人事労務

人事労務

2019/5/25

離席を「許可制」にすることはできる?休憩の多い社員への制裁は?

会社ごとの「ローカルルール」というのは、業界ごと、会社ごとに多く存在するものですが、「慣習」として定着しているとすれば、「ブラック企業」といわれてしまいかねないものもあります。 というのも、たとえ会社内のルール、慣習といえども、労働法に違反していればもちろん認められませんし、違法でなくても、不適切なルールがあることは、風評被害、炎上トラブルの火種となるからです。 社員(従業員)を管理し、生産効率、業務効率を上げることは、会社経営において重要なことですが、行きすぎには注意が必要です。 今回は、社員の「離席」 ...

人事労務

2020/5/12

在宅勤務も残業代が必要!残業代請求なしに在宅勤務を導入する方法

近年、長時間労働による過労死の問題や、少子高齢化による働き手の不足に対応するために、政府主導で「働き方改革」が進められています。 この「働き方改革」の一環として推奨されているのが「在宅勤務」です。「在宅勤務」制度を導入する会社には非常に多くのメリットがあります。 しかし一方で、在宅労働者の能力評価や労働時間の管理が難しく、労働者から、思いもよらない残業代を請求されてしまう、というケースも跡を絶ちません。 今回は、「在宅勤務」制度のメリットと、制度を採用するときの注意点について、企業の労働問題(人事労務)を ...

人事労務

2020/4/10

「サイレントお祈り」は違法?不適切?不採用者に対する適切な対応

会社の経営者や人事担当者が採用活動を進めるにあたって、特にあたまを悩ませているといっても過言ではないのが「不採用者への対応」です。 不採用者に対しては、いわゆる「お祈りメール」を送るのが通例になっていますが、ネットが高度に普及した近年、不適切な「お祈りメール」は会社への悪評につながる危険があります。 採用、不採用は、会社の自由です。これは「採用の自由」があるからです。しかし、「不採用」とされた応募者のなかには、会社に恨みや敵意をもち、トラブル化してしまう人もいます。 今回は、採用選考をスムーズにすすめるた ...

人事労務

2019/5/20

「職能給」から「職務給」へ!違いは?「働き方改革」と旧来の制度

「働き方改革」が話題となっています。その重要なポイントとして、「同一労働同一賃金」と「労働時間の上限規制」があります。 社員の働き方はこれによって大きく変わることが予想され、労働時間の規制が強化されるにしたがって、「勤続年数」などの個人単位の評価ではなく、その遂行できる仕事や能力による給料の評価が進んでいく傾向にあります。 これが、「職能給(職能制)」から「職務給(職務制)」への変化です。 今回は、「働き方改革」によって変わる給与制度の考え方について、企業の労働問題(人事労務)を得意とする弁護士が解説しま ...

人事労務

2017/7/9

労基署の手続の流れ!監督から是正までの全手順まとめ

大手広告代理店「電通」の女性社員が、過労自殺をしたことに端を発して、書類送検となったニュースが記憶に新しいように、「働き方改革」とともに、労基署の存在感は日に日に増しています。 会社の経営者としても、労基署を無視して労働問題を考えることは、もはやできない状態といってよいでしょう。 会社側(使用者側)が、労働基準監督署(労基署)の手続の流れを理解し、どのように監督、調査し、どのように是正していくのかを理解することで、先手を打って対処し、労基署の調査に適切な対応をすべきです。 今回は、労基署の手続の流れ(監督 ...

人事労務

2017/7/8

障害者の法定雇用率が引き上げ!【平成30年4月~】就職状況は?

厚生労働省の発表によれば、障害者の職業紹介の状況は、前年に比べて上昇し、「就職率」、「就職件数」も、ともに上り調子です。 来年の平成30年(2018年)4月から、障害者の「法定雇用率」がさらに引き上げられますから、今後も、障害者の雇用は拡大することが予想されます。特に、人手不足の業界では、障害者雇用の活用を検討すべきです。 従業員を50人以上雇用している会社の経営者は、来年に迫る「法定雇用率」の引上げに、どのように対応するかを、事前に検討しておく必要があります。 今回は、障害者の法定雇用率の引上げ(平成3 ...

