倒産

会社破産

2020/5/14

倒産するときの社員への説明のタイミングと、解雇・賃金のポイント

倒産をせざるをえないとき、社長以外の株主、役員、従業員、金融機関、取引先など、多くの利害関係人が存在しますが、中でも重要で、かつ、利害の程度も大きいのが「従業員」です。 社員への説明が不十分であったり、不適切であったりすると、倒産直前に労働トラブルとなり、円滑な倒産の妨げになることがあります。 社員としても生活の糧を失いますから、倒産を完全に納得してもらい、同意してもらうことは難しいでしょうが、残念ながら会社破産・法人破産せざるをえない場合でも社員への説明を十分におこない、理解を得ることが重要なポイントで ...

会社破産

2020/5/14

法人破産・会社破産のデメリットと、デメリットを回避して倒産する方法

業績が悪化し、倒産を考えざるを得ないタイミングで頭をよぎるのが「法人破産・会社破産のデメリット」ではないでしょうか。 テレビドラマや映画をみると、破産をする会社の社長は、債権者に怒鳴られたり殴られたり、夜逃げを余儀なくされてしまったりと、踏んだり蹴ったりの悲惨な状況がよく描かれています。しかし、これらのデメリットは、現実の法人破産・会社破産では起こりません。 少なくとも、適切な方法で進めていく限り、法人破産・会社破産のデメリットを最小限におさえ、できるだけ安全に会社を倒産させることができます。 破産は、裁 ...

会社破産

2020/5/14

倒産するための費用がなくても、会社破産する方法【弁護士解説】

会社を破産(倒産)させるというと、「会社のお金がなくなり、借入が返済しきれなくなったら」というイメージが強いです。しかし実際には、会社の資金が完全に尽きてしまった後での会社破産(法人破産)は、とても難しいです。 というのも、会社破産(法人破産)をするためには、弁護士費用、裁判所に支払う予納金などとして、一定の費用がどうしても必要となるからです。 とはいえ、将来売上があがる見込みは全くなく、資金もすでに底をついているといった場合には、会社破産(法人破産)を選択するほかありません。 そこで今回は、会社が業績不 ...

税務・会計

2019/6/17

黒字倒産はなぜ起こる?赤字でなくても注意すべきキャッシュフロー

「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 「黒字」だと、会社経営は非常にうまくいっていると思いがちで、「黒字」と「倒産」は結び付かないと思うかもしれませんが、実際にはそうではありません。 「黒字」でも倒産してしまう会社がよくニュースになっていますし、反対に、「赤字」であっても倒産しない企業も多くあります。 今回は、予想外の「黒字倒産」の危機におちいってしまわないために、なぜ「黒字倒産」が起こるのかについて、企業法務を得意とする弁護士が解説します。 「企業法務」の関連記事 求人票の労働 ...

債権回収

2017/5/26

取引先が倒産!迅速な初動対応のために債権届出が必要不可欠

昨年、2015年の倒産件数をご存知ですか。「取引先が倒産した」との連絡を受けても、あわてずに済むような、万全な準備はできていますか。 帝国データバンクによると、2015年の倒産件数は8517件(前年9180件、前年比7.2%減)と、6年連続で前年を下回っています。しかし負債総額は2兆108億800万円(前年1兆8678億円)と前年を7.7%も上回っています。 「うちの取引先は優良企業ばかりで業績も好調だから大丈夫。」と安心して取引先の管理を怠ってはいませんか。 業績好調な会社が、突如として資金繰りに苦しむ ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】