労働審判

人事労務

2020/3/27

「労働審判」と「あっせん」はどう違う?あっせんへの対応方法

労働者と会社との間の労働トラブルを解決する方法には、労働審判をはじめとして、いくつかの方法があります。そして、その中でも「労働審判」と似た制度に「あっせん」があります。 労働審判もあっせんも、話し合いによって労働問題を解決する方法であるという点で共通していますが、異なるポイントもあります。 しかし、あっせんもまた労働審判と同様、会社側(使用者側)の有利に、かつ、スピーディに解決するためには、対応方法に注意して進める必要があります。 今回は、「労働審判」と「あっせん」の違い、「あっせん」の対応方法について、 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判は「非公開」!労働審判の申立てを受けた会社は公開される?

労働者から突然、労働審判の申立てを受けてしまった会社が心配することは、「企業イメージが低下するのでは?」という点です。 特に「ブラック企業」が社会問題化する昨今、労働問題の放置、悪化が、会社のイメージに影響することは明らかです。労働トラブルが「公開」され、明るみに出ることは、さぞ不安なことでしょう。 労働審判は、訴訟とは異なり「非公開」の手続きです。労働審判を申し立てられただけでは、社外の第三者に労働トラブルを知られることはありません。 今回は、労働審判の申し立てを受けた会社が、「非公開」で労働問題を解決 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判にかかる期間「約70日」!相談から解決までの期間を短縮する方法

「不当解雇」や「残業代請求」などの労働トラブルで、労働審判の申し立てを受けてしまった会社が、特に気にするのが、「解決までにかかる期間」についてでしょう。 特に、労働審判の場合、会社の担当者や、場合によっては社長(代表者)が出席(参加)して対応を余儀なくされるため、会社の事業がストップしたり、人件費が余計にかかったりします。 会社側(使用者側)としては、できるだけ短い期間で解決したいでしょうが、焦りは禁物です。労働者側としても、労働審判を利用している以上、「話し合い(交渉)」の余地があるからです。 今回は、 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判に強い弁護士の選び方と、良い弁護士の判断基準(会社側・使用者側)

労働審判を申し立てられてしまった会社が、できるだけ有利な解決を得るためには、労働問題を得意とする弁護士に依頼することが重要です。 「弁護士」といっても、その得意分野は様々で、労働問題をあまり取り扱っていない弁護士も多くいます。また、同じ労働問題でも「会社側(使用者側)」と「労働者側」とでは、注意すべきポイントが異なります。 労働審判の申立てを受けてしまうと、会社としては、答弁書提出の期限まであまり時間がないことが多く、焦りがちです。 今回は、労働審判に強い弁護士の選び方と、良い弁護士の判断基準について、企 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判完全ガイド│労働審判対応に強い弁護士を探す方へ【会社側・使用者側】

労働者側から労働審判の申立てをされてしまったとき、会社側(使用者側)としては、不利な立場からのスタートとなります。 労働審判で特に重要となる法律である「労働基準法」が、会社側(使用者側)に不利な、つまり、「労働者保護」の考え方をもとに作られているからです。 私達は、「会社側(使用者側)」の立場での労働審判対応を得意とする弁護士として、労働審判において会社がどのような対応を心がけるべきか、法律相談で指導、アドバイス差し上げております。 その一部を、「労働審判完全ガイド」として、解説にまとめました。労働審判へ ...

人事労務

2020/3/27

労働審判に参加(出席)するとき、期日での対応・発言で注意するポイントは?

労働審判の手続きでは、第1回期日の当日に、当事者が証言した事実が、非常に重要視されます。 労働審判が、労働者保護のためのスピーディな解決を目的とする制度であることから、有利だと思われる証拠を大量に提出することは審理の妨げとなってしまうからです。 しかし、会社側の担当者や代表者(社長)が、労働審判に参加(出席)するときに、不利な発言、証言をしてしまうと、取返しがつかないおそれもあります。 今回は、労働審判に参加(出席)するとき、期日での対応、発言で注意すべきポイントを、企業の労働問題(人事労務)を得意とする ...