人事労務

2019/6/11

「夏うつ」を防ぎ、夏場を乗り切るための職場作りとは?

「うつ(うつ病)」などの、メンタルヘルス、精神疾患が、最近、社会的にも大きく取り上げられています。会社側(使用者側)としても、労働者の健康、安全に気を遣わなければなりません。 会社の業務が原因となって、うつ病、精神疾患などのメンタルヘルスにり患し、過労死、過労自殺などの重大な結果をもたらした場合、多額の慰謝料を支払うこととなるおそれが高い上、企業イメージも低下します。 「夏うつ」という言葉があるように、「夏」という季節は、気温が上がり、従業員(社員)に対して与えるストレス、不快感も上がる傾向にありますから ...

人事労務

2020/1/10

「かとく」(過重労働撲滅特別対策班)に注意!送検を避けるには?

「かとく」という言葉が、電通やドン・キホーテなど、有名企業の送検で、ニュースで話題となっています。 「かとく」は、過重労働をなくすため、ブラック企業に対する捜査を徹底するために、悪質な長時間労働を取り締まるためにできた特別な機関です。 「かとく」の捜査を受けた結果、長時間労働の実態が明らかとなってしまえば、会社や社長、役員が送検され、刑事罰を受けるリスクがあることはもちろんのこと、「ブラック企業」として御社の評判を低下させます。 今回は、「かとく」(過重労働撲滅特別対策班)の実態と、送検を避けるための注意 ...

人事労務

2017/7/3

LGBTへのセクハラに早く対応すべき!セクハラ指針改正(平成27年1月~)

企業が取り組むべきセクハラ(セクシュアル・ハラスメント)への対策を定めた指針の、新たな改正案が、平成29年1月より施行されました。いわゆる「セクハラ指針」です。 「セクハラ」というと、「男性が女性に対して」という固定観念を抱きがちですが、そうではありません。 被害者の性別を問わず、また、「LGBT」など性自認が異なる場合であってもセクハラ対策が必要であることを明らかにすることが、今回施行された改正「セクハラ指針」のポイントです。 これまでのセクハラ対策では防ぎ切れなかった「LGBT」に対する差別問題が起こ ...

人事労務

2020/4/10

採用面接で聞いてはいけない不適切・違法な質問【弁護士解説】

採用面接のときには会社に「採用の自由」があるため、原則として、どの求職者を採用するか(もしくは採用しないか)は会社側(企業側)が自由に決めることができます。 「採用の自由」の前提として、会社が採否の判断をするにあたって重要と考えることについては、自由に聞くことができる「調査の自由」もあります。 しかし、採用面接で会社側(企業側)の面接官が、「ぜひ聞きたい」「気になる」と思う事項の中には、聞いてはいけない不適切・違法な質問もあります。このような不適切・違法な質問をしてしまったとき、労働者側から争われてトラブ ...

人事労務

2017/6/25

「生活残業」の対策│無駄なダラダラ残業を減らすため会社がすべき解決法

「残業代」をもらうことは、労働者に認められた権利であり、残業を命令したにもかかわらず残業代を支払わなければ、労働審判や訴訟で残業代請求をされても仕方ありません。 しかし一方で、問題ある社員(従業員)の中には、無駄な残業を行い、残業代を稼ごうとする者もいて、会社の経営を圧迫します。 無駄な残業の典型例が、今回解説します「生活残業(生活のための残業)」です。 今回は、「生活残業」のように無駄なダラダラ残業を減らすための会社の対策を、企業の労働問題(人事労務)を得意とする弁護士が解説します。  「人事労務」のイ ...

人事労務

2019/6/11

休職中のうつ病社員が、復職を希望したときの会社側の対応方法

社員の精神的な健康状態が悪化し、うつ病などのメンタルヘルスにり患した場合、会社側(使用者側)としては、「休職」を命令することによって対応します。 休職期間が満了しても「復職」できない従業員は、「当然退職」もしくは「解雇」と定める会社が一般的なため、労働者側としても、「復職」可能であると主張することになります。 しかし、安易に「復職」を認めたことで、またうつ病、メンタルヘルスが再発して休職を繰り返したり、十分な業務提供を受けられないケースも少なくありません。 今回は、うつ病で休職中の社員が、復職を希望してき ...

