働き方改革

人事労務

2020/4/23

正社員から外注に変更できる?「社員の外注化」の方法と注意点

「働き方改革」において、正社員の多様化が叫ばれています。これにあわせて「正社員の外注化」をおこなう会社が増加しています。 古くは、新卒で入社した会社に長期的に雇用され、定年まで正社員として勤めるのが一般的でしたが、現在はそうではありません。個人の価値観が多様化し、ワークライフバランスを求める人のなかには「正社員であること」を重要視しない人もいます。 会社側もこの状況に対応する必要があり、多様な雇用形態を活用して優秀な人材を雇用し、人手不足を補う必要があります。その一環として、これまで正社員として雇用してい ...

人事労務

2019/5/20

働き方改革法で、産業医の権限強化!面接指導義務への会社の対応方法

「働き方改革関連法」では、労働者の健康と安全について定める「労働安全衛生法(労安衛法)」も改正されました。 具体的には、安全衛生管理体制において産業医の権限が強化され、また、健康の保持増進のための措置において、医師による面接指導規定が整備されました。 これにより、今後一層、会社側(使用者側)は、労働者の労働時間を適正に把握して、長時間労働の可能性があるときに、産業医の指導を得ながら対応していくことが求められます。 今回は、「働き方改革関連法」のうち、労働安全衛生法の改正について、企業の労働問題を得意とする ...

人事労務

2019/5/29

働き方改革法による新たな「労働時間の上限規制」と36協定

「働き方改革」における最重要のキーワードの1つが、「長時間労働の抑制」です。そのため、働き方改革関連法では、「労働時間の上限規制」について、新たなルールが導入されました。 つまり、時間外労働(残業)が、これまで以上に厳しく制限されることとなったのです。 あらたな労働時間数を延長する際の上限の導入に伴い、この上限規制にしたがった正しい「36協定(サブロク協定)」の締結、届出が必要となります。 今回は、労働時間の上限規制を守り、労働時間を適正に管理するための、改正労働基準法(労基法)の「労働時間の上限規制」に ...

人事労務

2019/5/22

「働き方改革関連法」と会社側(企業側)の対応方法の全まとめ!

2018年(平成30年)6月29日、「働き方改革関連法」が成立し、2019年(平成31年)4月1日より施行されました。 日本の労働情勢について大きく修正するための流れは、安倍内閣が推進する「働き方改革」により、これまで「働き方改革実現会議」において「働き方改革実行計画」が定められ、2027年までの10年間の長期目標とされてきました。 この政府主導による「働き方改革」で、日本の労働者の働き方を変えるための新ルールの基本となるのが「働き方改革関連法」です。 「違法な長時間労働の抑制」、「同一労働同一賃金」など ...

人事労務

2019/5/20

フレックスタイム制の改正!清算期間が3か月に延長!

働き方改革関連法では、フレックスタイム制についても重要な改正がなされます。 改正労働基準法(労基法)では、フレックスタイム制の清算期間の上限が、これまでの1か月から、3か月に延長されます。 この清算期間の上限延長を活用する場合には、会社側(使用者側)として気を付けて頂かなければならないポイントは、これまで以上に、残業代の正しい計算方法が複雑となる点です。 清算期間が1か月を超える場合には、従来の「清算期間の総枠」に加え、「1か月ごとの枠(週当たりの労働時間が50時間)」を超える時間もまた、法定時間外労働と ...

人事労務

2019/5/20

高度プロフェッショナル制度とは?導入方法・メリット・注意点

2019年(平成31年)4月より施行される働き方改革関連法によって、「高度プロフェッショナル制度」が導入されます。 この制度は「高プロ」と略され、一定の年収と高度の専門性を要件として、労働者の労働時間、休憩、休日、割増賃金(残業代)についての記載をなくす制度です。 「残業代がなくなる」という、とても影響力の大きい効果から、「高度プロフェッショナル制度」という用語を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。 しかし、新しい制度であり、制度導入には多くの注意点があります。そこで今回は、「高度プロフェッシ ...

人事労務

2019/5/20

「年次有給休暇管理簿」が義務化!作成・保存・管理のポイント5つ

2019年4月より施行された「働き方改革関連法」による改正内容の1つに、「年次有給休暇管理簿」の作成の義務化があります。これは、上場企業、大企業から中小企業、ベンチャー企業まで、規模・業種を問わず適用されます。 「働き方改革関連法」により、年10日以上の有給休暇の法定付与を受ける労働者に対して、会社がそのうち5日を必ず取得させなければならないことが義務とされました(「使用者の時季指定義務」といいます。)。 会社側(使用者側)に課せられた、有給休暇の時季指定義務(取得させる義務)を適切に果たすために準備すべ ...

人事労務

2019/5/20

労働条件の明示の方法が働き方改革で改正!メール・LINEもOK

会社(使用者)は、労働者(従業員)を雇うときには、その労働条件を理解してもらうために、事前に労働条件を明示しなければならないこととされています。 平成30年(2018年)6月29日に可決された働き方改革関連法では、労働基準法における労働条件明示のルールは変わらなかったものの、厚生労働省令が改正されたことにより、新たな明示方法が許されることとなりました。 新たな明示方法は、平成31年(2019年)4月1日から利用できます。 今回は、時代の流れを受けて、法改正で新たに許されることとなった、メール・FAXなど電 ...

人事労務

2019/5/20

働き方改革法は罰則あり?違反には刑事罰(罰金刑・懲役刑)も!

働き方改革法の施行が2019年4月10日(中小企業では2020年4月1日)に迫っています。しかし、「何から対応したらよいかわからない。」、という会社も多いのではないでしょうか。 優先準備をつけてスピーディに対応しなければならない改正法対応において、重要な判断基準が「違反すると罰則(ペナルティ)があるかどうか」です。 つまり、罰則(ペナルティ)のあるものから順に対応していくことがお勧めです。特に、刑事罰(懲役刑・罰金刑)を科されるおそれのあるものは、対応の優先順位が高いです。 罰則のある働き方改革法の条項は ...

人事労務

2019/5/21

裁判例からみた「同一労働同一賃金」の実務的対応は?【弁護士解説】

働き方改革関連法が成立し、あわせて短期間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律」と改称されます。)が改正され、同一労働同一賃金ガイドラインの内容も確定しました。 これに伴い、企業においても、今まで以上に「同一労働同一賃金」を意識し、就業規則の作成、変更、人事労務管理などの対応をすることが求められます。 そこで、今回は、「同一労働同一賃金」の基本的な内容と、企業が注意すべき労務管理の実務上のポイントなどを、企業の人事労務を得意とする弁護士が解説し ...

人事労務

2019/6/3

「有給休暇取得の義務化」への会社側の対応方法【働き方改革関連法】

平成30年(2018年)6月29日、国会において「働き方改革関連法」が可決・成立しました。「働き方改革関連法」の成立に伴い、有給休暇取得が義務化されることをご存知でしょうか。 企業側(会社側)の立場では、改正後の法令を遵守して適切な労務管理を行い、義務化された日数の有給休暇を必ず社員に取得させる対応が求められます。 有給休暇の義務化への対応方法として、「夏季休暇」、「年末年始休暇」など(いわゆる「法定外休暇」)に有給休暇を充当したり、計画年休(有給休暇の計画的付与)を検討するケースもあります。 今回は、有 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】