経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「ベンチャー法務」 一覧

ベンチャー法務

投資契約の株式買取条項(株式買取請求権)の対応の8ポイント

ベンチャー企業が、VC(ベンチャーキャピタル)やエンジェル投資家などから投資を受けるとき、「投資契約書」の最後の方に「株式買取条項(株式買取請求権)」について記載されていることが多くあります。 具体的 ...

ベンチャー法務

投資家から取締役の派遣を求められたベンチャーがどう対応すべきか

投資家から投資を受ける場合に、会社に対して、取締役を派遣する権利を求められるケースがあります。 投資をして株式を保有し、会社の経営に大きな影響力を持つことができたとしても、投資家自身が経営を行うことが ...

ベンチャー法務

個人事業主の屋号の付け方と、屋号で注意したい法律知識

個人事業主として事業をスタートさせるとき、まず、最初に頭に思い浮かべること、それが「屋号」のネーミングをどうするか、ということでしょう。 「名前なんて飾りに過ぎない。」、「事業の中身で勝負すればいい。 ...

ベンチャー法務

在宅起業のメリット・デメリットと、在宅ワーク成功のポイント

在宅起業、すなわち、在宅ワークで起業したいと考えている個人事業主の方へ向けた解説です。 在宅起業のメリット、デメリット、在宅起業を成功させるポイントを、企業法務に強い弁護士が解説します。 育児・介護な ...

ベンチャー法務

移動販売で開業する方必見!起業成功に必須の法律知識。

「移動販売」による「起業」は、クレープ屋やおでん屋、ケバブ屋、など、最近街中で多く見かけるようになりました。 店舗を設けると、初期投資が多額になるため、「移動販売」で開業したいと考えている経営者も少な ...

ベンチャー法務

フランチャイズ加入は「リスク」に注意!対策を弁護士が解説!

起業する際、「フランチャイズ」への加入を検討されている経営者に向けた解説です。 皆さんの中には「フランチャイズ」という言葉をなんとなく知っていても、実際にどのような特徴があり、どのようなメリットとデメ ...

ベンチャー法務

個人事業主と法人化のメリット・デメリットとは?弁護士がわかりやすく解説!

「個人事業主」「法人化(法人成り)」という言葉を耳にすることはあるけれど、実はよくわかっていない、という方も少なくないのではないでしょうか。 独立や開業を考え、会社をつくろう、と一口に言っても法人格の ...

ベンチャー法務

会社設立手続の流れと、取締役会を設置すべきかどうか

株式会社を設立するときに、検討しておかなければいけないポイントは多くありますが、特に、次のような経営者の方からの法律相談が多く寄せられます。 会社の設立は、手続きに必要となる書類を順に収集していく作業 ...

ベンチャー法務

御社のサービスは適法?新事業を考えたら利用すべき2つの制度

新しいビジネスを思いついたとき、すぐ実行に移す前に、一旦立ち止まって考えてみてください。そのサービスは、法律に違反してはいませんか? 特に、ベンチャー企業の場合、過去に他の会社が取り扱ったことのない、 ...

ベンチャー法務

ベンチャー起業後、すぐ顧問弁護士を依頼するメリットと選び方

ベンチャーが起業するとき、顧問弁護士を依頼すべきか、それとも、悩みがあるときにだけスポットで弁護士を依頼すべきか、お悩みになることがあるでしょう。 「ベンチャー企業専門」と宣伝する弁護士や法律事務所は ...

IT法務 ベンチャー法務

株式投資型クラウドファンディングの第1号が登録!

平成28年11月、「日本クラウドキャピタル」が「株式投資型クラウドファンディング」の第1号として、関東財務局への登録を行いました。 「株式投資型クラウドファンディング」とはどのようなものでしょうか?そ ...

ベンチャー法務

1人起業でも会社設立(法人化)すべき4つの理由

「起業」するとき、コンパクトに起業するのであれば、まずは個人事業主として活動しようとする方も多いのではないでしょうか。 もちろん、個人事業主には、「費用と手間がかからない。」、「機動性が高い。」、とい ...

ベンチャー法務

起業直後に事務所を借りるとき、最低限注意すべき3つのポイント

起業直後に事務所を借りるというとき、「賃貸借契約」を締結するわけですが、この際、注意すべきポイントについて解説します。 というのも、これまで住居としてマンションを借りたことはあっても、事務所を借りると ...

ベンチャー法務

退職前の起業準備は違法?「副業から始める起業準備」とは。

会社員の方が、「起業しよう!」と考えたとしても、すぐに会社を退職して起業することには、大きなリスクがあります。 できれば、副業からはじめて少しずつ軌道に乗せ、うまくいき始めたところで会社を退職して起業 ...

ベンチャー法務 人事労務

ベンチャーが「正社員」以外の労働力を活用するための労務管理

ベンチャー企業が成長していくにあたり、最初は社長と役員数名ではじめたビジネスが、徐々に大きくなるにつれ、労働力の増員が必要不可欠となります。 しかし、「解雇権濫用法理」によって、正社員の解雇は厳しく制 ...

ベンチャー法務

社名を決めるとき注意すべき法律上の制限と、社名変更のポイント

起業して事業を始めるとき、「社名」は非常に重要となります。取引先であれ潜在的な顧客であれ、あなたの事業を判断する際に、まず一番に目にするのが「社名」だからです。 起業した場合に、「社名」には、代表者の ...

ベンチャー法務

チームで起業準備をする際、会社化前に注意すべき法律上のポイント

ITサービスやアプリを開発する場合であっても、最初から法人化する場合ばかりではありません。仲間が集まって、チームで開発を進めるケースもあります。 法人化してビジネスをする場合と、個人間のチームで進める ...

ベンチャー法務

ベンチャーが起業直後に行ってはいけない資本政策の失敗とは?

ベンチャー企業が、起業直後に行ってしまいがちな失敗例は数多いですが、特に「資本政策」は、原則としてやり直しがきかないため、特に失敗してはいけないポイントです。 「資本政策」とは、簡単にいうと「誰に、ど ...

ベンチャー法務

創業株主間契約を締結すべき理由と、資本政策のポイント

複数人で起業するケースも少なくありません。仲間と一緒に大きな夢を追っていけるうちはよいですが、ずっと一緒に仲良くやっていける場合ばかりではありません。 共同で創業したベンチャー企業が締結しておくべき「 ...

ベンチャー法務

ベンチャー企業が「株式会社」を設立すべき理由と、会社設立の基本

ベンチャー企業としてビジネスを始める際、「法人格」には様々な選択肢があります。 ベンチャー企業・スタートアップの初期に、よく選択されるのは、大きく分けて次の3つの方法です。 中でも、株式会社を設立する ...

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2018 AllRights Reserved.