企業法務

会社を経営するためには、企業法務の知識は必須です。「企業法務」とは、会社経営に関連するさまざまな法律の総称です。

企業法務を熟知した弁護士を「顧問弁護士」とすることにより、予防法務を徹底し、万が一にトラブルとなったときに備えてリスクを減少させておくことができます。

「顧問弁護士」の法律知識まとめ

企業法務

2020/5/21

反社会的勢力に関わらないための企業側の注意点・事後対応

反社会的勢力と企業の関与について、2007年(平成19年)6月、政府は「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を公表し、企業取引からの反社会的勢力の排除を進めています。 現在の社会情勢で、反社会的勢力と関係を持つことは、暴力団から実際に損害を負わされるだけでなく、企業の評判を悪化させたり信用を低下させたりといった、いわゆる「レピュテーションリスク」を生じます。 契約書に暴力団排除条項を記載しておくこと、重要な取引相手の反社チェックを行うことはもちろん、反社会的勢力と関係をもつ社員を採用したり、 ...

企業法務

2019/5/30

株主総会指導を弁護士に依頼するメリットと、法令遵守ポイント3つ

「株主総会」とは、株式会社における最高意思決定機関です。つまり、会社の重要事項は、「株主総会」が全て決定するのが原則です。 毎年行われる株主総会では、事業報告、計算書類の報告、役員の選解任、配当、合併の承認など、会社の重要事項を決定したり、報告したりします。重要な機関のため、株主総会の手続は、法律で細かく定められ、違反した場合の影響は重大です。 しかし、株主総会の重大性にもかかわらず、株主総会について弁護士の十分な指導を受けていなかったり、そもそも会社法のルールを順守する意識が薄かったりする会社もあります ...

企業法務

2020/3/28

上場企業法務・顧問弁護士サービスとは?

上場をめざすベンチャー企業であれば、日々の業務の中で弁護士を使ったことがある、あるいはすでに顧問弁護士がいるというケースが多いのではないかと思います。 ベンチャー企業の弁護士利用にありがちなパターンが、「創業時から仲良くしている」「投資家に紹介してもらった」というお話です。 ただ、上場する前に必要となる顧問弁護士のサポートと、上場後に必要となる顧問弁護士のサポートは、必ずしも同じではありません。上場企業にのみ適用される法令・ルールもあるためです。 そこで今回は、上場企業の法務で注意すべき法令、上場企業の顧 ...

企業法務

2019/5/11

「努力義務」とは?「義務」との違い、「努力義務」の適切な対応、罰則

2018年6月29日に成立した「働き方関連法」に基づいて、「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」が改正されました。この改正により「勤務間インターバル制度」の導入が、「努力義務」とされました。 勤務間インターバルとは、労働者が、休養、睡眠の時間を確保するために、前日の終業時刻から、翌日の始業時刻までの時間を、一定程度あけるようにする、という労働者への配慮のための制度です。 企業に関する法律を見ると、ほかにも「努力義務」といわれるものが多くあります。「努力義務」というと、あくまでも「努力」すればよく、や ...

企業法務

2017/7/24

「下請けいじめ」で指導、勧告を受けないための下請法の7ポイント

2017年7月18日に、シートベルトやエアバックなどの自動車安全システムの大手メーカー「タカタ」が、「下請けいじめ」で公正取引委員会(公取委)に勧告を受けたと発表したことが話題になっています。 「下請けいじめ」が報道されると、会社の信用が大きく低下するおそれがあります。下請法違反で指導、勧告を受けるケースは増えており、公正取引委員会の監督は、ますます強まることが予想されます。 とりわけメーカー会社にとって、下請事業者との取引は必須です。「自分の会社は大丈夫」と思っても、ある日突然、公取委の立入検査が・・・ ...

企業法務

2019/5/29

社長(経営者)の相続対策が重要!死んだら会社・家族が揉める?

