経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「 就業規則 」 一覧

人事労務

労働条件の不利益変更が許される5条件と、リスク・デメリット

みなさんは、「不利益変更」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。労働問題のお話で「不利益変更」といえば、会社が一方的な判断で、労働者にとって不利益な方向に、労働条件を変更することをいいます。 会社の ...

人事労務

有期契約社員の無期転換ルールについて、会社が準備すべきポイントまとめ

平成25年4月に改正された「労働契約法」によって、「無期転換ルール」というルールが、契約社員などの期間の定めのある社員に対して適用されることとなりました。 これは、期間の定めのある雇用契約を結んでいる ...

人事労務

社員10人未満でも、就業規則を作成すべき理由と4つのメリット

「就業規則」という言葉をよく聞くことがあるでしょう。「就業規則」とは、会社におけるルールブックのようなもので、会社内の複数の社員に適用されるルールをまとめた規則のことをいいます。 労働基準法という、労 ...

人事労務

周知していない就業規則は有効?就業規則の周知方法とポイント

就業規則を作成はしたものの、社員(従業員)に対する周知はしていない、という会社の方も少なくないのではないでしょうか。 就業規則は、雇用契約の内容とするために作成するものであって、就業規則を作成すること ...

人事労務

休憩時間を分割して与えることは、適法ですか?

労働基準法では、一定の時間を越えて、労働者を働かせる場合には、「休憩時間」を付与することが、会社側(使用者側)の義務であると定められています。 社会的にもよくニュースになっているように、長時間労働を強 ...

人事労務

就業規則を作成する時の「過半数代表」のポイント!選出・意見聴取など

「就業規則」は、会社内で、複数の社員(従業員)に対して適用されるルールを定めるためのものです。 雇用契約書で個別に定めるよりも、より分かりやすく、また、場合によっては会社が一方的に変更できるメリットが ...

人事労務

退職直前・直後のボーナス(賞与)支払う必要がある?減額できる??

6月になり、夏の賞与の時期が近づいてきました。労働者には待ち遠しい季節ですが、業績のよくない会社にとっては、賞与(ボーナス)の負担は重くのしかかります。 退職直前、もしくは退職直後の社員(従業員)がい ...

人事労務

就業規則に書いていない解雇理由で解雇できる?(懲戒解雇・普通解雇)

解雇を行ったけれども、労働者から「不当解雇だ!」と争われて就業規則を見たら、解雇理由の記載が不十分だった、という法律相談が少なくありません。 会社の基本的なルールを定める就業規則が、そもそも存在しない ...

人事労務

炎上トラブルの原因となった社員の、社内処分のポイント

炎上騒ぎがいったん落ち着き、事後対応がひと段落したら、次に考えるのは、炎上トラブルの原因を作った社員の処分です。 残念ながら事前の予防が不十分で炎上トラブルになってしまった場合、その責任は会社だけにあ ...

人事労務

業務中の「私用メール」・「LINE」を完全禁止することは可能?

業務時間中であるにもかかわらず、私用のメールやLINEが多すぎる社員(従業員)はいませんでしょうか。「気付くとスマフォばかりいじっている。」という問題社員は、「私用メール」の可能性があります。 営業マ ...

人事労務

社員の業務メールを会社はチェックしてよい?メールチェック前の注意

会社経営者の方からのご相談の中には、社員の業務メールを逐一チェックしたいというものが少なくありません。 業務の遂行で必要なメールの送受信をチェックすることは、会社として当然なことのようにも思えますが、 ...

企業法務

改正個人情報保護法への対応のポイント【平成29年5月30日全面施行】

平成29年5月30日から全面的に施行される、改正個人情報保護法によって、すべての会社(事業者)が個人情報保護法の対象となります。 これまで、個人情報保護法は、適用対象をある程度以上の規模の会社に限定し ...

人事労務

パートタイム就業規則は必要?会社が作成すべき理由とメリット

御社ではパートタイムの労働者を活用していますでしょうか?労働力人口が少なくなる中、フルタイムでは働けない労働者を活用するためにも、ぜひパートタイム労働者の活用事例を検討しましょう。 パートタイム労働者 ...

人事労務

社員個人のSNSアカウントを、会社が監視、利用禁止できる?

Facebook、Twitter、インスタグラムなどの、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が流行しています。 SNSで拡散されることで認知度を高め、広告効果が抜群な、いわゆる「バズる」ことも ...

人事労務

退職勧奨に弁護士の立ち合い(同席)が必要な13の理由

「退職勧奨」とは、会社が不適切であると考える従業員に対して、「自発的に辞職することをお勧めする働きかけ」のことをいいます。 「退職勧奨」に、合理的な理由が存在しない場合には「違法」となる危険性がありま ...

人事労務

退職する社員に「競業避止義務」を負わせる方法と、違反への対応

従業員(社員)が退職する場合、競合他社に転職されてしまうと、在職中に知ったノウハウ、顧客情報などの「営業秘密」を利用されるおそれがあります。 競合他社に転職する場合だけでなく、同業種の事業を自分で立ち ...

人事労務

従業員から顧客情報・機密情報などの営業秘密を守るための管理方法

顧客リスト、顧客名簿などの「顧客情報」や、特許・ノウハウなどの「技術情報」は、御社の貴重な資産です。 「不正競争防止法」という法律で保護される「営業秘密」にあたる場合はもちろん、そうでなくとも、流出・ ...

人事労務

労働者の雇用に必要な手続と書類を、弁護士がまとめてみた

会社経営がうまくいき、マンパワーが仕事に追いつかなくなってきたら、労働者の雇用を考える適切なタイミングに来たといってよいでしょう。 労働者を雇用するタイミングこそ、会社の体制が大きく変わる重要な転機で ...

人事労務

セクハラ・パワハラの社内調査と、顧問弁護士に調査を依頼すべき理由

セクハラ、パワハラの相談窓口や相談室を設けている会社は、最近徐々に増加してきたように思います。 しかし、苦情申出に対する対応が、そのすべての会社で適切に行われているかというと、疑問であると言わざるを得 ...

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2017 AllRights Reserved.