人事労務

2020/3/27

労働審判の解決方法は「調停」「労働審判」の2つ!どちらで解決すべき?

労働審判の手続きを、会社側(使用者側)に有利に進めていくと、最後に待っているのは「調停」もしくは「労働審判」という、労働審判の解決です。 最終的に、会社側(使用者側)に有利な解決とするためには、会社としては「調停」と「労働審判」いずれの解決が適切といえるのでしょうか。メリット、デメリットを検討してください。 また、「調停」と「労働審判」以外の特殊な解決についても、スケジュールと流れを理解してください。 今回は、労働審判の解決方法のうち、「調停」と「労働審判」の選択について、企業の労働問題を得意とする弁護士 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判における会社側の出席者と、準備の進め方のポイント

労働審判を申し立てられてしまった会社の方からよく質問があるのが、「労働審判の期日には誰が参加するべきか。」という点です。 会社側(使用者側)で対応する際には、準備期間があまりなく、参加する必要がある関係者の予定は、裁判所から呼出を受けたらすぐにスケジュールをおさえていただく必要があります。 労働審判は、こちらの解説で説明しているとおり、第1回期日がとても重要です。そのため、第1回期日に参加できないことが、会社にとって大きなデメリットともなりかねません。 今回は、労働審判における会社側の出席者と、労働審判の ...

人事労務

2020/3/27

労働審判の第1回期日の重要性(事前準備・出頭・期日決定の方法)

労働審判を労働者から申し立てられてしまった場合には、裁判所から突然「呼出状」とともに労働審判申立書の写しが届きます。 労働審判や裁判を経験したことのない会社経営者はもちろん、経験したことがあっても、突然裁判所から呼出状が届くと、驚いて対応に苦慮することが通常でしょう。 労働審判の期日には、社長(代表者)が出頭することが原則ですが、弁護士を代理人として依頼し、代わりに出頭してもらうことも可能です。 今回は、労働審判の期日の決まり方と、いつ、誰が出頭すればよいのかについて、企業の労働問題を得意とする弁護士が解 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判の解決金の相場と、減額する6つの方法【会社側】

労働審判は、訴訟よりもスピーディかつ柔軟な解決を実現することで、労働者を保護するための制度です。 そのため、原則として「話し合い」で解決する制度であり、その際には、会社側(使用者側)から労働者側へ、一定額の解決金(和解金)が支払われることが通常です。 会社側(使用者側)としては、支払うこととなる解決金(和解金)を少しでも低額にしようと考えるでしょうが、そのためには労働法、裁判例の知識と共に、交渉(話し合い)のコツを知る必要があります。 今回は、労働審判の解決金の相場と、交渉を進めるコツについて、企業の労働 ...

人事労務

2020/3/27

調停(和解)を有利に進めるため、労働審判前に会社が考える方針のポイント

労働審判は、労働者保護のためにスピード解決を目指す、「話し合い」の手続きです。 労働審判では、裁判のように「判決」を目指すのではなく、あくまでも「話し合い」の結果、「調停」という合意で解決することが一般的です。 そこで、調停(和解)の話し合いを会社側(使用者側)の有利に進めるためには、労働審判前に、あらかじめ方針をきちんと準備しておかなければなりません。 調停(和解)を有利に進めるための、労働審判前に会社が考える方針のポイントを、企業の労働問題を得意とする弁護士が解説します。 「労働審判」の法律知識まとめ ...

