連帯保証人

会社破産

2020/5/14

破産した会社経営者は再起できる?再出発して起業する方法まとめ

経営が行き詰まって「会社破産(法人破産)」してしまい、会社経営者(代表者)も「連帯保証人」として責任を負い「個人破産」を同時にせざるをえない状況となったとき、会社経営者は、破産後にどのような道を歩むのでしょうか。 このような会社経営者の中には、失意のうちに「経営を引退」する方もいます。しかし一方で、くやしさをバネに「再起」を図り、「再出発(リスタート)」して再度起業する人も少なくありません。 ひとたび会社破産(法人破産)してしまったとしても、再出発して起業することは可能であり、サポートする制度も用意されて ...

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が、個人再生する方法・手続き【弁護士解説】

会社の経営が破綻し、「会社破産(法人破産)」に至ると、会社経営者(代表者)も「連帯保証人」「担保提供者」などとして重い債務を負うことがあります。その債務を弁済できないときは、経営者自身も何らかの債務整理の手続きが必要です。 よく活用される債務整理の方法には、「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つがあります。 会社破産(法人破産)をきっかけに債務整理するとき、もっともよく利用されるのが「会社と同時に自己破産する」という方法です。しかし、「自己破産」をすれば、会社経営者が個人的に所有していた価値ある財産を ...

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が自己破産しても、手元に残る「自由財産」とは?

会社の経営が行き詰まり、会社の資金繰りが出来なくなったとき、会社を倒産させるという選択肢をとらざるを得なくなることがあります。 更には、会社経営者(代表者)が会社の「連帯保証人」になっていた場合、会社破産(法人破産)してしまうと連帯保証をしていた債務について自ら支払う義務を負います。 自身の支払い能力を超える多額の債務を負った会社経営者(代表者)の中には、「会社破産(法人破産)後、自分はどうやって生活をしたらよいのか」「少しでも個人資産を残したい」という不安にかられるのではないでしょうか。 しかし、会社( ...

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が、債務整理する方法・種類【比較まとめ】

会社の経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなった時、債務から免れるために「会社を破産させる」という手段を選ぶことがあります。 一生懸命経営してきた会社を破産させることは、辛く悲しいことですが、会社の「連帯保証人」となっていたがために、経営者自身も責任を負い、債務整理を余儀なくされることが少なくありません。 しかし、破産をすると経営者が持っているマイホームや財産のほとんどを失うこととなるため、「破産だけは避けたい…」と考えている経営者の方もいらっしゃると思います。 今回は、会社破産(法人破産)をした後、会社経 ...

会社破産

2020/5/14

倒産した会社の経営者が、自己破産する方法・手続き【弁護士解説】

会社の経営が立ちいかなくなり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させるために、「会社破産(法人破産)」という手段を選ばざるをえないことがあります。 会社は、法律用語で「法人」といい、法律によって経営者個人とは別の人格を与えられた存在です。そのため、会社(法人)が破産したとしても、経営者個人が会社の負っていた債務の責任をすべて負うわけではありません。 しかし、会社が銀行など金融機関からお金を借りるとき、経営者が「連帯保証人」となっていた場合には、会社破産(法人破産)後は経営者が責任を負います。そのため、 ...

会社破産

2020/5/14

会社が破産したときの経営者の個人責任【弁護士解説】

経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させて立て直す手段として「会社破産(法人破産)」の方法があります。 会社の代表者(社長など)にとって、一生懸命経営してきた会社(法人)を破産させてしまうのは、まさに「断腸の思い」ですし、従業員に対して責任を感じる方も少なくありません。 一方で、会社破産(法人破産)の決断をしたとしても、「会社が払えなかったお金を自分が支払わなければいけないのではないか」「自分も一緒に破産したほうがよいのか」「今後の生活をどうしたらよいのか」と不安を覚える方も多いかと思 ...

債権回収

2017/5/26

債権回収で、社長・役員の経営責任を追及される?

債務者である取引先が債権を全く支払ってくれないとき、「社長はお金があるのに・・・。」「役員は豪華な生活をしているのを知っている。」というケースがあります。 債権が未払となるような状況にまで経営悪化させたことについて、役員や社長の責任を追及したいというケースです。 しかし、たとえオーナー社長といえども、法的には、会社それ自体とは法人格が別であり、会社の債権回収を、社長、役員に対して責任追及はできないのが原則です。 もちろん、社長が連帯保証をしていれば、社長から債権回収できますが、そのようなケースばかりではあ ...

債権回収

2017/5/26

連帯保証人をつけるポイントはこれ!債権回収に強い弁護士が解説【民法改正対応!】

「債権を確実に回収するための手段とは?」、どのような手段が思い浮かびますか? 企業を経営する上で、悩みのつきないのが債権回収という分野です。 いざ債権を回収しようとしても、財産が全くない状態となってしまえば、回収不能です。このような緊急事態に効果を発揮するのが「担保」です。 不動産を担保とする抵当権など物的担保、保証人を担保とする人的担保がありますが、有効な担保設定に成功すれば、債権回収の不安なく本業に専念できます。 しかし、実際、多くの中小企業は、相手方企業との力関係、円満なビジネスなどの事情により、連 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】