経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

IT法務

検索サイト(Google)キャッシュの削除方法!検索結果に残る投稿の対応

投稿日:

個別のサイトを「削除請求」によって消すことに成功したとしても、検索サイトの検索結果には残り続けてしまうというケースの法律相談があります。

検索サイト、特にGoogleでインターネット上の情報を検索することは、ウェブの利用者のごく一般的な行動であるため、検索結果に残り続けることは、多くの人の目に触れることとなります。

そこで、個別サイトの「削除請求」の後に、Googleに対しても、検索結果から削除するよう求めるという方法が考えられます。

今回は、検索結果に残る違法な投稿への対応として、検索サイト(Google)キャッシュの削除請求の方法を、IT法務を得意とする弁護士が解説します。

1. なぜ検索結果に残り続けるの?

個別のサイトを削除請求し、消すことに成功した後であっても、Googleなどの検索結果に残り続ける理由を知ることによって、対策を講じることができます。

Googleなど検索サイトの検索結果に、削除済のサイトが残り続ける理由は、Googleの保存している「キャッシュ(Cache)」にあります。

Googleをはじめとする検索サイトは、あらかじめ、「クローラー」というプログラムにより、ウェブサイトの情報を自社のサーバー内に取り込み、データベースを作成します。

このデータベースが、個別サイトの本体を削除した後も、しばらくの間データが残り続けることにより「削除請求したのに検索結果から消えない!」という事態が発生するのです。

2. 検索サイトのキャッシュ削除の方法

検索サイト(Google)の検索結果に、削除した後もサイトが残り続けてしまう理由が、Googleのキャッシュにあることから、対応策としては、「キャッシュの削除」を行うことになります。

そこで、検索サイト(Google)のキャッシュを削除請求するための、具体的な方法について、弁護士が解説します。

2.1. キャッシュの任意の削除請求

個別のサイトを削除したとしても検索結果に残り続ける理由は「キャッシュ」にあるわけです。

Googleは、クローラーというプログラムによって日々キャッシュを更新していますので、個別サイトの「削除請求」に成功すれば、検索結果にも数日程度で反映されることが一般的です。

しかし、中には個別サイトを削除した後も、全く検索結果から消えない、というケースもあります。この場合、まずは、Googleに対する任意の削除請求を試してみてください。

2.2. キャッシュ削除仮処分

任意の交渉によっても削除請求が成功しない場合には、「削除仮処分」によることとなります。

Googleの考え方として、検索結果よりも先に個別サイトを削除すべき、というものがあるため、個別サイトの削除仮処分による削除が成功しているかどうか、今一度確認しておきましょう。

ただし、検索結果に対する削除仮処分を行うためには、検索結果に違法な表現が含まれていて、権利侵害されている必要があります。

検索結果の記載に権利侵害がない場合には、キャッシュ削除仮処分が法的には認められないおそれがあります。

3. キャッシュ以外の原因で検索結果が消えないケース

ここまでお読みいただきました通り、「検索結果から消えない!」という相談の多くは、Googleのキャッシュが残り続けていることが原因です。

しかし、中には、よく分析してみるとその原因はGoogleのキャッシュではないというケースもあり、適切な対応策を選択する必要があります。

検索サイトのキャッシュが原因でない場合で、検索結果から削除されないトラブルの原因には、次のようなものが考えられます。

3.1. パソコンのキャッシュが原因

ご使用されているパソコンに原因があるという場合があります。

パソコンのブラウザ(インターネット上の情報を閲覧するためのソフト)は、表示速度を上げるために、過去に見た記事のデータを保存しています。つまり、Googleだけでなく、パソコンにも「キャッシュ」が保存されているのです。

パソコン内に保存されたキャッシュをクリア(削除)しないままウェブサイトを閲覧していた場合、過去の情報が見えてしまっている結果、検索結果から削除されていないように見える、というケースがあります。

この場合、対応策としては、ブラウザの設定でキャッシュを削除して、再度試してみてください。

3.2. 別URL、コピーサイト

「キャッシュ」による技術的な理由ではなく、そもそも「削除できた!」と思っていた個別サイトの削除請求が、十分ではなかったというケースもあります。

「削除請求」は、URL単位で行われます。

しかし、インターネット上の情報は日々コピーされており、特に「2ちゃんねる」などの有名サイトの場合には、コピーサイト、まとめサイトが多く出現しているときは、それぞれ個別に対応が必要となります。

「削除請求」を弁護士に依頼する際には、対象となるURLを特定して依頼するよう注意しましょう。

4. 個別サイトを削除できない場合

個別サイトが、海外法人の管理するサーバーにあるなど、「削除請求」に手間がかかったり、技術的に削除が困難であったりするケースがあります。

個別サイトが削除しきれないときに、検索結果からの削除をすることによって、同じ効果を得ようとする場合がありますが、Googleはこのような便宜的な削除には消極的です。

削除仮処分で勝っただけでは解決せず、その後、さまざまな異議申立の方法を駆使されることによって、結果として手間と費用がかさむ、というリスクもあるため、注意が必要です。

5. まとめ

今回は、「個別サイトの削除請求が成功したのに、Google検索結果から消えない。」という法律相談について、弁護士が回答しました。

インターネット上の悪質な投稿、違法な情報発信でお悩みの会社経営者の方は、IT法務を得意とする弁護士に、お早目に法律相談ください。

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

-IT法務
-, ,

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2018 AllRights Reserved.