人事労務

2020/3/27

労働審判で必要な証拠をそろえ、会社側を有利にするための証拠収集

労働者から労働審判を申し立てられてしまった会社が、労働審判を少しでも会社側(使用者側)に有利な展開にするためには、「証拠」を適切に収集し、提出することが重要です。 労働審判手続の流れについてのコチラの解説でも説明したとおり、労働審判では「第1回期日」が重要なため、第1回期日およびそれ以前の答弁書の段階で、必要な証拠はすべて集めておかなければなりません。 証拠が不十分であると、裁判所の判断では証拠が重要視されることから、事実自体がなかったこととして判断されかねません。 今回は、労働審判で必要な証拠をそろえ、 ...

人事労務

2020/3/27

訴訟で付加金を請求されたら?残業代請求への会社側の対応

訴訟で残業代請求をされ、対応を迫られている会社にとって、訴状に記載された「付加金」という大きな金額が、さぞ不安になることでしょう。 以前、こちらの解説で、「労働審判では付加金支払の命令はされない。」と解説しました。これに対し、訴訟では、悪質な残業代未払いに対しては、付加金支払を命じられるおそれがあります。 そのため、訴訟で残業代請求をされた会社経営者は、労働者側の付加金支払の請求に対して、適切に反論しなければなりません。 今回は、訴訟で付加金を請求されたときの、残業代請求に対する会社側(使用者側)の対応を ...

人事労務

2020/3/27

労働審判で付加金を請求されたら?残業代請求への会社側の対応

労働審判で、労働者側が残業代請求を行うとき、少しでも残業代の金額を大きくするため「付加金」を請求してくることがあります。 「付加金」は、残業代を支払ってこなかった会社に対する「制裁(ペナルティ)」ですが、実務的には「付加金」を支払わなければならないことはむしろ例外的です。 労働審判で、残業代請求を受けた場合でも、「付加金」については適切な反論をすれば全く不安はありません。しかし「付加金」が認められてしまうと、残業代の金額が「2倍」になるのと同じリスクがあります。 今回は、労働審判で付加金を請求されたとき、 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判を申し立てた労働者に対し、会社側が逆に損害賠償請求できる?

労働者から、不当解雇や残業代などの労働トラブルで、労働審判を申し立てられたとき、会社として、経営者としては腹立たしく、「逆に損害賠償請求してやりたい。」という法律相談は少なくありません。 例えば、業務上のミスを理由に懲戒解雇したにもかかわらず、「不当解雇だ!」と主張して労働審判で地位確認を求めてきたとき、業務上のミスについて損害を賠償してほしいと思うことでしょう。 労働審判での会社側(使用者側)の戦略として、損害賠償請求することはできるのでしょうか。また、適切な対応方法なのでしょうか。 労働審判を申し立て ...

人事労務

2020/3/27

マタハラの労働審判で、会社が答弁書に記載すべき主張・反論3つ

「マタハラ」という言葉が、新聞やテレビのニュースでも話題になっています。「マタハラ」(マタニティ・ハラスメント)は、妊娠や育児などを理由とした、職場における嫌がらせ(ハラスメント)のことです。 「マタハラ」は違法であり、絶対に許されません。しかし、会社側(使用者側)として、社員に労働法の知識が十分になく、知らず知らずに「マタハラ」を行ってしまった場合もあります。 労働審判で、労働者側から「マタハラ」の責任追及を受けたとき、会社側(使用者側)としても有利な主張・反論を、答弁書に記載する必要があります。 今回 ...

人事労務

2020/3/27

パワハラの労働審判で、会社側が主張すべき反論と、答弁書のポイント

「パワハラ」は、職場で起こる労働問題の中でも、特に法律相談となることの多いトラブルの1つです。 しかし「パワハラ」の法律上の定義は特になく、会社側(使用者側)で「パワハラ」をめぐる労働審判で適切に対応するには、労働法の十分な法律知識、裁判例の知識が必要となります。 「パワハラ」の労働審判で、適切な反論を記載した答弁書を提出できなければ、「パワハラだ!」といわれることをおそれ、注意指導が甘くなり、企業秩序が保てないことともなりかねません。 今回は、パワハラをめぐって申し立てられた労働審判で、会社側(使用者側 ...

