経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「人事労務」 一覧

人事労務

賃金、有給休暇などの請求権の時効が、「2年」から「5年」に!

現在の労働基準法では、未払賃金や労災、有給休暇などの、労働分野における労働者から会社に対する請求権の期間は、「最大2年」とされています。 この「2年」という時効期間が、現在改正に向けて進んでいる民法の ...

人事労務

遅刻した社員に対して、減給のペナルティは可能?懲戒処分は?

会社にとって、電車の遅延による遅刻者の扱いは、いつの時代も悩みのタネです。「電車遅延」の原因は、混雑によるものから痴漢、人身事故、降雨や強風に至るまで、様々なものがあります。 会社側(使用者側)として ...

人事労務

休憩時間を分割して与えることは、適法ですか?

労働基準法では、一定の時間を越えて、労働者を働かせる場合には、「休憩時間」を付与することが、会社側(使用者側)の義務であると定められています。 社会的にもよくニュースになっているように、長時間労働を強 ...

人事労務

協会けんぽが、マイナンバー制度と情報連携を開始しました【平成29年7月18日】

全国健康保険協会(協会けんぽ)は、平成29年7月18日より、非課税証明書などの添付書類が必要となる一部の申請について、マイナンバー制度との情報連携を開始することを発表しました。 この情報連携によって、 ...

人事労務

「早朝出勤」で残業代請求されないため、違法な早朝出勤に注意!

政府主導の「働き方改革」では、ワーク・ライフ・バランスをはかるために、残業を減らす取組みが推奨されています。違法な長時間労働を是正するための取り組みとして、増えているのが「早朝出勤」です。 列車遅延に ...

人事労務

退職者が他の社員を引き抜き!損害賠償請求で訴えることができる?

離職率を低下させることは、会社経営にとって非常に重要です。採用コストを多くかけたにもかかわらず、転職とともに引抜きを受けた会社は、よくご理解いただけるのではないでしょうか。 労働者には、憲法上、「職業 ...

人事労務

フルコミッション(完全歩合制)は違法??「歩合給」とは違う?

求人情報を見ると、特に営業マンの求人で、「完全歩合制」、「フルコミッション」、「完全出来高払い」という謳い文句を見かけることが多くあります。特に、保険や不動産の営業職に多くあります。 完全歩合制(フル ...

人事労務

離席を「許可制」にすることはできる?休憩の多い社員への制裁は?

会社ごとの「ローカルルール」というのは、業界ごと、会社ごとに多く存在するものですが、「慣習」として定着しているとすれば、「ブラック企業」といわれてしまいかねないものもあります。 というのも、たとえ会社 ...

人事労務

在宅勤務に残業代は必要?残業代請求を避ける、在宅ワークの活用方法

近年、長時間労働による過労死の問題や、少子高齢化による働き手の不足に対応するために、政府主導で「働き方改革」が進められています。 この「働き方改革」の一環として推奨されているのが「在宅勤務」です。「在 ...

人事労務

「サイレントお祈りメール」は違法?不適切?不採用の対応に注意!

会社の経営者や人事担当者が、採用活動を進めるにあたり、いちばん頭を悩ませるといっても過言ではないのは、不採用者への対応です。 不採用者に対しては、いわゆる「お祈りメール」を送るのが通例になっていますが ...

人事労務

「職能給」から「職務給」へ!違いは?「働き方改革」と旧来の制度

「働き方改革」が話題となっています。その重要なポイントとして、「同一労働同一賃金」と「労働時間の上限規制」があります。 社員の働き方はこれによって大きく変わることが予想され、労働時間の規制が強化される ...

人事労務

労基署の手続の流れ!監督から是正までの全手順まとめ

大手広告代理店「電通」の女性社員が、過労自殺をしたことに端を発して、書類送検となったニュースが記憶に新しいように、「働き方改革」とともに、労基署の存在感は日に日に増しています。 会社の経営者としても、 ...

人事労務

障害者の法定雇用率が引き上げ!【平成30年4月~】就職状況は?

厚生労働省の発表によれば、障害者の職業紹介の状況は、前年に比べて上昇し、「就職率」、「就職件数」も、ともに上り調子です。 来年の平成30年(2018年)4月から、障害者の「法定雇用率」がさらに引き上げ ...

人事労務

「夏うつ」を防ぎ、夏場を乗り切るための職場作りとは?

「うつ(うつ病)」などの、メンタルヘルス、精神疾患が、最近、社会的にも大きく取り上げられています。会社側(使用者側)としても、労働者の健康、安全に気を遣わなければなりません。 会社の業務が原因となって ...

人事労務

「かとく」(過重労働撲滅特別対策班)の捜査に注意!送検を避けるには?

「かとく」という言葉が、電通やドン・キホーテなど、有名企業の送検で、ニュースで話題となっています。 「かとく」は、過重労働をなくすため、ブラック企業に対する捜査を徹底するために、悪質な長時間労働を取り ...

人事労務

LGBTへのセクハラに早く対応すべき!セクハラ指針改正(平成27年1月~)

企業が取り組むべきセクハラ(セクシュアル・ハラスメント)への対策を定めた指針の、新たな改正案が、平成29年1月より施行されました。いわゆる「セクハラ指針」です。 「セクハラ」というと、「男性が女性に対 ...

人事労務

「働き方改革」の改正の流れは?会社が対応すべき新ルールはいつ?

日本の労働法を大きく変えるための流れが、平成29年3月28日、「働き方改革実現会議」で、政府によって決定づけられました。安倍内閣の推進する、いわゆる「働き方改革」です。 この会議で決定された「働き方改 ...

人事労務

採用面接で聞いてはいけない不適切、違法な質問まとめ

会社が採用面接をするときには、「採用の自由」というものがあり、原則として、どの求職者を採用するかは会社側(使用者側)が自由に決めることができます。 そして、「採用の自由」の前提として、会社が採否の判断 ...

人事労務

「生活残業」の対策│無駄なダラダラ残業を減らすため会社がすべき解決法

「残業代」をもらうことは、労働者に認められた権利であり、残業を命令したにもかかわらず残業代を支払わなければ、労働審判や訴訟で残業代請求をされても仕方ありません。 しかし一方で、問題ある社員(従業員)の ...

人事労務

休職中のうつ病社員が、復職を希望してきたときの会社の対応方法

社員の精神的な健康状態が悪化し、うつ病などのメンタルヘルスにり患した場合、会社側(使用者側)としては、「休職」を命令することによって対応します。 休職期間が満了しても「復職」できない従業員は、「当然退 ...

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2017 AllRights Reserved.