経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

人事労務

「ソーハラ」被害への会社の対応は?慰謝料請求のリスク

投稿日:

「ソーハラ」という言葉をご存じの経営者の方は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

最近になって、「ソーハラ」という、新たなハラスメントが、問題視されつつあります。

権利意識の高い労働者から、「ソーハラ」について、会社の責任を問われてしまったとき、「ソーハラ」について十分な理解がないと、会社としての対応を誤るおそれがあります。

FacebookやTwitter、インスタグラムなど、SNS、ソーシャルメディアが流行している現代特有のハラスメント(嫌がらせ)である「ソーハラ」について、対処法を理解し、人的トラブルが大事になるのを回避しましょう。

今回は、企業の人事労務を得意とする弁護士が、最近話題の「ソーハラ」と、会社の適切な対応について解説します。

1. そもそも「ソーハラ」とは?

まずは、この耳慣れない「ソーハラ」という単語について解説します。

「ソーハラ」は、「ソーシャルメディアハラスメント」の略称です。直訳すると、「ソーシャルメディアでの嫌がらせ」というところでしょう。

Facebook、Twitterなど、現実と密接に結びついたインターネットメディアである「ソーシャルメディア」が流行しています。

職場の力関係を利用した嫌がらせは、いろいろなところで起こりますが、「ソーシャルメディア」で起こるのが、「ソーハラ」です。そのため、基本的な考え方は、「パワハラ」と変わりません。

2. どこからが「ソーハラ」?

「ソーハラ」は、その行為自体が、最近利用されるようになったSNSなどのソーシャルメディアを介したものであるため、果たしてどこからが「ソーハラ」なのか、という判断が非常に難しいです。

昔から問題となっていた「セクハラ」や「パワハラ」であれば、先例となる裁判例などが多くあるため、ある程度予想がつきますが、「ソーハラ」の場合、先例がないため、参考にできません。

そこで、どこからが「ソーハラ」なのか、慎重な検討をし、無自覚に「ソーハラ」加害者とならないようにしなければなりません。

2.1. 相手が不快に思ったら

相手が不快に思ったら、「ソーハラ」であると考えて思いとどまった方がよいでしょう。

特に、FacebookやTwitterなどのSNSは、プライベートで利用するものですから、「公私混同」をしてしまうことは、原則として「不快」と思われていると考えた方が安全です。

直接、被害者となる部下に対して尋ねても、「嫌です!」ときっぱりと言わない場合もありますので、適度な距離感は、会社、上司の側からとるようにしなければなりません。

2.2. 私生活に踏み込まない

たとえ会社が労働者を雇っているとはいっても、命令をできるのは、業務時間中だけです。そして、その命令も、業務に必要なものに限られます。

そのため、ソーシャルメディア、SNSでの行為について、労働者に命令をするようなことがあっては、「ソーハラ」とされても仕方ありません。

従業員(社員)の私生活には、会社は一切踏み込んではいけません。

 注意! 

これに対して、最近、従業員(社員)のソーシャルメディア上での行為によって、会社が、企業イメージの低下など、大きな損失を被る例が社会問題化しました。

Twitterなどで、業務中に問題行為を起こしている姿を拡散してしまったようなケースです。

「私生活に踏み込んだら『ソーハラ』だ。」と解説しましたが、業務に関するFacebook、TwitterなどのSNSの使い方については、むしろ経営者が労働者に対して、厳しく注意指導しなければいけません。

3. 「ソーハラ」による会社、経営者のリスク

どのような行為が「ソーハラ」となるかを理解していただいたところで、次に、経営者が、会社内で起こる「ソーハラ」に対応しないことにより、どのようなリスクがあるかを、弁護士が解説します。

経営者が「ソーハラ」を放置するリスクを理解していただいた上で、次の章で解説する対処法、予防策をそれぞれ行うようにしてください。

3.1. 安全配慮義務違反による慰謝料請求

会社は、雇っている労働者を、安全は環境ではたらけるように配慮する義務があります。これを、労働法の専門用語で「安全配慮義務」といいます。

「ソーハラ」が起こって精神的なダメージを食らうような職場は、「安全」とは言い難いことは容易にご理解いただけるでしょう。

そのため、「ソーハラ」が起こったまま放置していては、会社、経営者は、「安全配慮義務」に違反しているとして、労働審判や訴訟などで、慰謝料請求を受けることとなります。

また、経営者自身が、自分の気付かないうちに「ソーハラ」の加害者になってしまっている場合も同様です。

3.2. 従業員の士気の低下

「ソーハラ」が起こる職場では、従業員の士気が低下します。

プライベートと仕事の境目が、インターネット上のソーシャルメディアを介して曖昧になりますから、従業員は、常に上司や会社と関わっていなければならない気持ちになります。

労働者にとって、職場と関わり続けなければならないことはプレッシャーとなり、離職率も高くなるおそれがあります。

 注意! 

