確定申告

税務・会計

2020/4/27

新型コロナウイルスによる税の申告期限の延長と、会社の適切な対応

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、国税の申告・納税の期限が延長されています。個人の確定申告が、通常の期限である3月15日から延長されたことから「確定しない申告」などと報道され、話題になりました。 新型コロナウイルス禍の勢いはとどまるところを知らず、終息の見通しは立っていません。そのため、個人・法人の申告期限・納税期限もまた、相当柔軟な対応がとられています。 しかし一方で、新型コロナウイルスによって新たにもうけられた特例的な貸付制度を利用する場合には、売上などの数値が必要となることから、決算申告が必要 ...

税務・会計

2019/6/17

予定納税とは?払わなければいけない?支払時期・減額申請・還付申告

「予定納税」という言葉を聞いたことがある個人事業主の方も多いのではないでしょうか。個人事業主として、一定額以上の所得を稼ぐと、「予定納税」の通知がきて、予定納税額の納付をしなければなりません。 初めて「予定納税」の通知を受けた個人事業主は、「追加で税金を払わなければならないのか」とびっくりする方も多いです。毎年、通知された金額を、特に何もせず支払い続けている、という方も多いです。 予定納税とは、1年分の納税額を分割納付することで、個人事業主の税額負担を低下させる制度です。 個人事業主として(経営者として) ...

ベンチャー法務

2017/5/19

個人事業主と法人化のメリット・デメリットとは?弁護士がわかりやすく解説!

「個人事業主」「法人化(法人成り)」という言葉を耳にすることはあるけれど、実はよくわかっていない、という方も少なくないのではないでしょうか。 独立や開業を考え、会社をつくろう、と一口に言っても法人格の形態はひとつではありません。 起業して社長になりたいと思ったら、個人事業主から始める方法と法人化する方法の2種類の方法があります。 既に個人事業主としてビジネスをしている方であれば、「法人成り」するかどうかを検討することが必要です。ただ、個人事業主、法人にはメリットとデメリットがあり、適切に選択が必要となりま ...

企業法務

2020/3/30

良い税理士の選び方と、弁護士と税理士の違い【弁護士解説】

「税金」の問題は、非常に複雑で難しい分野です。 税金のルールを決めているのは、「所得税法」「法人税法」などの「税法」、すなわち、「法律」です。しかし、弁護士といえども全ての税法を詳しく理解することは困難であり、毎年繰り返される改正を勉強し、適切な税務申告を行うためには、「税理士」の協力が必須です。 起業当初のベンチャーやスタートアップ、個人事業主の場合、税理士に任せず、自分で申告をしていることもあります。しかし、法人を設立し、会社の経営が軌道にのってきたら、税務申告・経理業務は税理士に依頼するのが適切です ...

ベンチャー法務

2017/5/19

退職前の起業準備は違法?「副業から始める起業準備」とは。

会社員の方が、「起業しよう!」と考えたとしても、すぐに会社を退職して起業することには、大きなリスクがあります。 できれば、副業からはじめて少しずつ軌道に乗せ、うまくいき始めたところで会社を退職して起業したい、という考えの方が多いのではないでしょうか。 しかし一方で、副業・兼業が禁止されている会社も多いですし、副業や起業準備に精を出すあまりに、会社の仕事が手につかず、解雇されてしまっては元も子もありません。 中途半端な状況になって解雇されてしまえば、周囲からの評価も大きく下がってしまいます。 「副業から始め ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】