破産

会社破産

2020/4/27

新型コロナウイルスで倒産する会社が検討べき注意点・倒産回避策

新型コロナウイルスの感染拡大のあおりを受けて、倒産する会社が増加しています。 東京商工リサーチの統計によれば、緊急事態宣言の発令から一週間たった2020年4月14日時点で「新型コロナ」関連の経営破たんが全国で55件(倒産29件、準備中26件)となっています。 特に、インバウンド需要に頼っていた観光・宿泊業、自粛要請によって需要が激減した飲食業が36.3%と多数を占めています。新型コロナウイルス禍の終息はまだ見えておらず、今後も会社破産・法人破産が増加するおそれがあります。 そこで今回は、新型コロナウイルス ...

会社破産

2020/5/14

倒産するための費用がなくても、会社破産する方法【弁護士解説】

会社を破産(倒産)させるというと、「会社のお金がなくなり、借入が返済しきれなくなったら」というイメージが強いです。しかし実際には、会社の資金が完全に尽きてしまった後での会社破産(法人破産)は、とても難しいです。 というのも、会社破産(法人破産)をするためには、弁護士費用、裁判所に支払う予納金などとして、一定の費用がどうしても必要となるからです。 とはいえ、将来売上があがる見込みは全くなく、資金もすでに底をついているといった場合には、会社破産(法人破産)を選択するほかありません。 そこで今回は、会社が業績不 ...

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が、債務整理する方法・種類【比較まとめ】

会社の経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなった時、債務から免れるために「会社を破産させる」という手段を選ぶことがあります。 一生懸命経営してきた会社を破産させることは、辛く悲しいことですが、会社の「連帯保証人」となっていたがために、経営者自身も責任を負い、債務整理を余儀なくされることが少なくありません。 しかし、破産をすると経営者が持っているマイホームや財産のほとんどを失うこととなるため、「破産だけは避けたい…」と考えている経営者の方もいらっしゃると思います。 今回は、会社破産(法人破産)をした後、会社経 ...

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が、自己破産する方法・手続き【弁護士解説】

会社の経営が立ちいかなくなり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させるために、「会社破産(法人破産)」という手段を選ばざるをえないことがあります。 会社は、法律用語で「法人」といい、法律によって経営者個人とは別の人格を与えられた存在です。そのため、会社(法人)が破産したとしても、経営者個人が会社の負っていた債務の責任をすべて負うわけではありません。 しかし、会社が銀行など金融機関からお金を借りるとき、経営者が「連帯保証人」となっていた場合には、会社破産(法人破産)後は経営者が責任を負います。そのため、 ...

会社破産

2020/5/14

会社が破産したときの経営者の個人責任【弁護士解説】

経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させて立て直す手段として「会社破産(法人破産)」の方法があります。 会社の代表者(社長など)にとって、一生懸命経営してきた会社(法人)を破産させてしまうのは、まさに「断腸の思い」ですし、従業員に対して責任を感じる方も少なくありません。 一方で、会社破産(法人破産)の決断をしたとしても、「会社が払えなかったお金を自分が支払わなければいけないのではないか」「自分も一緒に破産したほうがよいのか」「今後の生活をどうしたらよいのか」と不安を覚える方も多いかと思 ...

税務・会計

2019/6/17

黒字倒産はなぜ起こる?赤字でなくても注意すべきキャッシュフロー

「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 「黒字」だと、会社経営は非常にうまくいっていると思いがちで、「黒字」と「倒産」は結び付かないと思うかもしれませんが、実際にはそうではありません。 「黒字」でも倒産してしまう会社がよくニュースになっていますし、反対に、「赤字」であっても倒産しない企業も多くあります。 今回は、予想外の「黒字倒産」の危機におちいってしまわないために、なぜ「黒字倒産」が起こるのかについて、企業法務を得意とする弁護士が解説します。 「企業法務」の関連記事 介護現場で起 ...

債権回収

2017/5/26

取引先の信用不安!債権回収の4つの初動対応と、破産前の準備

債権回収を考える際、取引先が信用不安に陥り、時々刻々と経営状況が悪化し、最終的に破産に至るまでには、各段階に応じた適切な対応を行わなければなりません。 というのも、破産する会社は、ある日突然破産するように見えますが、実際に注意してチェックし、適時に対応していれば、その兆候は明らかにわかります。 債権回収は、次のような段階で進みますが、できる限り早い段階で着手しましょう。 信用不安の顕在化 支払猶予の依頼 分割払いの依頼 破産等の通知 早期に債権回収のための手立てを打つことによって回収可能性は格段に高まりま ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】