常にソーシャルメディアでのつながりを強要されるような「ソーハラ」の場合には、その時間が「労働時間」と認定され、多額の残業代請求をされたり、メンタルヘルスにり患してしまったりするおそれがあります。

ソーシャルメディア上での行為を強要してしまったときには、それが「労働時間」「残業時間」と評価される可能性についても検討しておいた方がよいでしょう。

3.3. 企業イメージの低下

「ソーハラ」は、最近出現した新たな問題です。

そのため、話題性があり、「ソーハラ」が常に横行している会社だと評判になると、企業イメージは大きく低下します。

インターネット上の行為は、拡散スピードが早く、コピーが容易であるため情報が広がるのも簡単です。御社の企業イメージが低下する前に、「ソーハラ」にスピーディに対処しましょう。

4. 「ソーハラ」被害への会社の対応方法

ここまでお読み頂ければ、「ソーハラ」への適切な対処は、会社として、経営者として必須であることがご理解いただけたことでしょう。

そこで、「ソーハラ」被害に対し、会社としての適切な対応方法について、弁護士が解説します。

4.1. 被害申告にはすぐ対応

「ソーハラを受けた!」という被害申告があったとき、会社として、経営者としては、スピードを最優先に対応してください。

というのも、「ソーハラ」被害に気付かなかった場合には、事後対応をするしかないわけですが、長期間対応をせず「会社に放置された。」という印象を抱かれては、「ソーハラ」被害者にとって、二次被害となるためです。

「ソーハラ」被害者が、「会社の対応が悪い。」と考えれば、会社に対する「安全配慮義務」違反の慰謝料請求は避けられません。

4.2. 正確に事情聴取する

「ソーハラ」への会社の対応方針を決めるにあたって、被害状況を、正確に把握しなければなりません。

スピードを重視しながら、かつ、正確性も必要となるため、IT法務に強い弁護士の助力が有益です。

事情聴取をするときには、「ソーハラ」の被害者側、加害者側いずれからも事情聴取するとともに、客観的な事実、証拠に照らして、事実関係を判断するようにしてください。

4.3. 「ソーハラ」加害者には制裁

「ソーハラ」が存在することが明らかになったときは、「ソーハラ」加害者に対しては、何らかの制裁を、会社として下すべきでしょう。

特に、故意で(わざと)、嫌がらせ目的で「ソーハラ」をした従業員がいる場合、悪質なケースでは、厳しい制裁が必要です。

企業秩序に違反したものとして、懲戒処分をすべきです。どの種類の懲戒処分をするかは、次の要素を考慮して決めてください。

  • ソーハラ行為の種類、程度(悪質性)
  • ソーハラ行為の回数
  • ソーハラ行為の意図、目的
  • 被害者側の処罰感情
  • 加害者側の反省、謝罪
  • ソーハラ加害者の地位、役職、職責
  • ソーハラ当事者の上下関係の有無

5. 事前の「ソーハラ」予防法

前章では、「ソーハラ」被害が起こってしまったときの対策を解説しましたが、事前予防に越したことはありません。

「ソーハラ」被害が起こってしまえば、それが業務に関することであると、会社として、経営者として、「知らなかった」では済まされません。そこで、まずは事前予防を徹底しましょう。

5.1. SNS、インターネットについての教育

インターネットやSNSは、最近利用されはじめたものです。年配の社員の中には、「SNSってよくわからない。」という人もいるでしょう。

FacebookやTwitterを利用したことのない社員も、会社によっては多くいるかもしれません。

そこで、SNSやインターネットの基礎知識を持ってもらうとともに、やってはいけない禁止行為について、会社が教育をする必要があります。

5.2. ソーハラ事例の共有

特に、「ソーハラ」については、個人の考えによっても、プライベートに踏み込まれたくないという気持ちは違ってきます。

そのため、「問題になる可能性がある行為は行わない。」という対応を原則としなければ、事前予防として十分とはいえません。

そこで、「ソーハラ」として問題となった事例を、IT法務に強い弁護士など、社外の講師に依頼して、事例の共有を進めることが、予防策として有益です。

6. まとめ

今回は、SNSの流行によって新たに生まれた問題である「ソーハラ」について、その基礎知識と対処法を解説しました。

社内で「ソーハラ」被害が起こり、対応にお困りの会社の方、経営者の方は、IT法務を得意とする弁護士に、お気軽に法律相談ください。

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

-人事労務
-, , , ,

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2018 AllRights Reserved.