チェック・オフ

人事労務

2020/3/26

チェック・オフとは?制度導入と廃止時の会社側の注意点は?

「チェック・オフ」は、労働組合の代わりに、会社(使用者)が組合費を徴収する制度のことで、会社が労働組合に与える「便宜供与」の1つです。 労働組合は、労働者による「自主的」な団体でなければならず、会社から経費援助その他の便宜供与を受けてはならないのが原則ですが、例外がいくつか認められており、チェック・オフもその1つです。 そのため、チェック・オフは、労働組合から要求されたとしても、会社側として必ず応じなければならないものではありませんが、制度を導入したり廃止したりするときには、「不当労働行為」の責任を負わな ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】