人事労務

2020/4/10

経歴詐称で解雇できる?入社後に発覚したときの対応【会社側】

「経歴詐称」が、社員が入社してから発覚したという場合には、会社としても「解雇したい」と思うことが多いことでしょう。 従業員(社員)の「詐称」した「経歴」を信用し、「その経歴であれば仕事ができるだろう」と考えて高い給与(賃金)を約束してしまった場合には、すぐに解雇しなければ経営に大きな影響を与えることとなります。 しかし、「解雇」は、労働者に与える不利益が非常に大きいことから、「解雇無効」を労働審判や訴訟で争われ、激しい労働トラブルとなることも少なくありません。「不当解雇」となると、「ブラック企業」という悪 ...

人事労務

2017/6/24

助成金が新設、改正!受給方法・受給額は?【平成29年度版】

平成29年度(2017年度)は、助成金の分野で、特に大きな改革がされ、新たな助成金の新設や、これまであった助成金の要件が改正されました。 これにより、助成金を受給するにあたって、注意しておかなければならないポイントが変化するとともに、会社の労働環境を良くしたいと考える会社にとっては、助成金利用によりますます多くの受給をすることが可能です。 そこで、平成29年度(2017年)に改革が行われた助成金の受給方法とポイントについて、企業法務を得意とする弁護士が解説します。  「人事労務」のイチオシ解説はコチラ!  ...

人事労務

2020/4/10

経歴詐称を見抜くために、採用面接のとき会社が注意すべきポイント

「経歴詐称」とは、採用応募者が、事実とはことなる経歴を会社に伝えたり、嘘をついて採用面接を受けたりすることをいいます。 「経歴詐称」があると、会社側としては希望どおりの人材を採用できなくなってしまいます。そのため、採用選考が進んでしまう前、遅くとも「採用面接」までには「経歴詐称」を見抜いて、入社を防がなければなりません できれば、書類審査の段階で、「履歴書」「職務経歴書」などを見ただけで見抜き、対応コストを削減したいものです。 とはいえ、「経歴詐称」をする労働者側に悪意がある場合、嘘を見破ることは容易では ...

人事労務

2017/6/19

就業規則を作成する時の「過半数代表」のポイント!選出・意見聴取など

「就業規則」は、会社内で、複数の社員(従業員)に対して適用されるルールを定めるためのものです。 雇用契約書で個別に定めるよりも、より分かりやすく、また、場合によっては会社が一方的に変更できるメリットがあります。10人以上の社員がいる事業場では作成義務がありますが、それ以下であっても作成しておく方がよいでしょう。 「就業規則」を作成したり、変更したりするときには、会社は従業員の「過半数代表」を選出し、意見を聴取する必要があります。 今回は、就業規則を作成するときの、「過半数代表」の選出、意見聴取について、企 ...

人事労務

2020/3/27

「労働審判」と「あっせん」はどう違う?あっせんへの対応方法

労働者と会社との間の労働トラブルを解決する方法には、労働審判をはじめとして、いくつかの方法があります。そして、その中でも「労働審判」と似た制度に「あっせん」があります。 労働審判もあっせんも、話し合いによって労働問題を解決する方法であるという点で共通していますが、異なるポイントもあります。 しかし、あっせんもまた労働審判と同様、会社側(使用者側)の有利に、かつ、スピーディに解決するためには、対応方法に注意して進める必要があります。 今回は、「労働審判」と「あっせん」の違い、「あっせん」の対応方法について、 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判は「非公開」!労働審判の申立てを受けた会社は公開される?