オーナー社長として会社を経営される方にとって、重い病気になってしまったり、死んでしまったりしたとき、「会社や家族はどうなってしまうのだろうか」と不安の種が尽きないのではないでしょうか。 社長であり、100%株主でもあるオーナー経営者の場合には、生前からしっかり相続対策をしておかなければ、最悪の場合、会社と家族に争いが起こり、激しい「争続」となってしまいます。 社長(経営者)の相続対策では、特に、結婚、子の誕生、離婚といった人生の節目での検討が、特に重要となります。 そこで今回は、社長(経営者)がお亡くなり ...

企業法務

2017/6/23

サービス、新規事業の適法性について「顧問弁護士」に相談する方法

会社で新しい事業・サービスを考えたとき、「果たして、このサービスは適法なのだろうか?」、「新規事業は違法ではないか?」と疑問、不安に思う会社経営者の方も少なくないことでしょう。 新規事業、新しいサービスが「違法」であったり、「違法」とはいえないまでも「炎上」を招くような不適切なものであった場合、会社にとって非常に大きなリスク、損失となりかねません。 というのも、新規事業、サービスを開始するためには一定の投資が必要な場合がほとんどですが、「違法」、「不適切」なサービスであると継続ができず、投下資本の回収が困 ...

企業法務

2017/6/16

外為法の改正法が成立(2017年5月17日)

2017年5月17日、「外為法」が、参議院本会議を賛成多数で可決され、成立しました。 そこで、今回は、「外為法」の改正法について、企業法務を得意とする弁護士が解説します。  「企業法務」のイチオシ解説はコチラ!  消費者契約法改正(2017年6月施行)、BtoC企業が注意すべき対応 誤嚥による介護事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】 転倒・転落事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】 1. 外為法とは? 「外為法」は、正式名称を「外国為替及び外国貿易法」といい、外国為替、外国貿易などの対外取引について ...

企業法務

2017/5/29

改正個人情報保護法への対応のポイント【平成29年5月30日全面施行】

平成29年5月30日から全面的に施行される、改正個人情報保護法によって、すべての会社(事業者)が個人情報保護法の対象となります。 これまで、個人情報保護法は、適用対象をある程度以上の規模の会社に限定していたため、個人情報保護にそれほど関心のなかった経営者も、今後は個人情報保護によりセンシティブにならなければなりません。 しかし、改正法対応といっても、何から手を付けて良いかわからず、まだ社内での対応が思うように進んでいない会社も少なくないのではないでしょうか。 改正個人情報保護法の全面施行を直前に控え、対応 ...

企業法務

2017/5/28

高齢者ドライバーがいる運送会社は注意!「道路交通法」改正(平成29年3月施行)

平成29年3月、改正道路交通法(道交法)が施行されました。改正道交法によって、高齢運転者の交通安全対策が強化されました。 改正道交法による高齢運転者への安全対策の強化は、なにもプライベートで自動車を運転する人だけには限りません。 運送会社・運送業は、人手不足によって、ドライバー(運転手)が年々高齢化していますから、業務としてトラック、バスなどを運転する方にも、この改正道路交通法が適用されます。 そのため、高齢者ドライバーを雇っている運送会社は、平成29年3月から施行されている改正道路交通法(道交法)に注意 ...

企業法務

2017/5/26

法人と代表個人は別?会社の経営者(社長)が個人責任を負うケース

会社を経営していて、経営がうまくいかないと、「社長のせいだ!」といってくる取引先、債権者も多くいるのではないでしょうか。 また、「経営がうまくいかない。」というだけでなく、違法行為になってしまうような業務上のミスを犯してしまったとき、社長の個人責任が問われないか、心配になることでしょう。 原則として、「会社(法人)」と「代表(経営者、社長)」とは、法的に「別人格」です。 つまり、法的な責任追及は、会社の責任となるものについては、代表(社長)は個人責任を負わないのが原則です。 しかし、例外もあり、経営者が個 ...

企業法務

2017/6/5

株主総会を簡略化するために、省略できる手続とは?

株主総会の集中日が近づいています。株主総会の準備に追い立てられている担当者の方も多いのではないでしょうか。 株主総会を、法律を守ってきちんと開催しようとすると、日程調整から会場手配、招集手続まで、多くの手間がかかります。 とはいえ、株主総会を行わずに放置しておけば、後にトラブルとなりかねません。 株主総会は開催したいけれども、できるだけ費用と手間を掛けたくないという会社、経営者の方は、株主総会の簡略化についてきちんと理解しておいてください。 今回は、実際に認められている株主総会の3つの省略、つまり、招集手 ...

