経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「人事労務」 一覧

人事労務

「経歴詐称」は「懲戒解雇」?入社後に経歴詐称が発覚したときの対応

「経歴詐称」が、社員が入社してから発覚したという場合には、会社としても「解雇したい。」と思うことが多いことでしょう。 従業員(社員)の「詐称」した「経歴」を信用し、「その経歴であれば仕事ができるだろう ...

人事労務

助成金が新設、改正!受給方法・受給額は?【平成29年度版】

平成29年度(2017年度)は、助成金の分野で、特に大きな改革がされ、新たな助成金の新設や、これまであった助成金の要件が改正されました。 これにより、助成金を受給するにあたって、注意しておかなければな ...

人事労務

経歴詐称を見抜くため、採用段階、面接で会社が注意すべきポイント

「経歴詐称」とは、労働者が、実際とは異なる経歴を会社に対して伝え、偽って採用面接を受けたり、入社をしたりすることをいいます。 「経歴詐称」があると、会社としては、希望どおりの人材を採用することができな ...

人事労務

就業規則を作成する時の「過半数代表」のポイント!選出・意見聴取など

「就業規則」は、会社内で、複数の社員(従業員)に対して適用されるルールを定めるためのものです。 雇用契約書で個別に定めるよりも、より分かりやすく、また、場合によっては会社が一方的に変更できるメリットが ...

人事労務

「労働審判」と「あっせん」はどう違う?あっせんへの対応方法

労働者と会社との間の労働トラブルを解決する方法には、労働審判をはじめとして、いくつかの方法があります。そして、その中でも「労働審判」と似た制度に「あっせん」があります。 労働審判もあっせんも、話し合い ...

人事労務

労働審判は「非公開」!労働審判の申立てを受けた会社は公開される?

労働者から突然、労働審判の申立てを受けてしまった会社が心配することは、「企業イメージが低下するのでは?」という点です。 特に「ブラック企業」が社会問題化する昨今、労働問題の放置、悪化が、会社のイメージ ...

人事労務

労働審判の申立てを受けた会社が、法律相談から解決までにかかる期間は?

「不当解雇」や「残業代請求」などの労働トラブルで、労働審判の申し立てを受けてしまった会社が、特に気にするのが、「解決までにかかる期間」についてでしょう。 特に、労働審判の場合、会社の担当者や、場合によ ...

人事労務

労働審判に強い弁護士の選び方と、良い弁護士の判断基準(会社側・使用者側)

労働審判を申し立てられてしまった会社が、できるだけ有利な解決を得るためには、労働問題を得意とする弁護士に依頼することが重要です。 「弁護士」といっても、その得意分野は様々で、労働問題をあまり取り扱って ...

人事労務

労働審判完全ガイド│労働審判対応に強い弁護士を探す方へ【会社側・使用者側】

労働者側から労働審判の申立てをされてしまったとき、会社側(使用者側)としては、不利な立場からのスタートとなります。 労働審判で特に重要となる法律である「労働基準法」が、会社側(使用者側)に不利な、つま ...

人事労務

労働審判に参加(出席)するとき、期日での対応・発言で注意するポイントは?

労働審判の手続きでは、第1回期日の当日に、当事者が証言した事実が、非常に重要視されます。 労働審判が、労働者保護のためのスピーディな解決を目的とする制度であることから、有利だと思われる証拠を大量に提出 ...

人事労務

労働審判の解決方法とは?「調停」と「労働審判」のどちらで解決すべき?

労働審判の手続きを、会社側(使用者側)に有利に進めていくと、最後に待っているのは「調停」もしくは「労働審判」という、労働審判の解決です。 最終的に、会社側(使用者側)に有利な解決とするためには、会社と ...

人事労務

労働審判における会社側の出席者と、準備の進め方のポイント

労働審判を申し立てられてしまった会社の方からよく質問があるのが、「労働審判の期日には誰が参加するべきか。」という点です。 会社側(使用者側)で対応する際には、準備期間があまりなく、参加する必要がある関 ...

人事労務

労働審判の第1回期日はどう決まる?第1回期日の重要性と出頭について

労働審判を労働者から申し立てられてしまった場合には、裁判所から突然「呼出状」とともに労働審判申立書の写しが届きます。 労働審判や裁判を経験したことのない会社経営者はもちろん、経験したことがあっても、突 ...

人事労務

「同一労働同一賃金」についての報告書の内容は?【2017年6月】

厚生労働省の労働政策審議会が、平成29年(2017年)6月9日、「同一労働同一賃金」についての、法整備について検討結果を「報告書」にまとめました。 この「報告書」を受けて、政府が関連法案をまとめ、20 ...

人事労務

労働審判の解決金の相場と、少しでも減額するための6つの考え方

労働審判は、訴訟よりもスピーディかつ柔軟な解決を実現することで、労働者を保護するための制度です。 そのため、原則として「話し合い」で解決する制度であり、その際には、会社側(使用者側)から労働者側へ、一 ...

人事労務

調停(和解)を有利に進めるため、労働審判前に会社が考える方針のポイント

2017/06/15   -人事労務
 , ,

労働審判は、労働者保護のためにスピード解決を目指す、「話し合い」の手続きです。 労働審判では、裁判のように「判決」を目指すのではなく、あくまでも「話し合い」の結果、「調停」という合意で解決することが一 ...

人事労務

労働審判で必要な証拠をそろえ、会社側を有利にするための証拠収集

労働者から労働審判を申し立てられてしまった会社が、労働審判を少しでも会社側(使用者側)に有利な展開にするためには、「証拠」を適切に収集し、提出することが重要です。 労働審判手続の流れについてのコチラの ...

人事労務

訴訟で付加金を請求されたら?残業代請求への会社側の対応

訴訟で残業代請求をされ、対応を迫られている会社にとって、訴状に記載された「付加金」という大きな金額が、さぞ不安になることでしょう。 以前、こちらの解説で、「労働審判では付加金支払の命令はされない。」と ...

人事労務

労働審判で付加金を請求されたら?残業代請求への会社側の対応

労働審判で、労働者側が残業代請求を行うとき、少しでも残業代の金額を大きくするため「付加金」を請求してくることがあります。 「付加金」は、残業代を支払ってこなかった会社に対する「制裁(ペナルティ)」です ...

人事労務

労働審判を申し立てた労働者に対し、会社側が逆に損害賠償請求できる?

労働者から、不当解雇や残業代などの労働トラブルで、労働審判を申し立てられたとき、会社として、経営者としては腹立たしく、「逆に損害賠償請求してやりたい。」という法律相談は少なくありません。 例えば、業務 ...

企業法務に強い弁護士に相談!

企業法務に強い弁護士に相談!


御社名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

企業法務は、弁護士にご相談ください!
企業法務、人事労務、債権回収、契約書など、会社で起こる法律問題にお悩みではありませんか?会社・経営者に有利な解決のためには、多数の会社の顧問弁護士としての実績が豊富な弁護士にお任せください!

企業の法律問題に強い弁護士が、御社の法務アドバイザーとして、徹底サポートいたします。

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2017 AllRights Reserved.