由」のない解任

創業時から一緒に事業拡大をしてきたメンバーであっても、どうしても意見の食い違い、性格の不一致などが表面化してしまうケースも少なくありません。 取締役を「解任」することは、「従業員の解雇」とは性質的に大 ...

企業法務

取締役、監査役の役員報酬の決定・減額【平成26年会社法改正】

株式会社で、取締役、監査役などの「役員報酬」を決定する際には、法律、税務、経営などの様々なポイントからの検討を行う必要があります。 「役員報酬」の決定、減額などのときには、注意しておかなければならない ...

企業法務

譲渡制限株式を譲渡する手続と、株式譲渡のスケジュール

「株式譲渡」とは、株式会社の株式を、契約によって譲渡することをいいます。 「株式譲渡」は、会社経営を行う上で、次のようなさまざまなタイミングで行われます。 原則として、会社法では「株式譲渡」が自由とさ ...

企業法務

取締役(役員)の選任、追加、変更の手続

取締役(役員)は、株主総会の決議によって選任されます。 「所有と経営の分離」といって、株式会社は、株式を保有する「株主」のものですが、経営は、株主から委任を受けた「取締役」が行います。 取締役には、原 ...

企業法務

株式分割の手続と、できる限り早く行うためのスケジュール

「株式分割」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 株式会社が、「株式分割」の手続を行った方がよいタイミングとは、どのような場合であるか、また、その際のスケジュールや手続について、弁護士が ...

企業法務

株式を発行する方法の全まとめ【新株発行手続とは?】

追加投資を、エンジェル投資家、VCから受けることとなった場合、増資をする場合など、株式会社の経営では、「株式を発行したい!」というタイミングが多くあります。 株式会社は、株式を発行することによって資金 ...

企業法務

取締役の決定と、取締役会の招集・決議のポイント

取締役(役員)が代表取締役1名のみである場合、すなわち、社長だけが役員の会社では、社長が経営についての重要事項をすべて自分1人で決定することができます。 これに対して、取締役が複数いる場合には、経営に ...

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2018 AllRights Reserved.