賃金規程

人事労務

2019/7/1

年功序列から成果主義へ変更する方法と、メリット・注意点

「働き方改革」をはじめとする昨今の流れは、旧来の日本的雇用慣行の変革にあります。 日本的雇用慣行の根底にあるのが「年功序列」の考え方です。会社に勤続している年数に応じて賃金を評価する制度であり、わかりやすくいえば、「長く会社に勤め続けるほど、賃金が高くなる」のです。 しかし、1つの会社に新卒から定年まで勤め続ける、という人はむしろ少なくなり、転職をしてキャリアアップを目指す人のほうが多くなった結果、「年功序列」は、機能しづらくなりました。 「年功序列」から「成果主義」へと賃金体系を変更する企業も増えていま ...

人事労務

2019/5/29

退職直前・直後のボーナス(賞与)支払う必要ある?減額できる?

多くの会社では、6月~7月に夏季賞与、11月~年末頃に冬季賞与を支払います。労働者にとっては待ち遠しい季節ですが、会社側、特に、業績のよくない会社にとっては、賞与(ボーナス)の負担が重くのしかかります。 従業員の中には、「賞与(ボーナス)をもらってから辞めよう。」と考え、賞与支給月の末に退職の意思表示をする者もいます。 退職直前、もしくは退職直後の社員(従業員)に対しても、賞与(ボーナス)を支払う必要があるのでしょうか。賞与(ボーナス)を少しでも減額できないものでしょうか。 既に退職後の「元社員」は当然、 ...

人事労務

2017/6/5

「接待ゴルフ」は休日出勤扱い?休日出勤手当(残業代)が必要?

営業マンを多く雇用している会社などの場合、「ゴルフ」が重要な営業ツールとなっている会社が少なくありません。いわゆる「接待ゴルフ」です。 「接待ゴルフ」を行っている営業マンから、「会社の営業のためにゴルフに行っているのだから、せめて休日出勤手当をもらえないのか。」という要求を受け、お悩みの経営者の方に、弁護士が回答します。 実際、「接待ゴルフ」を社員が行う場合には、交通費やゴルフ場使用料など、多くの経費がかかりますが、一方で、ゴルフは「レジャー」「趣味」という側面が強いものです。 今回は、営業マンから休日出 ...

人事労務

2019/5/29

社員が「給与を上げてほしい」と言ったとき、会社の適切な対応は?

従業員から、「給料(給与、賃金)を上げてほしい!」と要求されてしまい、お悩みの経営者に向けた解説です。 社員にとって、給与は生活の糧となる重要なお金ですから、高ければ高いほど良いのは当然です。しかし、会社の経営者にとっては逆に、「人件費」の金額には限界があり、無限に上げてあげられるわけではありません。 一方、従業員からの「給料を上げてほしい」との要求に、全く回答せずに放置すれば、従業員のモチベーションが下がり、離職率が上がります。人手不足の中小企業にとって、重要な幹部社員の退職は致命的です。 今回は、社員 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】