債権回収

債権回収

2017/5/26

債権回収で、社長・役員の経営責任を追及される?

債務者である取引先が債権を全く支払ってくれないとき、「社長はお金があるのに・・・。」「役員は豪華な生活をしているのを知っている。」というケースがあります。 債権が未払となるような状況にまで経営悪化させたことについて、役員や社長の責任を追及したいというケースです。 しかし、たとえオーナー社長といえども、法的には、会社それ自体とは法人格が別であり、会社の債権回収を、社長、役員に対して責任追及はできないのが原則です。 もちろん、社長が連帯保証をしていれば、社長から債権回収できますが、そのようなケースばかりではあ ...

債権回収

2017/5/26

「何を担保にとる?」決定する際、検討すべき5ポイント

債権回収の際に、回収率を上げるために重要となるのが「担保」の存在です。 担保・保証が存在する場合には、他の債権者に先立って、優先的に債権を回収できるためです。 しかし、担保・保証は、債権が発生する時点、すなわち、契約を締結して取引関係に入る時点で考えなければならないことです。 いざ、債権が未回収となってから「担保をとっておけばよかった・・・。」と嘆いても、もはや後の祭りです。 担保、保証を取る際に、企業経営者の悩みの種は、「何を担保にとるか?」という問題点でしょう。 この選択が、後の債権回収の実効性に大き ...

債権回収

2017/5/26

自社でもできる簡単な少額訴訟のやり方を、弁護士が解説

債権回収を行う企業経営者の方の中には、取引先に対して何度請求をしても、支払ってもらえず、途方に暮れている方がいらっしゃるのではないでしょうか。 内容証明郵便で催告書を送ったにもかかわらず、相手方から何の反応もないケースも少なくありません。 しかし、訴訟を起こすとなりますと、費用と時間、そして手間が予想以上にかかります。債権額が小さい場合、債権額を超える費用がかかることも稀ではありません。 この不都合を回避するための債権回収手段として、「少額訴訟」という簡易な訴訟制度があります。60万円以下の金銭の支払を求 ...

債権回収

2017/5/26

「動産執行」で債権回収を図れるの?素朴な疑問点を弁護士が解説!

債権回収で、どんなに催促をしても、売掛金や貸付金等の未払債務を一向に支払おうとしない取引先も少なくないことでしょう。 未払の続く債務者に対して、動産執行によって債権回収をしようか、とお考えになったことが一度はある、という経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 債務者が企業や法人の場合、事務所やオフィス、倉庫などに、在庫商品や道具、什器や備品など差押えができそうな動産が思い浮かぶときは、「動産執行」を検討してください。 ところで、テレビや映画などで、差押え財産に赤紙が次々と貼られるシーンを見かけたこ ...

債権回収

2017/5/26

【書式】債権回収を催告する内容証明を、弁護士が徹底解説!

未払債権をどう回収するかは、企業を経営する上で尽きない悩みのひとつです。 「取引先が売掛金債権や貸付債権を支払おうとしない。」という場合、催告した証拠を残さなければなりません。 「貸倒保証制度」や債権回収を専門とする業者が存在することも、多くの企業が債権回収に関し、強い関心を寄せていることの表れ、といえるのではないでしょうか。 取引先に対して支払うよう催告の電話やメールをしても「そのうち払うから。」と言うだけで、なかなか支払ってくれる様子がみられない。 だからといって、法的手段まではまだ考えていない場合、 ...

債権回収

2017/5/26

債権回収を民事調停で行うための、調停の有効な利用方法

法的手段により債権回収をしたいけれども、費用はそこまでかけたくないといったケースがあります。 債権額が小さい場合には、自社での債権回収を行うこととし、複雑な手続きを避けたいというケースもあるのではないでしょうか。 悩む企業経営者にオススメなのが「民事調停」による債権回収です。 調停による債権回収の一番のメリットは、なんといってもコストが低額で、手続きが比較的簡易であることです。 しかしメリットがある反面、債権者と債務者双方が、お互いに全く譲歩しない場合や、そもそも相手方が話合いに応じない場合には利用するこ ...

債権回収

2017/5/26

債権が時効にかからないための、時効中断の方法

債権回収をいかに図るか、その方法ばかりに気をとられ、つい忘れがちになってしまうこと、それが債権には「消滅時効」がある、ということです。 たとえ、多額の売掛金や貸付金などの債権をもっていても、時効により消滅してしまえば、もはや請求することはできません。 経営者の皆さんには、自社の未回収債権の時効について、一度確認してみることをおすすめします。 「忘れているうちに時効が完成してしまった。」という事態を避けるため、未払い債権が多い場合には、消滅時効の期間を適切に管理しておいてください。 消滅時効が完成したあと、 ...