労働者から突然、労働審判の申立てを受けてしまった会社が心配することは、「企業イメージが低下するのでは?」という点です。 特に「ブラック企業」が社会問題化する昨今、労働問題の放置、悪化が、会社のイメージに影響することは明らかです。労働トラブルが「公開」され、明るみに出ることは、さぞ不安なことでしょう。 労働審判は、訴訟とは異なり「非公開」の手続きです。労働審判を申し立てられただけでは、社外の第三者に労働トラブルを知られることはありません。 今回は、労働審判の申し立てを受けた会社が、「非公開」で労働問題を解決 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判にかかる期間「約70日」!相談から解決までの期間を短縮する方法

「不当解雇」や「残業代請求」などの労働トラブルで、労働審判の申し立てを受けてしまった会社が、特に気にするのが、「解決までにかかる期間」についてでしょう。 特に、労働審判の場合、会社の担当者や、場合によっては社長(代表者)が出席(参加)して対応を余儀なくされるため、会社の事業がストップしたり、人件費が余計にかかったりします。 会社側(使用者側)としては、できるだけ短い期間で解決したいでしょうが、焦りは禁物です。労働者側としても、労働審判を利用している以上、「話し合い(交渉)」の余地があるからです。 今回は、 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判に強い弁護士の選び方と、良い弁護士の判断基準(会社側・使用者側)

労働審判を申し立てられてしまった会社が、できるだけ有利な解決を得るためには、労働問題を得意とする弁護士に依頼することが重要です。 「弁護士」といっても、その得意分野は様々で、労働問題をあまり取り扱っていない弁護士も多くいます。また、同じ労働問題でも「会社側(使用者側)」と「労働者側」とでは、注意すべきポイントが異なります。 労働審判の申立てを受けてしまうと、会社としては、答弁書提出の期限まであまり時間がないことが多く、焦りがちです。 今回は、労働審判に強い弁護士の選び方と、良い弁護士の判断基準について、企 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判完全ガイド│労働審判対応に強い弁護士を探す方へ【会社側・使用者側】

労働者側から労働審判の申立てをされてしまったとき、会社側(使用者側)としては、不利な立場からのスタートとなります。 労働審判で特に重要となる法律である「労働基準法」が、会社側(使用者側)に不利な、つまり、「労働者保護」の考え方をもとに作られているからです。 私達は、「会社側(使用者側)」の立場での労働審判対応を得意とする弁護士として、労働審判において会社がどのような対応を心がけるべきか、法律相談で指導、アドバイス差し上げております。 その一部を、「労働審判完全ガイド」として、解説にまとめました。労働審判へ ...

人事労務

2020/3/27

労働審判に参加(出席)するとき、期日での対応・発言で注意するポイントは?

労働審判の手続きでは、第1回期日の当日に、当事者が証言した事実が、非常に重要視されます。 労働審判が、労働者保護のためのスピーディな解決を目的とする制度であることから、有利だと思われる証拠を大量に提出することは審理の妨げとなってしまうからです。 しかし、会社側の担当者や代表者(社長)が、労働審判に参加(出席)するときに、不利な発言、証言をしてしまうと、取返しがつかないおそれもあります。 今回は、労働審判に参加(出席)するとき、期日での対応、発言で注意すべきポイントを、企業の労働問題(人事労務)を得意とする ...

人事労務

2020/3/27

労働審判の解決方法は「調停」「労働審判」の2つ!どちらで解決すべき?

労働審判の手続きを、会社側(使用者側)に有利に進めていくと、最後に待っているのは「調停」もしくは「労働審判」という、労働審判の解決です。 最終的に、会社側(使用者側)に有利な解決とするためには、会社としては「調停」と「労働審判」いずれの解決が適切といえるのでしょうか。メリット、デメリットを検討してください。 また、「調停」と「労働審判」以外の特殊な解決についても、スケジュールと流れを理解してください。 今回は、労働審判の解決方法のうち、「調停」と「労働審判」の選択について、企業の労働問題を得意とする弁護士 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判における会社側の出席者と、準備の進め方のポイント

労働審判を申し立てられてしまった会社の方からよく質問があるのが、「労働審判の期日には誰が参加するべきか。」という点です。 会社側(使用者側)で対応する際には、準備期間があまりなく、参加する必要がある関係者の予定は、裁判所から呼出を受けたらすぐにスケジュールをおさえていただく必要があります。 労働審判は、こちらの解説で説明しているとおり、第1回期日がとても重要です。そのため、第1回期日に参加できないことが、会社にとって大きなデメリットともなりかねません。 今回は、労働審判における会社側の出席者と、労働審判の ...