企業法務

2017/5/28

勤務間インターバル導入で、最大50万円の助成金!

平成29年2月15日より、中小企業事業主を対象とした、「職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」の申請受付がスタートしました。 「勤務間インターバル」を導入することによって、その実施に要した費用の一部を助成金として受け取ることができるもので、その金額は、最大で50万円となります。 最近では、過労死、過労自殺、メンタルヘルスなどのニュースが相次いでおり、会社の長時間労働の問題は、企業イメージの低下につながる重大な関心事となります。 国としても、労働者の健康対策について力を入れていることが、この勤 ...

企業法務

2017/5/17

消費者契約法改正(2017年6月施行)、BtoC企業が注意すべき対応

平成29年(2017年)6月3日に、改正消費者契約法が施行されます。 消費者向け(BtoC)のサービスを展開する企業にとって、消費者を保護する法律には、最も慎重な検討が必要となります。 消費者契約法をはじめとする消費者を保護する法律に違反したことによって、契約が無効となり、せっかく営業にかけた手間が台無しになってしまうおそれもあるからです。 このことは、消費者向け(BtoC)サービスを提供するすべての企業にあてはまります。  参考  なお、今後予定され民法改正も、契約法に関する非常に重要な改正となりますの ...

企業法務

2017/5/18

資金調達方法の種類「デット」と「エクイティ」の違い

会社が資金を調達する方法は多くありますが、大きく分類すると、次の2種類に分類することができます。 デット・ファイナンス :会社が、借入や社債の発行など、負債(デット)の方法で資金調達をする方法 エクイティ・ファイナンス :株式発行など、資本(エクイティ)の形で資金調達をする方法 「デット」、「エクイティ」それぞれのファイナンスには、メリットとデメリットがあり、自社の資金調達需要に合わせた方法で、資金調達を行うことが必要です。 また、中間的な方法として、「新株予約権付社債の発行」という方法もあります。 今回 ...

企業法務

2017/5/22

入浴中の介護事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

医療・介護の現場で、特に事故が起こりやすい場所として、浴場(風呂)があります。 水場は滑りやすく、転倒事故が起こりやすいため、「入浴介護」のときには特に慎重さが必要となります。 要介護状態まではいかない高齢者の方であっても、高齢であることから身体の機能が弱っており、入浴中に溺れたり、体調を崩したりするケースは多くあります。 万が一、入浴中の介護事故が発生してしまった場合、介護施設はどのような法的責任を負うのでしょうか。 今回は、入浴中の介護事故と介護施設の法的責任について、裁判例を踏まえ、介護施設の顧問弁 ...

企業法務

2017/5/18

自己株式取得のルールと、財源規制・売主追加請求の手続

「自己株式の取得」とは、会社が、発行済の「自社株」を買い取ることをいいます。 かつては、自社株を買うことは禁止されていましたが、会社法の改正によって、一定の条件の下に、自己株式を取得することが可能となりました。 無条件で無制限に自己株式を取得できることとすると、会社財産を棄損し、債権者に損害を与えるおそれがあることから、「財源規制」がされています。 「自己株式の取得」は、会社法に定められた手続的ルールにしたがって、適切に行わなければなりません。「自己株式の取得」には、税務上の問題、株価上昇に与える影響とい ...

企業法務

2017/5/18

取締役の解任と、損害賠償が必要な「正当な理由」のない解任

創業時から一緒に事業拡大をしてきたメンバーであっても、どうしても意見の食い違い、性格の不一致などが表面化してしまうケースも少なくありません。 取締役を「解任」することは、「従業員の解雇」とは性質的に大きく異なりますから、混同しないように気を付けてください。 「正当な理由」が一切ないにもかかわらず、軽い気持ちで取締役を解任すれば、退任した取締役から「損害賠償請求」をされたり、会社自身の企業イメージが低下したりと大きなデメリットを受けるおそれがあります。 どうしても取締役を解任したいという場合は、株主総会決議 ...