人事労務

2020/3/27

セクハラの労働審判で、会社側が主張すべき3つの反論と、答弁書のポイント

セクハラの問題についても、労働者側から労働審判を申し立てられることがあります。 ただ、セクハラの問題については、「セクハラが本当にあったのか。」を、関係者、目撃者などを証人として尋問しなければわからないことが多く、労働審判には向いていないという考えもあります。 セクハラ問題を放置しておいては、会社も「安全配慮義務違反」の責任に基づいて、慰謝料請求、損害賠償請求を受けるおそれがあるため、申し立てられた労働審判に、適切に反論する必要があります。 今回は、セクハラの労働審判で、会社側が主張すべき反論と答弁書のポ ...

人事労務

2020/3/27

退職金請求の労働審判で、会社側が主張すべき3つの反論と、答弁書のポイント

「退職金請求」とは、会社が約束した退職金を支払わないときに、労働者側から未払の退職金を請求することをいいます。 退職をする前後は、特に労働トラブルが起こりやすいタイミングです。不当解雇や残業代請求と共に、「退職金請求」が、労働審判で争いになることが少なくありません。 特に、懲戒解雇をして退職金を不支給・減額とするときは「退職金請求」が大きな争いになるため、答弁書に会社側(使用者側)に有利な法的主張を書きましょう。 今回は、退職金請求の労働審判で、会社側(使用者側)が主張すべき反論と答弁書のポイントを、企業 ...

人事労務

2020/3/27

雇止めの労働審判で、会社側が主張すべき3つの反論と、答弁書のポイント

「契約社員」は、「正社員」よりも労働者としての保護が薄いといわれていますが、油断は大敵です。 契約社員から労働審判を申し立てられたとき、特に、「契約期間満了による雇止め(更新拒絶)」についての争いは、労働トラブルの中でも非常に数が多く、会社にとって深刻な労働問題です。 労働契約法に定められた「雇止め法理」を正しく理解し、会社側(使用者側)に有利な法的主張を、適切に答弁書へ記載しなければなりません。 今回は、契約社員の労働審判、特に「雇止め」をめぐる争いで、会社が主張すべき反論と答弁書のポイントを、企業の労 ...

人事労務

2020/3/27

残業代請求の労働審判で、会社側が主張すべき4つの反論と、答弁書のポイント

「残業代請求」とは、「1日8時間、1週40時間」という所定労働時間を越えて労働した場合に、労働者が会社に対して「残業代」を請求する労働トラブルをいいます。 残業代の問題は、「ブラック企業問題」として、ニュースで頻繁に取り上げられるなど、企業イメージにも大きく影響する重大な問題です。 労働審判で残業代を争うことが適切かどうかについてはいろいろな考えがあるものの、労働審判を申し立てられてしまった会社としては、適切な反論を答弁書に記載することが必須です。 今回は、残業代請求の労働審判で、会社側(使用者側)が主張 ...

人事労務

2020/3/27

不当解雇の労働審判で、会社側が主張すべき6つの反論と、答弁書のポイント

「不当解雇」とは、会社が労働者に対して行った解雇が、「解雇権濫用法理」という解雇を制限するルールに違反して無効である、という労働トラブルです。 労働審判で「不当解雇」の有効性を争うときには、「地位確認」という形式になります。つまり、「解雇は無効であり、労働者の地位にあることを確認する。」という内容です。 労働審判で、会社側(使用者側)が労働者に対して反論をするときには、労働法、裁判例の理解が重要です。そして、反論を記載する答弁書には、重要なポイントが多くあります。 今回は、「不当解雇」の労働審判で、会社側 ...