債権回収

2017/5/26

【書式】債権回収には「債権譲渡」を受ける方法も!ポイントを弁護士が解説

訴訟や支払督促など、裁判所を利用するとなると費用と時間が多くかかりますが、これらを利用しない債権回収方法のひとつに、「債権譲渡による債権回収」という方法があります。 「債権譲渡」とは、取引先企業に対する債権を回収するために、支払能力のありそうな別の企業に対して有している債権をもらい受けることをいいます。 つまり、新たに別の企業の債権者になり、その企業から直接取立てをするのです。 新たに債務者となる企業に十分な支払能力があれば、かなり効果的な債権回収となります。ただし、御社と取引先との間で勝手に債権譲渡契約 ...

債権回収

2017/5/26

不動産の強制競売の申立を、債権回収に強い弁護士が解説

取引先に対する未払い債権を回収するため、訴訟で勝訴判決を得た、あるいは自社に有利な和解をまとめることに成功した、まずは「債務名義」を獲得した経営者が次に考えるのは、相手方のどの財産に対して執行をかけていくか、ということではないでしょうか。 ひとくちに「強制執行」といってもさまざまな方法があります。どの方法が最も有効な債権回収方法なのか、実は一概には言えません。 「そういえば取引先の本社は自社ビルだったよな。」「土地や建物を多く所有しているようだ。」・・・このようなケースの場合には、不動産執行のうちのひとつ ...

債権回収

2017/5/26

仮執行宣言付き支払督促を得て、債権回収をする5つのポイント

未払いの売掛金や貸付金をなんとかして取引先から回収したいというとき、債権回収の方法の1つに「支払督促」というものがあるのを御存じでしょうか。 特に、取引先に対する催促への反応から、債権額や支払時期、契約の有無に関しては争いがないと思われるようなケースでは、支払督促が利用されることが多くあります。 債権の存在や内容には争いがないけれど、取引先が単に支払いを拒んでいる場合や、自社側に未払債権について有利な証拠がある場合など、たとえ訴訟になったとしても高い勝算が予想されるときは、「支払督促」を利用する価値があり ...

債権回収

2017/5/26

【書式】債権執行による債権回収がサクっと早わかり!

「債務名義を取得したものの、一向に支払をしてくれない。」というケースでは、その後の執行を素早く行わなければなりません。 せっかく債務名義の取得に成功しても、現実にお金を手に入れることができなければ、権利だけ認めてもらえても、債務名義も単なる紙切れの意味しか持ちません。 そこで、企業としては債権を取り立てるために次の一手、具体的には、取引先の管理する銀行預金等の債権を差し押さえたいと考えるのではないでしょうか。 このような債権回収に役立つ方法が「債権執行」です。債権執行にはどのようなメリット・デメリットがあ ...

債権回収

2017/5/26

弁護士が5分で解説する強制執行による債権回収の概要

取引先に対する未回収の売掛債権について、「有利な内容で和解調書を作成できた。」、あるいは、「民事調停が成立して、調停調書を得た。」、「裁判で勝訴判決を獲得した。」という企業経営者のみなさん、あとは裁判所に任せておけば、債権が回収できる、と安心してはいませんか? いかに有利な判決を得たとしても、まだ喜ぶのは早いでしょう。 なぜなら、判決など、権利義務の内容を確定する公的な書類を「債務名義」といいますが、この債務名義だけで、国が取引先に対して強制執行をかけ債権回収を行ってくれるわけではないからです。 一定の例 ...

債権回収

2017/5/26

強制的に債権回収する4つの裁判手続の特色を、弁護士が解説。

取引先に対して売掛金を支払うように散々催促しても「聞く耳をもたない。」という場合、任意での債権回収の手段を尽くしても、これ以上は効果がないおそれがあります。 ズルズルと放置しておくのはお勧めできず、もはや裁判をするしかない段階であるといえるでしょう。 任意の交渉がうまくいかず、にっちもさっちもいかなくなった企業が考えるいわば最後の手段、それが裁判所を介しての債権回収です。 確かに、裁判手続きには時間と手間、そして費用がかかります。 もっとも、裁判手続きの結果、勝訴あるいは自社にとって有利な和解をすることが ...

債権回収

2017/5/26

未回収の売掛金を減らす5つの方法を弁護士が徹底解説!