企業法務

2017/5/18

取締役、監査役の役員報酬の決定・減額【平成26年会社法改正】

株式会社で、取締役、監査役などの「役員報酬」を決定する際には、法律、税務、経営などの様々なポイントからの検討を行う必要があります。 「役員報酬」の決定、減額などのときには、注意しておかなければならない法律上のポイントが多く存在します。 そもそも、「役員報酬」は、誰が決定すべきものでしょうか。代表取締役の一存で、他の取締役の「役員報酬」を減らすことができるのでしょうか。 ワンマン社長が、敵対する取締役の「役員報酬」を勝手に減らしたり、退職慰労金を不支給にしたりといった相談ケースが多く寄せられますが、トラブル ...

企業法務

2017/5/19

譲渡制限株式を譲渡する手続と、株式譲渡のスケジュール

「株式譲渡」とは、株式会社の株式を、契約によって譲渡することをいいます。 「株式譲渡」は、会社経営を行う上で、次のようなさまざまなタイミングで行われます。 取締役を兼ねていた創業時株主が取締役を退任するとき 創業者が会社を離れるとき 全株式を譲渡してM&Aを行うとき 原則として、会社法では「株式譲渡」が自由とされていますが、不適切な第三者への売買を避けるため、一部または全部の株式に「譲渡制限」を付ける会社が多いです。 「譲渡制限株式」を譲渡するためには、譲渡当事者間の「株式譲渡契約」だけでなく、株式会社に ...

企業法務

2017/5/18

取締役(役員)の選任、追加、変更の手続

取締役(役員)は、株主総会の決議によって選任されます。 「所有と経営の分離」といって、株式会社は、株式を保有する「株主」のものですが、経営は、株主から委任を受けた「取締役」が行います。 取締役には、原則2年の任期があります。株主総会の決議を得た上で、登記をする必要があります。登記のときに、取締役選任決議を行った株主総会の議事録を提出することが求められます。 事業を拡大していく上で、会社にとって重要な人物を取締役ないし役員に追加することは必須といってよいでしょう。 取締役に選任することにより、専門的知識を生 ...

企業法務

2017/5/18

株式分割の手続と、できる限り早く行うためのスケジュール

「株式分割」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 株式会社が、「株式分割」の手続を行った方がよいタイミングとは、どのような場合であるか、また、その際のスケジュールや手続について、弁護士が解説していきます。  例  例えば、エンジェル投資家が、御社への出資を申し出、御社としても「ぜひ増資したい!」と考えるケースを想定してください。 このケースでは、出資をしてくれた投資家に、「何株をいくらで交付するのか。」を決めなければなりません。 しかし、1株の価値が高すぎる場合、投資家の持分比率を細かく調整 ...

企業法務

2017/5/19

株式を発行する方法の全まとめ【新株発行手続とは?】

追加投資を、エンジェル投資家、VCから受けることとなった場合、増資をする場合など、株式会社の経営では、「株式を発行したい!」というタイミングが多くあります。 株式会社は、株式を発行することによって資金調達をし、資本を形成しますから、株式の発行には特別な手続が必要となります。 特に、株式は、経営に関する重要事項を決定するための「議決権」を意味するものでもあるため、株式発行の意思決定は慎重に行う必要があります。 会社設立から、資金調達を複数回にわたって行って急成長を目指すのであれば、スピーディに行えるよう、新 ...

企業法務

2017/5/18

取締役の決定と、取締役会の招集・決議のポイント

取締役(役員)が代表取締役1名のみである場合、すなわち、社長だけが役員の会社では、社長が経営についての重要事項をすべて自分1人で決定することができます。 これに対して、取締役が複数いる場合には、経営についての決定には、一定の手続きが必要となります。 経営についての意思決定は、スピードが重要で、このことは、特にスピードが重視されるベンチャーの経営では当然です。 「取締役会」を設置した場合には、「取締役会」を招集し、「取締役会」の決議によって経営についての重要事項の意思決定をする必要があることから、「機動性」 ...