人事労務

2020/3/30

労働審判の答弁書に、会社側が書くべき反論とポイント【弁護士解説】

労働審判を、退職した労働者などから申し立てられてしまった会社としては、労働審判に誠実に対応する必要があります。 「労働審判を申し立てられた!」とわかるのは、裁判所から会社に対して、呼出状が送られてきたときに初めて、というケースが少なくありません。 そして、呼出状と共に労働審判申立書の写しが送付され、これに対する反論を「答弁書」という書類で、直近の提出期限までに裁判所へ提出することを求められます。 今回は、会社側に有利な解決を導くために、労働審判の答弁書に、会社側(企業側)が書くべき反論のポイントを、企業の ...

人事労務

2020/3/27

労働審判手続きの流れと、会社側(使用者側)の対応まとめ

労働審判の申立てを受けてしまった会社が、できる限り会社側(使用者側)に有利に労働審判を進めていくためには、まず労働審判手続の流れについて理解しなければなりません。 労働審判手続きの流れは、「調停」、「審判」、「訴訟へ移行」など、いずれの解決策を目指すかによって、場合分けが必要であり、ケースバイケースの対応となります。 手続の流れをあらかじめ把握しておかなければ、全体を見据えた対処が難しくなってしまうため、「全体の流れ」を把握するようにしてください。 今回は、労働審判手続の流れを、企業の労働問題(人事労務) ...

人事労務

2020/3/27

労働審判の対応を、弁護士に依頼すべき7つの理由【会社側・使用者側】

労働審判の対応、特に、会社側における対応は、弁護士に依頼するのに向いている手続であるといわれています。 労働審判の制度について、弁護士が代理人として必須とするべきだ、という意見もあるほどです。 というのも、会社側で、労働審判を申し立てられてしまった場合、労働審判の対応に、労働法の知識、経験が必要なことはもちろんですが、予防法務、再発防止も含めた長期的な対応が必要となるからです。 今回は、労働審判への対応を、会社側(使用者側)が弁護士に依頼するべき理由を、企業の労働問題(人事労務)を得意とする弁護士が解説し ...

人事労務

2020/5/28

【会社側】労働審判の対応にかかる弁護士費用はいくら?

会社が労働者から労働審判を申し立てられたとき、「会社側(使用者側)」の立場で労働審判に対応することが得意な弁護士に依頼する必要があります。 「労働審判対応」は、労働者側(従業員側)と会社側(使用者側)とでは、全く戦略、方針が異なるためです。 会社経営者として最も気になるのが、「弁護士費用がどれくらいかかるのか?」という点ではないでしょうか。労働審判を会社側(使用者側)で戦うとき、労働者に支払う解決金が必要なケースも少なくなく、支出額はできるだけ安く抑えたいところです。 会社側の労働審判では「解決金」や「残 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判を、会社側の有利に進めるための、弁護士の基本的な戦略

労働審判は、労働問題のトラブルについて、裁判所で行われる「話し合い」を中心とした手続です。 裁判所で行われますが、一般の方が想像されるような「裁判」よりも、「話し合い」に近い制度です。そのため、「交渉ごと」であり、交渉の戦略が必要です。 労働法の保護によって、しっかりとした事前準備をしておかなければ、労働審判は会社側の不利な流れで進むことも少なくありません。 今回は、労働審判を、会社側の有利に進めるための基本的な戦略を、企業の労働問題(人事労務)を得意とする弁護士が解説します。 「労働審判」の法律知識まと ...

人事労務

2020/3/27

解雇理由を後から労働審判・裁判で追加で主張できる?

労働者を解雇した後に、労働審判や裁判などの紛争となった後、「解雇理由を追加できますか?」という、会社から弁護士への法律相談が少なくありません。 解雇のときは、とにかく「問題社員にやめてもらいたい。」という気持ちから解雇したとしても、日本では「解雇権濫用法理」により解雇が制限されているため、労働者から争われる可能性が高いです。 「不当解雇だ!」と、労働者から争いを起こされた後で、あらためて慎重に考えると、「もっと解雇理由があった。」という考えにいたり、有利な主張を追加したいと考えるわけです。 今回は、労働審 ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】