経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「 損害賠償請求 」 一覧

人事労務

社員が携帯やUSBを紛失したとき、会社の対応の5つのポイント

会社内の情報セキュリティへの関心が高まる中で、社員に会社業務専用のスマートフォン、タブレット、ノートパソコン等を貸与する会社は多いと思います。 また、部下に顧客情報をUSBで管理させているという会社経 ...

人事労務

退職者が他の社員を引き抜き!損害賠償請求で訴えることができる?

離職率を低下させることは、会社経営にとって非常に重要です。採用コストを多くかけたにもかかわらず、転職とともに引抜きを受けた会社は、よくご理解いただけるのではないでしょうか。 労働者には、憲法上、「職業 ...

人事労務

「夏うつ」を防ぎ、夏場を乗り切るための職場作りとは?

「うつ(うつ病)」などの、メンタルヘルス、精神疾患が、最近、社会的にも大きく取り上げられています。会社側(使用者側)としても、労働者の健康、安全に気を遣わなければなりません。 会社の業務が原因となって ...

人事労務

労働審判を申し立てた労働者に対し、会社側が逆に損害賠償請求できる?

労働者から、不当解雇や残業代などの労働トラブルで、労働審判を申し立てられたとき、会社として、経営者としては腹立たしく、「逆に損害賠償請求してやりたい。」という法律相談は少なくありません。 例えば、業務 ...

人事労務

セクハラの労働審判で、会社側が主張すべき3つの反論と、答弁書のポイント

セクハラの問題についても、労働者側から労働審判を申し立てられることがあります。 ただ、セクハラの問題については、「セクハラが本当にあったのか。」を、関係者、目撃者などを証人として尋問しなければわからな ...

IT法務

風評の投稿者を特定してから、損害賠償請求までの全手順

風評や誹謗中傷の被害にあってしまったとき、「削除請求」だけでおさまらない場合には、投稿者を特定して損害賠償請求をする必要があります。 投稿をすることによって、慰謝料などの金銭的損失を与えて初めて、風評 ...

契約書

暴力団排除条項は義務?契約書に記載すべき理由と、条項例

暴力団排除条例が施行されてから、暴力団排除、反社会的勢力の排除の動きがますます強化されています。 この流れを受けて、契約書を作るときに、「暴力団排除条項(反社会的勢力排除条項)」が入れられているケース ...

IT法務

アフィリエイターの法的責任!違法・詐欺アフィリエイトの損害賠償

ネットビジネスで稼ぐ、いわゆる「ネット起業」が流行し、特に「情報商材」のアフィリエイトを利用して一気に拡散するマーケティング手法が増えています。 この「IT起業」、「情報起業」のブームに乗って、「アフ ...

ベンチャー法務

個人事業主の屋号の付け方と、屋号で注意したい法律知識

個人事業主として事業をスタートさせるとき、まず、最初に頭に思い浮かべること、それが「屋号」のネーミングをどうするか、ということでしょう。 「名前なんて飾りに過ぎない。」、「事業の中身で勝負すればいい。 ...

人事労務

退職する社員に「競業避止義務」を負わせる方法と、違反への対応

従業員(社員)が退職する場合、競合他社に転職されてしまうと、在職中に知ったノウハウ、顧客情報などの「営業秘密」を利用されるおそれがあります。 競合他社に転職する場合だけでなく、同業種の事業を自分で立ち ...

IT法務

会社の信用・イメージ低下を防ぐ、「風評」トラブルの対応

インターネットが一般に普及した現代において、オンライン上で会社の信用を毀損する書込みをされることは、企業のイメージを大きく低下させ、経営に悪影響を与えます。 「2ちゃんねる」、「爆サイ」などの有名な匿 ...

企業法務

取締役の解任と、損害賠償が必要な「正当な理由」のない解任

創業時から一緒に事業拡大をしてきたメンバーであっても、どうしても意見の食い違い、性格の不一致などが表面化してしまうケースも少なくありません。 取締役を「解任」することは、「従業員の解雇」とは性質的に大 ...

企業法務

誤嚥による介護事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

介護施設を利用する高齢者の場合、飲み込む喉の力が、加齢によって衰えています。そのため、食べ物をのどに詰まらせる事故が、よく発生します。 「誤嚥」とは、誤って飲み込んでしまったり、気管に入れてしまったり ...

企業法務

転倒・転落事故!【介護事業者の法的責任と、裁判例】

医療・介護分野で、施設内の「介護事故」のうち最も多く発生しているのが、「転倒・転落事故」です。 転倒・転落事故は、いつでもどこでも発生する可能性があるため、常に注意しておかなければなりません。 いつで ...

企業法務

介護現場でよく起こる「人的トラブル」の対応方法

介護現場では、多くの関係者が働いています。人が人に対して行うサービスである以上、「人的トラブル」をゼロにすることは困難です。 介護現場では、多くの人的トラブルが起こります。利用者間で起こることもあれば ...

企業法務

介護現場で増える「介護事故」を、訴訟にしない予防策

少子高齢化が進行するにつれ、医療・介護業界は今後もますます需要拡大が予想されます。 しかし一方で、介護人材の不足、介護保険料問題、虐待問題など、多くのトラブルを抱えているのも事実です。中でも、介護対象 ...

契約書

契約書に「損害賠償条項」を記載するとき注意すべきポイント

契約をする場合には、一般的に、一方の当事者が、他方の当事者に対して「債務」を負います。そして、「債務」が履行されなかったときは、「損害賠償」や「契約解除(解約)」などといった責任追及が問題となります。 ...

IT法務

ネット通販ショップが、大切な顧客情報の流出を防止するために

ネットショップを運営していますと、数多くの顧客情報を取扱うことになることは皆さんよくご存じでしょう。 大切なお客様の個人情報、その管理を怠ったがために、顧客情報が流出してしまった場合を想像したことはあ ...

知的財産

商標権を侵害しないための、商標調査と、類似商標の対応方法

アプリやゲームをリリースするにあたり、どのような名称を付けるかは、ヒットするかどうかに直結する非常に重大な問題です。 また、アプリやゲームの名称を、一般ユーザーにわかりやすく、親しみやすく認知してもら ...

IT法務 知的財産

アプリ制作会社が特許権侵害にならないための企画・開発の注意

「特許権」とは、「発明」を保護する権利ですが、アプリ開発のときも、その技術が高度となる場合、特許権で保護されている技術を利用しなければならないケースも少なくありません。 アプリ制作会社が、アプリの企画 ...

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2017 AllRights Reserved.