企業法務

2017/5/23

誤嚥による介護事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

介護施設を利用する高齢者の場合、飲み込む喉の力が、加齢によって衰えています。そのため、食べ物をのどに詰まらせる事故が、よく発生します。 「誤嚥」とは、誤って飲み込んでしまったり、気管に入れてしまったりすることにより、ものを喉に詰まらせてしまう「介護事故」をいいます。 介護サービス中に発生しやすい誤嚥事故の特徴は、死亡事故のおそれが比較的高いことです。特に、気管にものを入れてしまう誤嚥事故の場合には、窒息によって死亡事故となるケースが少なくありません。 また、誤嚥は、「誤嚥性肺炎」という肺炎の原因ともなりま ...

企業法務

2017/5/23

転倒・転落事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

医療・介護分野で、施設内の「介護事故」のうち最も多く発生しているのが、「転倒・転落事故」です。 転倒・転落事故は、いつでもどこでも発生する可能性があるため、常に注意しておかなければなりません。 いつでも発生する介護事故であるからこそ、発生した場合には、介護施設側の過失が認められやすくなってしまいます。 特に、介護施設を利用する高齢者は、足腰が弱っており、慎重に注意したとしても、転倒・転落事故が起きやすい状態にあります。 万が一転倒・転落事故が起きてしまった場合に備えて、介護事業者の法的責任についても、裁判 ...

企業法務

2017/5/23

介護現場で起こった事故への対応と事後処理

介護現場において重大な事故が起きたとき、どのように事後の対応を行えばよいのでしょうか。 事後の適切な対応を怠ると、利用者やその家族との間で、「損害賠償請求」などの問題となるほか、介護施設の悪評につながり、事業所の経営自体に悪影響があるおそれがあります。 悪質な「介護事故」の隠ぺいのケースでは、行政からも厳しい制裁を受ける可能性があります。例えば、指定取消し、業務停止などがこれにあたります。 したがって、重大事故が起きた場合、介護施設の経営者として、スピーディに適切な対応をするため、事故対応のポイントを弁護 ...

企業法務

2017/5/23

介護現場でよく起こる「人的トラブル」の対応方法

介護現場では、多くの関係者が働いています。人が人に対して行うサービスである以上、「人的トラブル」をゼロにすることは困難です。 介護現場では、多くの人的トラブルが起こります。利用者間で起こることもあれば、介護職員間で起こっているもの、利用者のご家族と施設との間で起こっているものなど、様々な種類があります。 介護の関係者には、介護に関する多くのストレスがかかっていることから、恒常的に、人的トラブルの起きやすい状態といっても過言ではありません。 今回は、介護現場でよく起こる「人的トラブル」の対応方法を、企業法務 ...

企業法務

2017/5/23

介護現場で増える「介護事故」を、訴訟にしない予防策

少子高齢化が進行するにつれ、医療・介護業界は今後もますます需要拡大が予想されます。 しかし一方で、介護人材の不足、介護保険料問題、虐待問題など、多くのトラブルを抱えているのも事実です。中でも、介護対象者の生命にかかわる重要な問題が「介護事故」です。 「介護事故」は増加傾向にあり、いつ御社の事業所が「介護事故」に見舞われるかわかりません。「介護事故」となった場合、訴訟問題にしないためにも、平常時からの入念な準備が必須です。 今回は、介護現場で増える「介護事故」を訴訟問題にしないための予防策を、企業法務を得意 ...

企業法務

2017/5/20

定時株主総会の手続の流れと、省略のポイント

株式会社を経営するにあたっては、「定時株主総会」の手続きを避けて通ることはできません。 「定時株主総会」の大まかな流れを理解するのは当然ですが、この流れをすべて実践することは難しい場合もあります。  例  例えば、ベンチャー企業や中小企業の場合には、株主総会をできる限り早く行わなければ、資金調達が間に合わずに資金ショートしてしまうなど、意思決定に緊急性を要するケースも多いのではないでしょうか。 意思決定がスピーディに行えることは、ベンチャー企業の非常に重要な武器にもなります。 会社の意思決定のスピードが重 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】