経営者の顧問弁護士が企業法務を徹底サポート!!

顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「 投稿者アーカイブ:浅野総合法律事務所 」 一覧

人事労務

仕事で終電を逃した社員に、タクシー代、宿泊費を払う必要がある?

仕事が忙しい時期、どうしても終電で帰ることができない社員(従業員)が出てきます。特に、成果物の締切があったり、月末、年末などの繁忙期には注意が必要です。 社員の中には、会社の近くに住んで、いつでも徹夜 ...

会社破産

経営者の任意整理手続きの流れと、会社破産を弁護士が解説!

会社の経営状況が悪化し、経営が破綻して、会社が「破産」した時、経営者が会社の「連帯保証人」である場合、高額な負担を負う恐れがあります。 債務を弁済することが出来ない場合、経営者自身も何かしらの債務整理 ...

人事労務

休憩時間中の喫煙を禁止することができる?違法ではない?

分煙化や禁煙など、タバコに対する制限は、最近特に厳しくなっています。会社もまた、受動喫煙対策など、社員(従業員)のタバコ問題について、対応する必要があります。 そこで、いっそ思い切って、休憩時間中も含 ...

IT法務

やらせ口コミは違法?3つの危険性と、景表法違反のリスク

ネットで何でも検索できる現代、多くの消費者が、より良い店舗や製品を求めて「口コミサイト」を利用します。 実際に商品やサービスを利用したことがない消費者にとって、「口コミ」こそが、いちばんの頼りです。 ...

人事労務

ストレスチェックの実施率は82.9%!【2017年6月末時点】

2015年12月から、労働安全衛生法の改正によって会社に義務付けられている「ストレスチェック」の制度について、この度、実施率が発表されました。 ストレスチェック制度は、産業医の設置要件と同様、従業員数 ...

会社破産

債務整理の種類とメリット・デメリット│会社が破産!経営者の救済は?

会社の経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなった時、債務から免れるために「会社を破産させる」という手段を選ぶことがあります。 一生懸命経営してきた会社を破産させることは、辛く悲しいことですが、会社の「連 ...

人事労務

ネット就活に参入する会社が注意すべき4つのポイント

リクナビやマイナビなど、就活情報ポータルサイトが多数開設され、学生の就職活動の場はネットに移行しつつあります。 履歴書やエントリーシ―トの提出までもポータルサイトでまとめて行う学生が増えました。。一方 ...

会社破産

経営者の個人破産の方法と、会社破産との関係を、弁護士が解説!

会社の経営が立ちいかなくなり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させるために、「会社を破産させる」という手段を選ばざるをえないことがあります。 会社とは、「法人」といって、法律によって経営者個人と ...

企業法務

「下請けいじめ」で指導、勧告を受けないための下請法の7ポイント

2017年7月18日に、シートベルトやエアバックなどの自動車安全システムの大手メーカー「タカタ」が、「下請けいじめ」で公正取引委員会(公取委)に勧告を受けたと発表したことが話題になっています。 「下請 ...

人事労務

社員10人未満でも、就業規則を作成すべき理由と4つのメリット

「就業規則」という言葉をよく聞くことがあるでしょう。「就業規則」とは、会社におけるルールブックのようなもので、会社内の複数の社員に適用されるルールをまとめた規則のことをいいます。 労働基準法という、労 ...

人事労務

出勤停止の懲戒処分のポイント(何日が適切?無給?減給上限は?)

社員(従業員)が、会社の企業秩序を乱すような問題行為を行ったときに、会社側(使用者側)が与えることのできる制裁(ペナルティ)が「懲戒処分」です。 労働者に対して大きな不利益を与える「懲戒処分」ですが、 ...

人事労務

社員が携帯やUSBを紛失したとき、会社の対応の5つのポイント

会社内の情報セキュリティへの関心が高まる中で、社員に会社業務専用のスマートフォン、タブレット、ノートパソコン等を貸与する会社は多いと思います。 また、部下に顧客情報をUSBで管理させているという会社経 ...

人事労務

「時差ビズ」の取り組みとは?朝が変われば、働き方改革!

「時差ビズ」という言葉が、最近ニュースをにぎわせています。駅のホームなどで、「時差ビズ」の広告を目にしている方も、多いのではないでしょうか。 「時差ビズ」とは、政府が主導して推進している「働き方改革」 ...

IT法務

ID・パスワードが社外流出するリスクと、情報管理の6つのポイント

IT(情報技術)が日々進歩する中で、会社を経営するにあたってパソコンの重要性はさらに増しています。 中でも、パソコンを利用するために必要なIDやパスワードの管理は、慎重に行わなければなりません。多くの ...

人事労務

「高度プロフェッショナル制度」成立なる?労基法改正の動き【平成29年7月】

平成29年7月11日、労働基準法改正に、新しい動きがありました。具体的には、かねてより議論の進んでいた、「高度プロフェッショナル制度」について、連合からの要請を受け、修正の動きがありました。 平成29 ...

人事労務

職場の受動喫煙対策と、喫煙トラブルを予防するための対策

「受動喫煙」が、社会的に問題視されています。自分が喫煙者でないにもかかわらず、喫煙者の煙を吸う(受動喫煙)ことによって、喫煙者よりもさらに肺がんとなるリスクが高まる、という問題です。 職場は、1日の大 ...

人事労務

周知していない就業規則は有効?就業規則の周知方法とポイント

就業規則を作成はしたものの、社員(従業員)に対する周知はしていない、という会社の方も少なくないのではないでしょうか。 就業規則は、雇用契約の内容とするために作成するものであって、就業規則を作成すること ...

人事労務

賃金、有給休暇などの請求権の時効が、「2年」から「5年」に!

現在の労働基準法では、未払賃金や労災、有給休暇などの、労働分野における労働者から会社に対する請求権の期間は、「最大2年」とされています。 この「2年」という時効期間が、現在改正に向けて進んでいる民法の ...

会社破産

会社(法人)が破産したときの経営者の責任を、弁護士が徹底解説!

経営が行き詰まり、資金繰りが苦しくなったとき、債務を消滅させる手段として「会社を破産させる。」という方法があります。 社長や代表者といった会社経営者にとっては、一生懸命経営してきた会社を破産させること ...

人事労務

遅刻した社員に対して、減給のペナルティは可能?懲戒処分は?

会社にとって、電車の遅延による遅刻者の扱いは、いつの時代も悩みのタネです。「電車遅延」の原因は、混雑によるものから痴漢、人身事故、降雨や強風に至るまで、様々なものがあります。 会社側(使用者側)として ...

Copyright© 顧問弁護士の企業法務サポートなら「ビズベン!」 , 2018 AllRights Reserved.