「社長、取引先の会社が支払期日に支払えないらしい、という情報があるのですが!!」 取引先のいわゆる信用不安情報をキャッチした際、企業としてどのような行動を取るべきでしょうか。 手形が不渡りになったなど、未回収のリスクが明らかな場合であればともかく、まずは情報の真偽を確認しましょう。真実であれば早急に対応することが必要です。 不良債権の発生を防止するためには訴訟などの法的手段もありますが、法的手段は時間と手間・費用がかかります。そこで、取引先との交渉により任意に回収できる道を探すのが第一歩です。 未回収債権 ...

債権回収

2017/5/26

【書式】仮差押えで迅速に債権回収する全手順を、弁護士が解説!

訴訟で代金を回収する場合、回収できたとしても、時間・費用の面で大きなコストがかかり、結果的に企業にとっては大きな損失となることも少なくありません。 「取引先企業と売買契約を締結したのに、電話で催促しようが、内容証明郵便を送ろうが、一向に代金を支払わない・・・。」というご相談に対し、スピーディに回収するため、財産を把握している場合、仮差押えをオススメします。 支払いに応じない取引先から強制的に債権を回収するには、訴訟を提起し、判決に基づき、強制執行する方法が考えられます。 しかし、裁判には時間がかかります。 ...

債権回収

2017/5/26

支払猶予の要請に慌てないための4ポイントを弁護士が解説。

支払猶予の要請と聞くと、「今月の支払を少し待ってほしい。」というような支払期限の延期がすぐに思い浮かびますが、それだけではありません。 「支払金額を一部減額してくれないか。」という支払金額の一部カットや、「利息分は免除してほしい」という利息の免除に関する要請もまた、支払猶予の一種です。 仮に、取引先から支払猶予の要請があった場合、慌てず対応できるよう、支払猶予について基礎知識を理解しましょう。 「支払猶予を要請する」ということは、取引先の資金繰りが悪化していることを示しています。 倒産の兆候であることも十 ...

債権回収

2017/5/26

連帯保証人をつけるポイントはこれ!債権回収に強い弁護士が解説【民法改正対応!】

「債権を確実に回収するための手段とは?」、どのような手段が思い浮かびますか? 企業を経営する上で、悩みのつきないのが債権回収という分野です。 いざ債権を回収しようとしても、財産が全くない状態となってしまえば、回収不能です。このような緊急事態に効果を発揮するのが「担保」です。 不動産を担保とする抵当権など物的担保、保証人を担保とする人的担保がありますが、有効な担保設定に成功すれば、債権回収の不安なく本業に専念できます。 しかし、実際、多くの中小企業は、相手方企業との力関係、円満なビジネスなどの事情により、連 ...

債権回収

2017/5/26

取引先が倒産!迅速な初動対応のために債権届出が必要不可欠

昨年、2015年の倒産件数をご存知ですか。「取引先が倒産した」との連絡を受けても、あわてずに済むような、万全な準備はできていますか。 帝国データバンクによると、2015年の倒産件数は8517件(前年9180件、前年比7.2%減)と、6年連続で前年を下回っています。しかし負債総額は2兆108億800万円(前年1兆8678億円)と前年を7.7%も上回っています。 「うちの取引先は優良企業ばかりで業績も好調だから大丈夫。」と安心して取引先の管理を怠ってはいませんか。 業績好調な会社が、突如として資金繰りに苦しむ ...

債権回収

2017/5/26

確実に債権回収するための、平時の債権管理のポイント

「取引先の企業が倒産する、という噂を聞いた」「支払期日になっても一向に代金が支払われない」。 切迫した事態となれば、企業としては、いち早く債権回収にとりかかりたいところです。 しかし、危機的な財産状況にある企業は、運転資金の余裕がなく、御社だけではなく他社への支払いも滞り、催告を受けている可能性が高いといえます。 日頃から、契約書や請求書等の重要な書面をしっかりと作成し、債権回収の事前準備をしている企業であれば、債務者から優先して債務の支払いを受けられることが大いに期待できます。 また、相手方企業と各種契 ...

債権回収

2017/5/26

取引先の信用不安!債権回収の4つの初動対応と、破産前の準備

債権回収を考える際、取引先が信用不安に陥り、時々刻々と経営状況が悪化し、最終的に破産に至るまでには、各段階に応じた適切な対応を行わなければなりません。 というのも、破産する会社は、ある日突然破産するように見えますが、実際に注意してチェックし、適時に対応していれば、その兆候は明らかにわかります。 債権回収は、次のような段階で進みますが、できる限り早い段階で着手しましょう。 信用不安の顕在化 支払猶予の依頼 分割払いの依頼 破産等の通知 早期に債権回収のための手立てを打つことによって回収可能性は格段に高まりま ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2020 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】