人事労務

2020/3/27

労働審判の第1回期日の重要性(事前準備・出頭・期日決定の方法)

労働審判を労働者から申し立てられてしまった場合には、裁判所から突然「呼出状」とともに労働審判申立書の写しが届きます。 労働審判や裁判を経験したことのない会社経営者はもちろん、経験したことがあっても、突然裁判所から呼出状が届くと、驚いて対応に苦慮することが通常でしょう。 労働審判の期日には、社長(代表者)が出頭することが原則ですが、弁護士を代理人として依頼し、代わりに出頭してもらうことも可能です。 今回は、労働審判の期日の決まり方と、いつ、誰が出頭すればよいのかについて、企業の労働問題を得意とする弁護士が解 ...

人事労務

2019/5/20

「同一労働同一賃金」についての報告書の内容は?【2017年6月】

厚生労働省の労働政策審議会が、平成29年(2017年)6月9日、「同一労働同一賃金」についての、法整備について検討結果を「報告書」にまとめました。 この「報告書」を受けて、政府が関連法案をまとめ、2017年秋に開催される臨時国会に提出する予定です。 今回は、この「同一労働同一賃金」について、労働政策審議会の発表した「報告書」の概要について、企業の労働問題(人事労務)を得意とする弁護士がご紹介します。 1. 考慮要素の明確化 これまでも、待遇に格差があるとき、その格差が「不合理」であると認められるかどうは、 ...

人事労務

2020/3/27

労働審判の解決金の相場と、減額する6つの方法【会社側】

労働審判は、訴訟よりもスピーディかつ柔軟な解決を実現することで、労働者を保護するための制度です。 そのため、原則として「話し合い」で解決する制度であり、その際には、会社側(使用者側)から労働者側へ、一定額の解決金(和解金)が支払われることが通常です。 会社側(使用者側)としては、支払うこととなる解決金(和解金)を少しでも低額にしようと考えるでしょうが、そのためには労働法、裁判例の知識と共に、交渉(話し合い)のコツを知る必要があります。 今回は、労働審判の解決金の相場と、交渉を進めるコツについて、企業の労働 ...

人事労務

2020/3/27

調停(和解)を有利に進めるため、労働審判前に会社が考える方針のポイント

労働審判は、労働者保護のためにスピード解決を目指す、「話し合い」の手続きです。 労働審判では、裁判のように「判決」を目指すのではなく、あくまでも「話し合い」の結果、「調停」という合意で解決することが一般的です。 そこで、調停(和解)の話し合いを会社側(使用者側)の有利に進めるためには、労働審判前に、あらかじめ方針をきちんと準備しておかなければなりません。 調停(和解)を有利に進めるための、労働審判前に会社が考える方針のポイントを、企業の労働問題を得意とする弁護士が解説します。 「労働審判」の法律知識まとめ ...

人事労務

2020/3/27

労働審判で必要な証拠をそろえ、会社側を有利にするための証拠収集

労働者から労働審判を申し立てられてしまった会社が、労働審判を少しでも会社側(使用者側)に有利な展開にするためには、「証拠」を適切に収集し、提出することが重要です。 労働審判手続の流れについてのコチラの解説でも説明したとおり、労働審判では「第1回期日」が重要なため、第1回期日およびそれ以前の答弁書の段階で、必要な証拠はすべて集めておかなければなりません。 証拠が不十分であると、裁判所の判断では証拠が重要視されることから、事実自体がなかったこととして判断されかねません。 今回は、労働審判で必要な証拠をそろえ、 ...

人事労務

2020/3/27

訴訟で付加金を請求されたら?残業代請求への会社側の対応

訴訟で残業代請求をされ、対応を迫られている会社にとって、訴状に記載された「付加金」という大きな金額が、さぞ不安になることでしょう。 以前、こちらの解説で、「労働審判では付加金支払の命令はされない。」と解説しました。これに対し、訴訟では、悪質な残業代未払いに対しては、付加金支払を命じられるおそれがあります。 そのため、訴訟で残業代請求をされた会社経営者は、労働者側の付加金支払の請求に対して、適切に反論しなければなりません。 今回は、訴訟で付加金を請求されたときの、残業代請求に対する会社側(使用者側)の対応を ...

お問い合わせ


お問い合わせ

© 2022 企業法務・顧問弁護士の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【企業法務弁護士BIZ】